小林正彦と石原裕次郎の関係とは?死因の虚血性心不全とは?

シェアする

石原裕次郎さん名番頭で、石原プロモーションの元専務、小林正彦さんが10月30日朝、虚血性心不全のため亡くなりました。

故石原裕次郎さんを支えた石原プロモーションの元専務、小林正彦さんが10月30日朝、虚血性心不全のため都内の病院で死去した。
出典:huffingtonpost.jp

石原裕次郎さんの名番頭と呼ばれるくらいに、石原裕次郎さんと親密だった小林正彦さん。

どのような経緯で石原裕次郎さんに出会い、石原プロモーションを担って来たのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

小林正彦と石原裕次郎の関係

小林正彦さんは、元々日活ホテルでホテルマンとして働いていました。

ある日、バーでただ飲みをしようとした外国人プロレスラーを小林さんがねじ伏せるという事件が起き、小林さんは日活撮影所に左遷となります。

小林正彦さんと石原裕次郎さんが出会ったのはその撮影所での事でした。

小林正彦さんの仕事ぶりが石原裕次郎さんの目に留まり、そのまま石原プロモーションに入社することとなります。

1972年、石原プロが巨額の借金を抱え倒産の危機にあった際、石原裕次郎さんが成城の自宅の売却をしようとしていたのを止めたのも小林正彦さんだったそうです。

「ヨットに乗って、外国に行って、カッコイイ服を着ているのが石原裕次郎なんだ」

と言い、借金3億円を小林正彦さんが工面したそうです。

その後、小林正彦さんは「大都会」「西部警察」など、制作したドラマを広告会社を通さずに直接テレビ局にセールスする道筋をつけたり、世間の注目を集める「西部警察」の大掛かりなアクションシーンを展開するなどのプロモーションで石原プロを再建します。

「大都会」「西部警察」など制作したドラマを、広告会社を通さずに直接テレビ局にセールスする道筋をつけたり、世間の注目を集める「西部警察」の大掛かりなアクションシーンなどのプロモーション力で石原プロを再建。
出典:headlines.yahoo.co.jp

1981年、石原裕次郎さんが動脈瘤から奇跡的に一時回復した際、入院先の慶應病院屋上から集まったファンやマスコミ関係者に手を振るという演出をしたのも小林正彦さんでした。

小林正彦さんの頭の中には、どうやって石原裕次郎を輝かせるかが常にあったといいます。

1984年に石原裕次郎さんに肝細胞がんが発見された際も、兄の石原慎太郎さんの「本人(裕次郎さん)にがんであることを告知すべきだ」という主張に断固反対し、裕次郎さんはがんであることを知らされることなく亡くなりました。

「裕次郎さんは死ぬのが分かっていた。それなら最後まで石原裕次郎でいてほしかった」

と語っていたそうです。

小林正彦さん自身が大スター石原裕次郎の一番のファンだったのでしょうね。

小林正彦さんの死因、虚血性心不全とは?

虚血性心不全とは、心臓の筋肉に血液を送り込む血管が狭くなったり閉塞することで、血液が全身に十分に届かなくなり、全身の臓器に必要な血液量を送ることができなくなった状態をいいます。

虚血性心不全のおもな原因は動脈硬化と言われています。

虚血性心疾患とは
心臓は1日に約10万回も収縮・拡張を繰り返し、全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。この収縮・拡張する心臓の筋肉(心筋)に、酸素や栄養を含む血液を送り込んでいるのが、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。
虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患です。(中略)なお、心筋虚血により心筋の収縮力が弱まると心不全状態になります(虚血性心不全)。また心筋虚血により心室細動など致命的な不整脈を引き起こすことがあります。
出典:www.jhf.or.jp

虚血性心不全で亡くなった著名人には、お笑い芸人で俳優の前田健さんや音楽評論家の永田文夫さんなどがいます。

まとめ

生涯を石原プロモーションの発展に捧げ、石原裕次郎さんの名番頭でもあった小林正彦さん。

天国ではボス石原裕次郎さんとの再開に歓喜しているでしょうか。

今回亡くなられたことは非常に残念ですが、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする