他人と服装がかぶるのが嫌!と感じてしまう心理とは?

シェアする

あなたは他の人と服装の趣味がかぶってしまった時に、嫌な気持ちになるでしょうか?

「うわ、嫌だ!」と感じる人もいれば、「うわ、私と似てる!」と感じる人などさまざまでしょう。

この記事では、「他人と服装がかぶってしまった時に嫌な気持ちになりますか?」というアンケートを100人にとった結果をもとに、「他人と服装がかぶると嫌!」と感じる心理について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

アンケート概要

対象

・全年代の男女

年齢の制限はおこなっていません。

服装がかぶった時の反応は男女で違いがあるのかといった点も知りたいと考えていましたので、男女を対象にしています。

アンケート項目

アンケートは以下の項目で実施しました。

  1. 嫌な気持ちになる
  2. 別に気にならない
  3. 職場や学校など知り合いの場合は気になる

3は少し恣意的な項目にも感じましたが、赤の他人と知り合いとの場合で感じ方が違う可能性があるかもしれない、ということで追加しました。

設問

設問は、以下の2問です。

  1. 他人と服装がかぶってしまった時に嫌な気持ちになりますか?
  2. 1の理由を簡単に教えてください

アンケート実施に関する専門的な知識がありませんので、もっと良い調査項目の設定ができたのかもしれませんが、一応想定していた調査結果は得ることができたかなと考えています。

では、調査結果を見ていきましょう。

調査結果

【1. 他人と服装がかぶってしまった時に嫌な気持ちになりますか?】

  • 「嫌な気持ちになる」と回答した人は100人中23人
  • 「別に気にならない」と回答した人は100人中32人
  • 「職場や学校など知り合いの場合は気になる」と回答した人は100人中45人

服装がかぶっている相手が「職場や学校などの知り合いの場合だと気になる」人が一番多いという結果になりました。

「嫌な気持ちになる」人は意外にも一番少ないということもわかりますね。もっとも、「他人だから」なのかもしれませんが。

男女別の調査結果についても見てみます。

  • 男性の回答数は22人、女性の回答数は78人
  • 男女ともに「職場や学校など知り合いの場合は気になる」人が一番多い
  • 女性は男性に比べて「別に気にならない」人の割合が多い

【男性】

【女性】

男女関わらず、半数近くの人は「知り合いとの服装のかぶりは嫌だ」と感じていることがわかります。

男性の調査数が少ないので、男女間の違いを断定することはできないかもしれませんが、男性に比べて女性のほうが「別に気にならない」という割合が多いのは面白いですね。

では、それぞれの理由も見ていきましょう。

理由

【嫌な気持ちになる】
  • 私が先に買ってたのを知っていて買われたから
  • 個性がないと思うから。
  • わざわざお金を出して買ったのに個性が消された気分になる
  • 「服の趣味が似ているのかな」「たまたま同じ店で買ったのかな」と感じ、深く考えないと思います
  • 少し気まずい気分になる為。
  • 気まずくなるなるからです。周りの目が気になる。
  • スタイルの良し悪しを比べられそうだから。
  • 友達だった場合一緒に歩くのが嫌になるから
  • 明らかに私よりスタイルが悪くて年上だったから
  • 真似したと思われそうだから。
  • なんとなく気まずい雰囲気になる。
  • 凄いおばさんと一緒の服着てたことがあったから
  • 同じ服装だとどちらかが似合っていてどちらかが似合っていないと思われそうだから
  • 服もアイデンティティの一部だから
  • 自分より容姿がかっこいい友人だったから。
  • 嫌な気持ちより、同じ服を着て申し訳なく思う
  • 同じ服を着た人と一緒にいるのが耐えられない
  • 相手の方が上手く着こなせてるように思うから。
  • すごく気恥ずかしい。他人と服装がかぶることは極力避けたい。
  • 同じものを着ているけれど別に知り合いではないし、目があってしまったりすると「同じものを着てる」とお互いに複雑な気持ちになりそうだから。気に入っているものでも同じ服を着ている人を見かけたら着る頻度は下がります。
  • 気まずい気持ちになるから
  • 相手もきっと気にしてるだろうな、と思ったら恥ずかしい
  • 自分のほうが似合っている

「恥ずかしい」「気まずい」といった理由が多いですね。

また、「相手のほうが似合っているから相手に申し訳ない」という理由がある一方で、「自分の個性が消された」「自分のほうが似合っている」という理由もあり、個人の自信の持ち方や主観性・客観性が理由にも現れているように感じます。

【別に気にならない】
  • 相手がきれいな女性なら同じ洋服でも嬉しいし、お店もたくさんあるからしょうがないと思います。
  • 服の好みは人それぞれだから、自分と好みが同じ人がいても当たり前なので。
  • 人は人、自分は自分だと思うから。
  • 嫌いな人とかぶるのは嫌だけど、自分が変な服装してないんだなと安心できる。
  • 服も大量生産されているから同じ服を着ている人もいると思うから。
  • 違う所(髪型や靴やバック等)で差を付ければいいので気になりません。
  • 仕方ないから
  • 着たい服を着ればいいと思うからです。
  • 示し合わせてもいないのに偶然服が被ったのが嬉しいから。双子コーデみたいで楽しいから。
  • その人も自分と同じ好みなど思うから
  • 自分より若くてかわいくてセンスのより方とかぶるとうれしくなる。自分もまだまだ流行について行けているのだと思えるから。
  • 自分よりセンスが悪く年上の方となら自分がセンス悪かったんだと落ち込む。いずれにしても服はあまり気にしない方だし。自分のセンスはひととはかなり違うから気になることは少ないというおうかあまりきにしたことはない。
  • 特に気にする必要がないと思いますし、似ていても仕方がないと思うからです。
  • ちょっと面白いハプニングだと思います。
  • 最初は服装が被って少し恥ずかしいかもしれないけど、どっちが先に似た様な服を買ったかなんて分からないし自分の好きなファッションを楽しめばいいと思います。
  • あまり服装自体に興味がないから。
  • かぶっても顔や髪型は違うから。
  • むしろ仲間意識みたいになる。可愛くていいよね!と。
  • 元々自分は服装に無頓着な性格だし、他人の服装までいちいち気にしていたらキリがないと思うから。
  • 他は他だから
  • 実際に同じ服を着てる人を見たことがあって、別にどうもしませんでした。私の方が似合うなって思っただけです。
  • 別に気にならない→ 既製品を買っているので同じ服を着ている人がいてもおかしくない。職場だと、わざとお揃いにしたんだよね~などと言って場を和ませる会話ができるので嫌じゃない。
  • 似合っていたら別に大丈夫です。
  • シンプルな服装を好むので、かぶることがあるのは仕方ないと思うから
  • どこにでも売っている服だから
  • むしろ双子コーデぽくて面白い。
  • 同じ服は、何枚も売りに出されているから、仕方がない。
  • 他の人が買うことがあるのは当たり前だから
  • 趣味が似ているなくらいにしか思わないから
  • ユニクロなど、ファストファッションが主流なので被ってもしょうがないと思うから。でもどんな年代の人と被ったかは少し気になります。
  • 同じ服が何百何千と流通するご時世に、そんなこといちいち気にしていたら着る服なくなります
  • 似ている服というのはよく売っているし、好みが合うと逆に嬉しいと思う。
  • 偶然同じなら仕方ないしシンプルな服なら周りも分からないと思うから

「仲間意識を感じる。同じで安心する」
「人それぞれ好みが似るのは仕方ない」
「自分は自分だからお互い好きな服を着ればよい」

といった大人な意見が多いですね。

それぞれの理由に、人間としての懐(ふところ)の大きさを感じます。

私も見習いたいと感じました(笑

【職場や学校など知り合いの場合は気になる】

さて、一番人数の多かった項目です。どんな理由があるのでしょうか。

  • 服の値段がお互い知ってしまうと恥ずかしくなる。着こなし方が負けてしまうと着れなくなるので無駄な買い物になる。
  • 知り合いと同じファッションセンスと思われるのは嫌だから
  • 何だかお揃いみたいで、よっぽど親しい人以外は気になってしまう
  • 同じ空間で服装が被るのは気になる。その人と会うときは、被った服はもう着ることができない。
  • ペアルック?と周りからからかわれるので。
  • 知り合いだとこの人も同じとこで買ったんだと気になってしまうから
  • 真似したと思われたら嫌だから
  • なんだか恥ずかしいので
  • 自分はおしゃれに気を使ってるつもりでも、そんなにこだわりがなさそうな知り合いと服装が同じだったら悲しくなるから。
  • 知っている人だとやはり気まずいです
  • 同じ服だと気まずい
  • 職場だと鉢合わせたり人に気付かれる可能性が高くて気まずいからです。
  • 職場であまり好きでない人とかぶったら、もう着たくなくなる。
  • 関わることも多いし、顔合わせた時にとても恥ずかしいから。
  • 仲がいい人ならいいですが、知り合い程度だとちょっと気まずいです。
  • 周りの人に笑われそうだから
  • 多分、相手の人も嫌だと思うので、上着を脱ぎます。お互いに値段が分かってしまい嫌ですね。
  • 周りに好みが同じだと思われるから。私は個性が大事だと思っているから。
  • 他人だと仕方ないと思えるが、知人だとお互いに恥ずかしくなるから
  • 仲がよい相手とか特に何とも思わない顔見知りの相手なら、気恥ずかしさを感じつつも「同じだね~」と盛り上がれそうだが、苦手な相手なら難癖つけられそうだから
  • 相手が嫌な気持ちになっているんじゃないかと気まずいため。
  • 1日同じ洋服だなぁと思ってしまうから
  • 同じ空間にいることが増えるので、他人にペアルックだと思われたら困るから
  • 職場の同僚でぽっちゃりしている人だったから特に微妙な感じになりました
  • 特に後輩と一緒なるとすごく嫌です。私は出産してから太りました。同じ服をパンツ後輩が履いていたときはぞっとしました・・・。
  • 私は気にしないが相手がきっと嫌だろうと思う。
  • 気まずく感じるから
  • 安いお店で買った場合など、少し恥ずかしい気持ちになる。上司とかぶってしまったら、真似をしたようで申し訳ない気持ちになる。
  • 何となく相手が自分と被って嫌かなと思うと気を使います。
  • どちらが似合っているか比べてしまうから
  • なんとなく気まずい、恥ずかしい。
  • たまたま服装がかぶると、自分ではオシャレしたつもりなのに、「なんだ、平凡なスタイルか」と思ってしまう。 かぶった時は、今流行りの「双子コーデ」だよねと笑い話にする。
  • 他に見られている意識があるから。
  • 何となく気まずいから。
  • 仲が良ければ言いやすいが、顔見知り程度の人だときまずいから。
  • 値段がわかってしまうので。
  • 知り合い同士の場合だとどちらかが服のコーデを真似したと思われそうなので。
  • なんとなく気になる。別に気にしようと思わなくても自然とみてしまう。
  • 私のを真似したと思われたくないから
  • なんとなく気まずい
  • 知り合いの場合はかぶると恥ずかしくなるからです。
  • 安いお店で買った服だと、バレてしまうから。
  • 同じ職場や学校だと一日中何度も顔を合わせることになるから。
  • 職場で全く同じブーツを履いて出勤してしまったことがあり、なんだか恥ずかしかったのでそれからそのブーツは職場には履いて行かなくなった。

「個性を大事にしたい」
「真似されたと思われたら嫌だ」
「ペアルックみたいで嫌だ」
「相手が苦手な人だと嫌だ」
「値段がわかってしまう」

といったところでしょうか。

「値段がわかってしまう」というのは、まさに知り合いだからこそ、知られたくないことでもあるのかもしれませんね。

ペアルックみたいに見られてしまうのも、かぶってしまった人次第ということのようです。仲の良い友達・知人であれば笑って済ませられるけれども、苦手な人・嫌いな人だと嫌、という感情のほうが大きくなってしまうのでしょう。

「他人と服装がかぶると嫌」という感情は心理的距離に影響する?

この調査のみで結論づけるのは難しいのかもしれませんが、「職場や学校など知り合いの場合は気になる」という人が半数近くいたことを考えると、「服装が他人とかぶると嫌だ」という心理は、その人との心理的距離に影響しそうな気がしますね。

職場や学校でも、仲が良かったり、美人であれば嬉しいと感じる。それほど仲の良い友達ではなかったり、苦手な人だと嫌だと感じる、といった心理は少なからずあるでしょう。

職場や学校では「周囲の目が気になる」という点も、相手との心理的距離が近ければ周囲の理解も得やすいでしょうが、逆だと余計に周囲の反応が気になってしまうということもあるでしょう。

その他、心理的距離以外では「個性がなくなる」「真似されるのが嫌だ」「真似されたと思われるのが嫌だ」のように他人と違うことに価値を置く意見や、「相手に申し訳ない」「相手のほうが似合っていた」といった自分への自信の無さから嫌悪を感じる意見も見てとれます。

気にしないことが一番

「別に気にならない」という設問の理由にもあるように、服装の好みが似ている人は必ずいるでしょうから、かぶっても気にしないことが一番ですね。

ひと言に「気にしない」と言ってもそう簡単ではないでしょうが、かぶってしまったことをキッカケにして相手との共通の話題を見つけることもできるかもしれません。

かぶってしまうということは、それがたとえあなたが嫌いな人であっても、「あなたの感性を理解できる人がいる」ことと考えてみると良いかもしれません?

かぶってしまうこともポジティブに捉えて、好きな服装を楽しめたら良いですね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする