【間寛平ギャグ一覧】間寛平さんのギャグまとめ

シェアする

お笑い芸人の間寛平さんが30日、8年ぶりのフルマラソンに挑み、4時間25分9秒で完走しました。

マラソンの間も沿道の声にギャグで応えながらの完走だったようです。

間寛平さんらしいですね(笑

鉄人タレント間寛平(67)は、8年ぶりにフルマラソンに挑み、沿道の声にギャグでこたえながらも、4時間25分9秒(ネットタイム)で完走した。「昔と違って、おじい… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「ファンの人がギャグやって、言うから、ずっとダチョウ(カマキリのような腰をかがめて、手を出すしぐさ)やってたら、しんどい、しんどい…」と苦笑。ときには立ち止まって、ギャグも披露するなど、サービス精神旺盛な寛平らしいランとなった。

間寛平さんで思い出すギャグといえば、私は「かい〜の〜」くらいしか思い出せないのですが、記事にもあるように他にもいろいろとギャグがあるようですね。

間寛平さんの他の持ちネタ(ギャグ)について調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

かい〜の〜

4:58ほどに「かい〜の〜」があります。

私も久しぶりに見ましたが、やっぱり面白いですね(笑

血ぃ吸うたろか

2:24に間寛平さんが登場しています。

そういえば、「血ぃ吸うたろか」も寛平さんのネタでしたね(笑

あ〜めま!

これも忘れていました。「あめま」も寛平さんの定番ですね!

まいど〜!

「まいど〜!」は吉本新喜劇に出演する際のネタのようですね。

テレビ出演の時にも見たこともある気もします。

いくつになっても甘えん坊

ありましたね〜、「いくつになっても甘えん坊」(笑。

他のギャグ一覧

間寛平さんのギャグは他にもたくさんあるようですが、動画で探せたのは、上の5つだけでした。。

他のギャグ一覧については、他サイトから引用させていただきました。

  • 「がんばっとるか〜?」(舞台に現れるときに使用、またVHSの『吉本新喜劇ギャグ100連発2〜野望編〜』のパッケージにもなっている)
  • 「おっさ〜ん、おっさんアホか、アホかおっさん、おっさん、アホかぁ。」
  • 「こら、犬どけ! コン キャンキャンキャン…」 舞台からハケるときに使用される
  • 「誰が付けたかインベーダー ビッビビッビ」
  • 「パパパパッ、パ〜ンプキ〜ン」(アースマラソンで北米大陸を横断中に開発したと言う)
  • 「かい〜の」(大道具の角・自分の持っている杖などに尻の割れ目をこすりつけて上下運動)
  • 「アヘアヘアヘアヘ…」「アヘアヘウヒハアヘウヒハ…」(アへ語)マネージャーの妻から5000円で購入
  • 「なめなめくじくじなめくじくじ」(なめくじ運動で地面を這う)→「塩かけないでね、粗塩はいやよ」と付け加える。
  • 「ア〜〜〜〜メマ!!」(困ったとき・追いつめられたときにとっさに放つ一言)※『明日があるさ』で稲森いずみが8回連続NGを出したときにこのギャグを放ってハマりのループから救った。
  • 「血ぃ吸うたろか!」
  • 息子(間慎太郎)が中学生の頃寝ている時、なぜか自分の首ばかりをめがけて刺してくる蚊に憤慨して言い放った一言を、横で寝ていた寛平に伝えたところ、翌日にはそこそこいい感じのフリまで付けてテレビで使っていた(2013/11/10放送分 関西テレビ『お笑いワイドショー マルコポロリ!』より)
  • 「止まると死ぬんじゃ」(おじいちゃん役の時)
  • 「だ〜れ〜が〜じゃ」「ど〜〜してじゃ」「な〜ぜじゃ」(おじいちゃん役のとき)
  • 「お礼のプ〜」(「俺のプ〜」のバージョンあり)
  • (掴み合いになって、すぐにフラフラと倒れる)(共演者)「おっさん、骨ないんか!?」(寛平)「カルシウム足らんねん」その後、相手の股間を「ピッ、ピッ」とつつく。
  • 「いくつになっても、甘えん坊〜」
  • 「脳みそパ〜ン!」(アメリカでは「ブレインパ〜ン!」として使用した)
  • 「じゅとじゅでにじゅ、あとじゅでさんじゅ」(10と10で20、あと10で30)
  • 「月は雲間に隠れたし、雨戸も閉めたしガキも寝た」→「おまいさん今夜もかい?」→「あったぼうよ!」(以上、一人芝居)※本人曰く、中学生の頃に考えたネタ。
  • 「かかかか堪忍な〜」
  • 「チャッチャマンボ チャチャマンボ ヘイ パキューン・パキューン・パキュンパキュンパキュン」(パキューンに合わせて腰を前後運動)(『ファンキーモンキー寛平先生がゆく!』での定番ギャグ)
  • 「しっかりできたらぼさっとするかいな!」(後輩芸人などから「しっかりして下さいよ〜」と言われた時)
  • アメママン(アメマバッジのモデル)通常バージョンとロックバージョンがある。
  • 先っちょマン
  • ホレホレレンジャー「ホーレホレ掘れ」「おったまげったんよー」
  • 「まいど〜!」(鼻声で)
  • 「フェー」(鼻声)
  • 「ふひは!」(鼻声)
  • 「ちょっとしたミスさ」
  • (突然怒り出した後に)「きつく言ってごめんね」
  • 「○○って言った」「○○って言った、言った」→「結構言うのね」
  • 「じいさん、ばあさん、山のぼろ〜」
  • 「うんばらばー」
  • (両乳首を両手で引っ張って)「乳離れしたくなーい」
  • (両手を肘から前に出し、機関車のように前後して)「ぐぐかか、ぐぐかか、ぽっぽ〜」
  • (手のひらを下にし、顎に当てがって開いたり閉じたりしながら)「ワオ、ワオ!」

出典:www.weblio.jp

まとめ

今回久しぶりに間寛平さんのギャグを見た気がしますが、意味不明なのになぜか面白いですよね(笑

それも、寛平さんのいくつになっても(甘えん坊ではなく)挑戦し続ける姿勢や人柄が素敵だからかもしれませんね。

御年67歳ということですが、冒頭の記事にもあるように「文句ばかり言うおじいさん」ではなく新しいことに挑戦し、若い人たちを元気づけるおじいさんになって欲しいと思いますね。

そして、今後もさらに新たなギャグを生み出し続けていって欲しいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする