村松亮太郎に嫁(奥さん)はいる?子供は?出身高校や大学はどこ?プロフィールや経歴も

シェアする

俳優、映画監督、演出家、クリエイティブディレクター、アートディレクター、映像クリエイターと幅広い分野で活躍中の村松亮太郎さん。

最近では3Dプロジェクションマッピングの第一人者としても注目を集めていらっしゃいます。

今回は、そんな村松亮太郎さんの奥さんやお子さん、出身高校や大学などについて調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

村松亮太郎の嫁(奥さん)や子供は?

村松亮太郎さんの奥さんやお子さんについて調べてみましたが、確かな情報はありませんでした。

しかし、なんでも以前Facebookにご家族の写真をアップされていたことがあるという情報もあり、既に結婚されていて、お子さんもいらっしゃるようですね。

村松亮太郎さんのファンの方にとってはショックかもしれませんね^^;

村松亮太郎の出身高校はどこ?

村松亮太郎さんは、大阪府河内長野市にある中高一貫の私立学校・清教学園のご出身のようです。

同校出身の著名人は村松亮太郎さんの他に、元プロ野球選手の水田章雄さんや、ミュージシャンの内田裕也さんなどがいるようです

出身者

水田章雄(元プロ野球選手)
笑福亭純瓶(落語家)
村松亮太郎(映画監督)
矢倉邦晃(モダンチョキチョキズ)
高橋真理恵(アナウンサー)
内田裕也(ミュージシャン) 中学2年時に転校
清水英彰(タレント)
辻田真佐憲(軍歌研究家)
出典:ja.wikipedia.org

村松亮太郎の出身大学は?

こちらも確かな情報を見つけることができませんでしたが、村松亮太郎さんの出身大学は関西外国語大学という情報が多くありました。

また、日刊スゴい人の記事の中では大学は1年で中退されていることについても語られています。

帰国後、映画に携われないかと思い、役者になり、大学を1年で中退して、上京しました。
引用:sugoihito.or.jp

村松亮太郎のプロフィールと経歴


出典:jiji.com

名前: 村松亮太郎(むらまつ りょうたろう)
生年月日: 1971年5月5日
年齢: 45歳(2016年12月現在)
出身地: 大阪府堺市
血液型: A型
出身中学校・高校: 清教学園中学校・高等学校
職業: 俳優、映画監督、演出家、クリエイティブディレクター、アートディレクター、映像クリエイター、3Dプロジェクションマッピングディレクター
所属: 株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc.)代表

村松亮太郎さんは幼い頃から、勉強、スポーツどちらもできる優等生タイプだったそうです。

しかし、中学生くらいになってくると、友人だと思っていた周りの人たちが、自分が失敗するのを本当は望んでいるような瞬間を感じる時があり、人間関係に嫌気が差すようになっていったとか。

高校時代はほとんど学校にもいかず、授業に出ていても哲学書ばかりを読んでいたそうです。

1988年17歳の時にショーン・ペンの「インディアン・ランナー」と出会い、その独自のスタンスに感銘を受けます。

高校3年生の時にはアメリカ・シカゴに1年留学。

帰国後は役者を目指し大学を中退、上京します。

その後、役者としてTV、広告、MVなどジャンルを問わず活動を続けます。

そんなある時、ハリウッド俳優のショーン・ペンが自主映画を制作したことに影響を受け、村松亮太郎さんも同じように映画を自分でつくるための勉強を始めます。

映像制作を仕事にすると決めた村松さんは、1997年「NAKED」を創設。

各業界のナンバー1と仕事をすることをモットーに営業をかけ、多くの仕事を受注することに成功。

現在までにジャンルを問わず、TV、広告、エンタメetc…、映像、グラフィックデザイン、3DCG、実写など幅広く活動しています。

2002年には脚本執筆など映画制作を開始し、2006年から2010年にかけて長編映画4作品を劇場公開。

国際映画祭で50ノミネート、7つの賞を受賞します。

2011年から3Dプロジェクションマッピングをミュージックビデオ内で発表。

auスマートパスpresents進撃の巨人プロジェクションマッピング「ATTACK ON THE REAL」の演出や、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」タイトルバックの企画/演出を手がけたことでも話題となりました。

参考:sugoihito.or.jp/ja.wikipedia.org

まとめ

今回は、俳優、映画監督、クリエイティブディレクターの村松亮太郎さんについてまとめてみました。

村松亮太郎さんの作品は常に未完成ということで、今現在もなお「作品がどうあれば良いか」追求し続けているそうです。

やはり表現の世界というのは、終わりがないのでしょうね^^

今後も素晴らしい作品をたくさん生み出し、より多くの人に感動を届けていただきたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする