Airbnbで宿泊した古民家が非常に快適で長期滞在したくなった話

シェアする

Airbnbを利用する目的は人それぞれ様々あるかと思います。

宿泊先のホストさんとコミュニケーションをとる楽しみも1つでしょう。

私の場合は主に安い宿泊場所の確保という目的で使用することが多く、シェアルームや個室よりも「まるまる貸切」を利用する場合が多いです。

今回、ボランティアと観光を兼ねて熊本へ訪問するにあたって、熊本市から北に車で30分ほどのところに位置する古民家を利用させていただきました。

熊本市内で宿泊場所を確保しても良かったのですが、今回は日本でのAirbnbの利用が初めてということもあり、また日本の空き家問題に端を発する古民家を利用した民泊がどのようなものかに興味がありましたので、少し遠方にはなりますが古民家を選択してみました。

利用してみて感じたことが、思った以上にAirbnbを利用した古民家の宿泊は快適だったということです。

どのような点が快適だったについて、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

内装がリフォーム済み

古民家というと「ボロボロで汚い」という印象を持つ人もいらっしゃるかと思います。

中にはそういう建物もあるのかもしれませんが、今回宿泊した古民家は内装が綺麗にリフォームされていて、とても清潔感がありました。

こちらの写真は玄関の写真なのですが、奥にキッチンが見えています。

キッチンは、昔でいえば「土間」と呼ばれる場所で、家の中ではあるものの床を張らずに地面のままになっている場所です。

こちらもリフォーム済みで、キッチンに行くのにわざわざ下履きに履き替えることなく移動できるようになっていました。

Airbnbは海外からのゲストも多いので、当然といえば当然なのかもしれませんが、こういうちょっとした工夫があると快適さもアップしますね。

アメニティが豊富に用意されている

日本で初めてAirbnbを利用したのですが、日本のホストさんはこういう点が非常にきめ細かいなあと感じます。

生活用品はもちろん、自炊も可能なキッチン用品も完備され、お米やインスタント食品、ちょっとした飲み物やお菓子まで用意されていました。

一番感動したのは、ロードバイクが用意されていたことですね。

ホストさんの趣味だったりするのかもしれませんが、古民家だと街から少し離れた場所にある場合が多いので、ちょっとした足があるというのは非常にありがたいです。

車などで宿泊先へ行っている場合、1人で動くのであればわざわざ車を出す必要がないですしね。

私は今回バイク(原付)で伺いましたので、外出する際はそちらを利用したのですが、もし徒歩や自動車だった場合は恐らく用意されていたロードバイクを利用したのではないかと思います。

Wi-Fiとパソコンが利用できる

Wi-Fiが利用できることは今や常識なのかもしれませんが、やはり到着してすぐにネットにアクセスできるというのは大変にありがたいです。

また、旅行だとパソコンを持ち歩くということが少ないので、スマホやタブレットで調べ物をするだけでは物足りないという時にパソコンがあれば、例えばブログを更新したりする際にも便利ですね。

ホストさんの返信が早い

ホストさんの返信の早さが非常に印象的でした。

質問をしても数分以内には回答をいただくことができました。

Airbnbの満足度には、ホストの返信の早さも重要だと言われていますので、このホストさんはAirbnbをかなり研究されているなと思うと同時に、やはりゲストとして自分が大事にされてるという印象も受けるわけです。

古民家で隣近所と距離がある

しがない話ですが私の場合、自分以外の人が周囲にいると不快に感じるといわれるパーソナルスペースが広いため、隣近所と距離があるというのは非常に楽に感じます。

私は現在タイのバンコクにあるコンドミニアムに居住しているのですが、コンドミニアムの契約期間が終了したら、チェンマイなどの田舎の一軒家に引っ越そうとも考えています。

コンドミニアムの場合、どうしても上の階の物音や隣の物音が気になってしまうこともあり、フラストレーションに感じてしまうことがあるためですね。

田舎の古民家であれば、その点全く気になりませんのでお互いにストレスなく生活することができます。

ホストさんの気づかいが素晴らしい

日本の田舎には周囲が田畑ばかりで、外灯があまりないという場合があります。

そのため到着が夜になってしまう場合は、宿泊先を見つけにくいという問題があります。

今回のホストさんはそのことを十分に考慮された上で、宿泊先の室内の電気、室外の電気を明るいうちからすべて点灯していただいていました。

おかげさまで、すぐに場所を特定することができました。

宿泊料が安い

日本の都市部でAirbnbを利用する場合、もちろんホテルに比べれば安いとはいえ、「まるまる貸切」であれば安くても1泊3,000〜5,000円ほどはします。

その点、今回は広々とした古民家を貸切にしても1泊2,000円ほどで宿泊できましたので、非常にコストパフォーマンスの良い滞在だったように思います。

長期滞在の場合はさらに割引になることもあり、ちょっとした田舎暮らしを安く体験できるという点でもAirbnbは便利ですね。

まとめ

Airbnbのような民泊が普及してきたおかげで、安く旅行ができるようになったことは非常に魅力的に感じます。

Airbnbを知るまでは、ちょっとした旅ではお金を節約するためにインターネットカフェやカプセルホテルに宿泊したりして費用を浮かせていましたので、正直なところ宿泊先に対する期待というのはそれほどありませんでした。

Airbnbを利用すれば、安く、バリエーション豊富な場所に宿泊することができますし、ホストさんと友達になれたり、周囲の観光地を案内してもらえたりすることもありますので、ホテルと同じように宿泊先の選択も1つの楽しみになりますね。

また家具などを自分で用意する必要もないので、他に予約がなければ長期で滞在して今の生活とは全く別の生活を一時的に体験してみるというのも面白いかもしれません。

今後はそういう生活スタイルも一般的になってくるのかなあと思います。

もしAirbnbに興味のある方で、まだ会員登録されていない方は以下のリンクより登録してみてください。

今なら3,500円分のクーポンが利用できますので、どこかの都市に旅行に行った際に1泊分を無料にすることが出来ますよ^^/

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする