新妻聖子がナオト・インティライミを土下座させた?共演した舞台の名前は?二人の関係は?舞台への声も

シェアする

本日12月4日夜9時放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に新妻聖子さんが出演されます。

番組の中で新妻聖子さんが、舞台で共演した大物歌手に「35歳のババア」と言われたことにキレて土下座をさせたことが語られるようです。

新妻聖子は、ある大物歌手と舞台で共演した際に「35歳のババア」と2回言われたことにキレ、みぞおちにパンチした挙句に土下座させた一件を語る。
出典:natalie.mu

大物歌手は共演の「ナオト・インティライミ」さんだと考えられるのですが、その理由や共演した舞台、二人の関係について調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

新妻聖子が土下座させた大物歌手はナオト・インティライミ?

新妻聖子さんが土下座させた大物歌手は「ナオト・インティライミ」さんである理由を考えてみました。

新妻聖子さんの誕生日は1980年の10月8日。現在は36歳です。

大物歌手には「35歳のババア」と言われたということですから、共演は2015年10月8日〜2016年10月8日の間ということになります。

新妻聖子さんが35歳の間に出演した舞台は、Wikipediaを参考にすると

の2舞台です。

2016年6月7日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)の中で、新妻聖子さんは「土下座させた」大物歌手を「相手役」と言っています。

「DNA-SHARAKU」では新妻聖子さんは主演の二人に次ぐ佐山ハル役を演じ、「王家の紋章」ではヒロインのキャロル役を演じていることから、「相手役」は主演に近いキャストであると考えられます。

それぞれの舞台の主演は「DNA-SHARAKU」では柊健二役のナオト・インティライミさんと結城連役の小関裕太さん。

「王家の紋章」ではメンフィス役の浦井健治さんです。

このうちソロの歌手として活動しているのはナオト・インティライミさんのみとなりますが、浦井健治さんもStarSという男性音楽ユニットで活動されています。

しかし、浦井健治さんのWikipediaを見てみると、あくまでミュージカル俳優という位置づけであり、音楽活動がメインということではなさそうです。

また「大物歌手」ということですので、歌手活動がメインであるナオト・インティライミさんの可能性が高いのではないかと思います。

ナオト・インティライミさんも、同じく本日の「行列のできる法律相談所」に出演されるそうなので、新妻聖子さんが土下座せたという事実についてご本人に確認をとるということなのでしょうね(笑

舞台の名前は「DNA-SHARAKU」

既に書きましたが、新妻聖子さんがナオト・インティライミさんと共演した舞台は「DNA-SHARAKU」です。

DNA-SHARAKUは2016年1月から2月まで東京・大阪・福岡で公演されていました。

出演は、ナオト・インティライミ・小関裕太・新妻聖子・坂元健児・田野優花(AKB48)・ミッツ・マングローブ・藤岡正明・Spi・大野幸人・Miz・朝海ひかる・中川晃教・イッセー尾形他。

舞台「DNA-SHARAKU」は11月16日にBlu-rayとしても発売されています。

舞台「DNA-SHARAKU」への声

新妻聖子とナオト・インティライミの関係は?

新妻聖子さんとナオト・インティライミさんの関係も調べてみましたが、残念ながら「特別な関係があった」というような情報はありませんでした。。

ここまで引っぱってしまって、すみません。。

まとめ

今回は新妻聖子さんが土下座させた大物歌手はナオト・インティライミではないか、二人が共演した舞台、二人の関係について調べてみました。

大物歌手は「ナオト・インティライミさんである」説が濃厚のように思いますね^^

気になる方は、本日の「行列のできる法律相談所」をチェックしてみてください!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする