Kindle漫画モデルと通常のKindle Paperwhiteの違いを発売前にまとめてみた

シェアする

Kindle Paperwhiteのマンガモデルが10月21日より日本限定で発売されます。

Kindle Paperwhiteマンガモデルの大きな特徴としてはその容量の大きさにあるようですが、他にもいくつかこれまでのKindle Paperwhiteとは違った特徴があるようです。

発売前ですが、その違いについて簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

ストレージが従来の8倍と大容量

これまでのKindle Paperwhiteの容量は4GBでしたが、マンガモデルは32GBと、実に8倍の差があります。

使用可能領域で比較した場合、従来のKindle Paperwhiteは3.1GBですが、マンガモデルは27.5GBですので、実質9倍の差があると考えて良いのではないでしょうか。

冊数にして、マンガの場合約700冊、書籍であれば数千冊が保存できるようです。

「こち亀」や「NARUTO」などの巻数の多いマンガでも全巻保存できるメリットがあるとうたわれています。

ページめくりが33%速い

マンガモデルに特化した機能が「快速ページターン」です。

マンガのページ送りが従来のKindle Paperwhiteに比べて33%も向上しているとのことです。

長押しで読み飛ばしが可能

快速ページターンと同じくマンガモデルの機能の1つが「連続ページターン」です。

マンガモデルでは、画面を長押しするだけで1秒間に7ページのスピードでお気に入りのページまで戻ることができます。

また、快速ページターンや連続ページターンなどの新しいソフトウェア機能は、10月下旬より配信されるソフトウェアの無料アップデートにより、Kindle、Kindle Paperwhite(第6世代以降)、Kindle Voyage、Kindle Oasisでも利用できるようになるようです。

ピンチ&ズーム

ピンチ&ズーム機能で細かい描写にもフォーカスできるようです。

マンガモデルはWi-Fiモデルのみ

マンガモデルには3Gモデルがなく、Wi-Fiモデルのみとなるようです。

価格差はわずか2,000円

従来のKindle Paperwhiteの価格が14,280円に対して、マンガモデルは16,280円と2,000円高いだけのようです。

上記の価格は非プレミアム会員価格ですので、プレミアム会員の場合は今ならマンガモデルが12,280円で購入できることになります。

容量が8倍ということですので、コミックをメインで読む場合はマンガモデルを購入するほうがお得に感じますね。

マンガモデルはAmazonから予約ができます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする