成田国際空港 2016年度の空港運用状況

シェアする

成田国際空港の運用状況で航空機発着回数など、開港以来最高となったそうです。

航空機発着回数

■ 航空機発着回数

年度を通じて新規乗り入れ、新規就航、増便が相次ぎ、国際線・国内線ともに好調だったことから、前年度比4%増の245,705回と5年連続で最高値を更新。

■ 国際線発着回数

香港航空、ジンエアー、ハワイアン航空など新規乗り入れが10社あったこと、また韓国、香港、中国などのアジア方面を中心とした新規就航や増便が相次いだことで旅客便が好調となり、前年度比5%増の193,427回と2年連続で最高値を更新。

■ 国内線発着回数

Spring Japan/札幌(新千歳)線・大阪(関西)線、バニラエア/大阪(関西)線・函館線の新規就航などにより、前年度比1%増の52,278回と15年連続で最高値を更新。

航空旅客数

■ 航空旅客数

国際線外国人旅客数や国内線旅客数の増加により、前年度比4%増の39,620,801人と2年連続で最高値を更新(初の3,900万人超え)。

■ 国際線外国人旅客数

航空路線の拡充や、日本全体で取り組んでいる訪日プロモーションが功を奏し、特に旺盛な訪日需要がある韓国、香港などのアジア方面を中心に旅客が増加したため、前年度比11%増の14,299,658人と3年連続で最高値を更新(初の1,400万人超え)。

■ 国内線旅客数

那覇線、大阪(関西)線、札幌(新千歳)線などが好調だったことにより、前年度比5%増の7,210,517人と8年連続で最高値を更新(初の700万人超え)。

1984の小並な感想

特にありません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大