メーガンマークルとヘンリー王子が交際!メーガンマークルって?王子との出会いは?身長は?母親は誰?インスタは?ファッションやスーツ画像も?

シェアする

英国のヘンリー王子の新恋人として世界中の注目を集める米女優のメーガン・マークルさん。

女優さんとしても人気上昇中ということですが、メーガン・マークルさんとはどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大

メーガン・マークルってどんな人?


出典:cnn.co.jp

メーガン・マークルさんは現在35歳の人気急上昇中のアメリカの女優さんです。

ロサンゼルスで育ち、ノースウェスタン大学で演劇のほか国際政治を専攻。

2011年のテレビドラマ『SUITS/スーツ』で、メインキャストの1人レイチェル・ゼインを演じたことで知られています。

女優としての活動だけではなく、料理や健康、旅行をテーマにしたライフスタイルサイト「The TIG」も運営していたり、UNウィメン支援者としてクリーンウォーターキャンペーンにも参加するなど多方面で活躍しています。

私生活では、映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンさんと2011年9月に結婚していますが、2013年に離婚しています。

メーガン・マークルとヘンリー王子の出会いは?


出典:mirror.co.uk

メーガン・マークルさんとヘンリー王子の出会いは、ヘンリー王子が主催する負傷兵士のためのパラリンピックである「インヴィクタス・ゲーム」のプロモーションのために王子がトロントを訪れた時だということです。

メーガン・マークルの身長は?

メーガン・マークルさんの身長はGoogleで調べてみると171cmということです。

女優さんとしては標準的な身長といえるでしょうか。

メーガン・マークルの母親は誰?

メーガン・マークルさんはアフリカ系アメリカ人の母親、オランダ・アイルランド系の父親のもとに生まれ育ちました。

母親の名前はドリアさん。


出典:elleuk.com

メーガンさんは白人の父親と黒人の母親のもとに生まれたことについて、子供時代は人種的アイデンティティーに悩んだといいます。

昨年8月のエル誌のコラムでは

「黒人の役をやるには黒人として不十分、白人の役をやるには白人として不十分だった」

と打ち明けています。

そんな彼女もドリアさんが南カリフォルニア大学を卒業した際の写真をインスタグラムに投稿しています。

この写真を見るとメーガンさんのアイデンティティーに対する葛藤が、ドリアさんに向けられた時期があったんじゃないかなあと思ってしまうのは、私の考えすぎでしょうか^^;

しかし、このように「いつも誇りに思っている」と言ってもらうとお母さん(ドリアさん)も嬉しいでしょうね!

メーガン・マークルのインスタグラム

メーガン・マークルは大の犬好き!

メーガン・マークルさんは私生活では犬が大好きだということで、里親になった2匹の犬の写真を頻繁にインスタグラムに投稿しています。

A moment of zen #adoptdontshop #weekend

Meghan Markleさん(@meghanmarkle)が投稿した写真 –

Happy Sunday 💕 #adoptdontshop

Meghan Markleさん(@meghanmarkle)が投稿した写真 –

Oh, my boys. This pic says it all. Bogart & Guy. 😂 #adoptdontshop #thelookonbogartsface

Meghan Markleさん(@meghanmarkle)が投稿した写真 –

メーガン・マークルのファッション・スーツ

メーガン・マークルさんはファッションセンスも良く、スーツが似合うオシャレな方らしいですね!

Friday night (@jimmychoo @paige @reitmans) #fashion

Meghan Markleさん(@meghanmarkle)が投稿した写真 –

慈善活動家としても素晴らしい!

また、メーガン・マークルさんは2016年にワールド・ビジョン・カナダのグローバルアンバサダー(大使)となりルワンダを訪れています。

2014年にもアフガニスタンを訪れるなど、慈善活動も積極的におこなっているようです。

姉より「妹はナルシシストでわがまま」との批判も。。

ヘンリー王子との交際について「世界一のラッキーガール」だと語ったメーガンさんに対して、腹違いのお姉さんサマンサ・グラントさんが、英紙デーリー・メールの取材に対し「妹はナルシシストでわがまま。本性を知れば王子の気持ちは離れていくだろう」と応えたそうです。。

この辺りは真実なのか、あるいは何かしら嫉妬のような感情もあるのか、分かりづらいところでもありますね。。

アフリカ系アメリカ人の母親を持ったことに対して、メーガンさんの中に「自分は白人だ!」という葛藤があったのだとすれば、メーガンさんの気持ちは分かるような気もしますし、「自分たちとは違う世界へ行こうとした妹」をナルシストでわがままと表現するお姉さんの気持ちも分かります。

人の個性、アイデンティティーというのは、本当に難しいものですね。

まとめ

ヘンリー王子の新恋人であるメーガン・マークルさんについてまとめてみました。

ヘンリー王子は8日に、メーガン・マークルさんとの交際を認めるとともに、メーガンさんに対する「暴言や嫌がらせが押し寄せている」と非難をしています。

英国のヘンリー王子(Prince Harry、32)は8日、米女優のメーガン・マークル(Meghan Markle)さん(35)との交際を認めるとともに、ここ数週間マークルさんに対する「暴言や嫌がらせが押し寄せている」と非難した。
出典:headlines.yahoo.co.jp

暴言や嫌がらせをする人たちが、何に対して嫌悪感を抱いているのかは分かりませんが、私個人としてはメーガン・マークルさんの「犬の里親になった」「慈善活動もしている」という点は、人間としての徳の高さを感じます。

まだ二人は交際を認めた段階ではありますが、ぜひ徳の高い二人で結婚して欲しいと、私は思います!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする