【タイ- バンコク】ノービザから30日間の滞在延長を申請してきました

シェアする

juusyo4

現在、私はタイのバンコクという都市に滞在しています。

日本人の場合ビザなしだとタイ国内に滞在できる日数は30日間です。

但し、プラス30日間の滞在延期が可能です。

私も入国してから今週で30日経ってしまいますので、滞在期間の延長申請に行ってきました。

本当は一度出国し、観光ビザで再入国をしようと思っていたのですが、日程調整を間違えてしまい、今回は出国無しで期間延長のみの申請です。

手続きに当たって、参考にさせていただいた記事です。

タイ観光ビザ/ノービザ30日延長手続きでイミグレに行き、書き方を参考に自分で必要書類を作成した

かなり詳細に丁寧に説明されていますので、こちらのブログを見れば迷うことなく手続きできるかと思います。

併せて私自身の経験も日記と備忘録も兼ねて、残しておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

MRTでチャットチャックパーク駅まで移動

現在私はラマ9世以北のMRT沿線に滞在しているため、MRTでチャットチャットパーク駅まで行きました。

車内はまだ午前中ということもあってか比較的空いていました。

20分ほどでチャットチャックパーク駅に到着します。

BTSモチット駅近くのバス停からイミグレへ移動

MRTチャットチャックパーク駅で降りて地上に出ると、上にBTSが走っておりBTSモチット駅があります。

Good_239_sum640_1307440118

(出典:BANGKOK navi)

ここからバスでイミグレ近くへ移動します。

タクシーでも恐らく100バーツもしない距離ではないかと思いますが、せっかくですのでローカルにバスで移動します。

バス停でバスを待っていると10分もしないうちに52番のバスが来ましたので、乗りました。

運賃は9バーツです。

IMG_0232

降車場所に迷わないか心配でしたが、親切なおばさんがおねえさんが「次だよ」という風に教えていただきましたので、すんなり降りることができました。

降りてから少し迷ったのですが、近くの建物の警備員の方に「イミグレーション?」と聞くと、「真っ直ぐ行って左に曲がれ」と教えていただきましたので、その方向に歩いて行きました。

方向としては、バスを降りてすぐ右手に道なりに歩いていけばイミグレを示す看板が見えてきます。

看板には、目的地のイミグレまで1.7kmとありましたので、歩こうか迷ったのですが、近くにバイタクもいることですので、バイタクで移動しました。料金は20バーツです。

5分ほど走ると到着です。入り口付近で降ります。

IMG_0230

IMG_0229

パスポートのコピーと写真を撮影

まずは地下1階にある、コピー&写真屋でパスポートのコピーを取得します。

IMG_0220

顔写真のページと、入国スタンプのあるページのコピー2枚です。

写真撮影はすぐ隣でできるようでしたが、私の場合2年ほど前にパスポート用に撮影していたゴリゴリに補正した写真が余っていましたので、それを使用することにしました。

規定サイズは4cm×6cmのサイズのようですが、4cm×5cmの写真でも問題ないようです。

申請用紙に必要事項を記入し発券

1階に戻り、入り口を入ってすぐ右手に見える「IMMIGRATION DIVISION 1」のカウンターで申請用紙をもらい必要事項を記入していきます。

IMG_0226

カウンターで用紙をもらう際には、自分がどういう申請をしたいのか伝える必要があります。

当たり前といえば当たり前なのですが、返答を何も考えていなかったので、返答に詰まってしまいました。「滞在延長したい」旨を伝えるだけで通じたのかもしれません。

とりあえずパスポートを見せることで申請用紙をもらうことができました。

次に、申請用紙に必要事項を記入していきます。見本がありますので特に迷うことはないかと思います。

ただ、記入台にボールペンがありませんので、ボールペンは持参して行ったほうが良いです。

記入後、再度カウンターで記入漏れのチェックと写真ののり付けをしてもらい、隣のホールに行き、前方のカウンターで発券を受けます。

IMG_0221

私の前には34人ほどが待っている状況でした。

IMG_0225

12時から13時まで昼休憩

発券を受けたのが11:38でしたので、20分ほど待っていたのですが、12時になると館内アナウンスで「セキュリティ上の理由から12時から13時は受付をしません」という旨のアナウンスが流れ、周りで私と同じく受付を待っていた人たちが、ぞろぞろと受付ホールから退出し始めましたので、私もそれに続きました。

イミグレという公共施設の建物ですが、建物内にはコンビニやフードコート、カフェ、レストラン、露店もあり、1時間くらいであれば時間を潰すのに困らないくらいに、いろいろと見て回れました。

IMG_0222

昼食はフードコートでとりました。

IMG_0223

フードコート内での購入は、専用のカードを購入する必要があるようです。カードの発行手数料が10バーツ必要でした。

13時近くになりましたので、再度「IMMIGRAION DIVISION 1」前に行って並びました

IMG_0224

並んでいても、ドアが開くと同時に左右から人が列に入ってきますので、あまり並ばなくても良いのかもしれません。

申請書類とパスポートの提出と手数料の支払い

13時から30分ほど待ち、ようやく自分の番号が呼ばれましたので、カウンターへ向かいます。

受付の方が、申請内容をシステムに入力しながら内容をチェックしていきます。

滞在先の建物名が抜けていたので、補足するよう指示を受けました。

その後空港のイミグレと同様に申請者の写真撮影をして、再度待合席で待つように指示を受けます。

延長許可を受ける

滞在延長が許可されない場合もあるからかもしれませんが、パスポートの返却は受付番号ではなく口頭で名前が呼ばれます。

書類を提出して、再度30分ほど待ち、ようやく名前が呼ばれました。

次回の滞在期限の説明を受け、パスポートと領収証、お釣りがある場合はお釣りが返却され、タスク完了です。

IMG_0231

最後に

次回の滞在期限は30日後ですので、30日後には、出国しなければならないと思うと、なかなかビザ取得のために費やす時間も、費用もそこそこ大きなものになるなという気がします。

しかし外国人ですので、仕方ないですね。

タイでのビザ延長申請は初めてでしたので、分からないこともありましたが、次回からはもう少し迷わず行ける気がします。

タイは比較的暮らしやすいので、それだけでも感謝ですね。

【PR】アジアオプショナルツアー最低価格で検索

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする