EWWW Image Optimizerの日本語化と使い方。WordPressの画像ファイルを圧縮してサイトの高速化を実現する

シェアする

EWWW Image Optimizerは、Wordpressにアップロードしている画像を圧縮し軽くすることでWordpressサイトの表示を高速化させることができます。

EWWW Image Optimizerには以下のような特徴があります。

  • 画像をアップすると自動でファイルサイズを圧縮してくれる
  • 過去にアップした画像を検出し、ファイルサイズの圧縮が一括でできる
  • 画像圧縮の処理が早い

EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方について見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

EWWW Image Optimizerのインストール

EWWW Image Optimizerをインストールし、有効化しましょう。

1

プラグインのインストール方法の詳細については、WordPressでプラグインをインストールする2つの方法をご参考ください。

EWWW Image Optimizerの日本語化

次に、EWWW Image Optimizerを日本語化しましょう。

日本語 翻訳ファイルをこちらからダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、moファイルpoファイルの2つのファイルがフォルダに入っています。

この2つのファイルを/wp-content/plugins/ewww-image-optimizer/languagesへアップロードします。

管理画面の設定メニューからEWWW Image Optimizerを開きましょう。

設定画面が日本語化されていることを確認します。(ところどころ英語のままの箇所もありますが、無償ですので我慢しましょう^^;)

EWWW Image Optimizerの基本設定

EWWW Image Optimizerの設定画面には、基本設定詳細設定コンバージョン(変換)の設定の3つのタブがあります。

それぞれ見ていきましょう。

基本設定

基本設定のタブを選択し、メタデータを削除するにチェックを入れます。

画像に含まれるコメント・色情報などの不要なメタデータを削除することで、より画像の圧縮率が高まります。

詳細設定

詳細設定のタブを選択し、無効 pngoutにチェックを入れます。

コンバージョン(変換)の設定

コンバージョン(変換)の設定のタブを選択し、コンバージョンのリンクを非表示にするにチェックを入れます。

このチェックを入れることで、圧縮による画像の劣化を抑えることができます。

EWWW Image Optimizerの使い方

設定が完了しましたので、実際に圧縮を実行してみます。

EWWW Image Optimizerの使い方には以下の3つがあります。

  • メディアライブラリ内にある画像の一括圧縮
  • 新規アップロード画像の自動圧縮
  • WordPressテーマ内の画像を一括圧縮

それぞれ見ていきましょう。

メディアライブラリ内にある画像の一括圧縮

EWWW Image Optimizerは、メディアライブラリ内にある既にアップロード済みの画像を一括して圧縮することができます。

メディアメニューから、まとめて最適化を選択します。

メディアライブラリの画像を最適化という項目の最適化スタートボタンをクリックして、圧縮を開始します。

終了と表示されれば、圧縮完了です。

新規アップロード画像の自動圧縮

EWWW Image Optimizerは、プラグインを有効化していれば画像をアップロードする度に自動で画像を圧縮をしてくれます。

メディアライブラリで画像をリスト形式で表示させ、画像最適化という項目で圧縮されていることを確認できます。

WordPressテーマ内の画像を一括圧縮

WordPressテーマ内の圧縮されていない画像を一括で圧縮します。

メディアメニューから、まとめて最適化を選択します。

他の全てを最適化という項目の分析と最適化ボタンをクリックします。

自動で圧縮を開始します。

こちらも終了と表示されれば、圧縮完了です。

以上が、EWWW Image Optimizerの日本語化と使い方になります。

おつかれさまでした!

参考)
EWWW Image Optimizerで画質が劣化しない設定と使い方

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする