タイに来て1ヶ月目の生活費をまとめてみます。

シェアする

huai-khwang-night-market

タイに居を移して1ヶ月が経ちましたので、1ヶ月目の生活費をおおよそですが、まとめてみたいと思います。

通常、駐在員としてタイに赴任する場合ですと、現地の人たちと比較しても、かなり良い条件で生活できるのではないかと思います。

現地採用でも日本人であれば、現地の中流層と同等か、それ以上の賃金をもらえる可能性があるかと思います。(タイの中間層の月間所得は10万円前後、30万円以上であれば富裕層に入るとどこかで見た記憶がありますが、間違いがありましたらご指摘ください)

私の所得などを公開するのは恥ずかしいので控えますが、現状はタイの中間層の人たちと同じ生活レベルを選択しているのではないかと思います。

タイで贅沢をしない程度の生活をしたいと考えている方には、参考になる記事になるかなあと思います。

ただ、決して移住を奨励しているわけでも、海外での生活レベルはこうあるべきだということを言いたいわけでもありませんので、あくまで参考程度に見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

家賃

家賃:7,500バーツ

私が住んでいるのは、1Rタイプのアパートの角部屋になりますが、角部屋でなければ7,000バーツと500バーツ安くなります。

日本語で書かれた日本人向けのインフォメーションもあったため、もしかしたら日本人価格が設定されているアパートかなあとは思いましたが、許容範囲内でしたし、マネージャーのおばさんが、英語が堪能で、誠実そうな方だったのでこちらに決めました。

デポジットは2ヶ月分、前家賃が1ヶ月分で22,500バーツです。

それにベッドのマットレスの買取や、キーカードの発行代金が追加され、24,000バーツほどが初期費用としてかかりました。

家具は、収納棚や机、ダイニングテーブル、ベッドが備え付けてあります。

テレビや、冷蔵庫は毎月500バーツでそれぞれレンタルできます。

私はテレビは見ないのですが、冷蔵庫はレンタルしてしまいました。

外が暑いので、部屋に戻った時に冷たい飲み物を飲みたいなあと思ったんですね。贅沢ですね(笑

インターネットは繋がらない時がたまにありますが、LANで繋げばそれほどストレスも感じず、無料で利用できます。

どうしても繋がらない時は、事務所に電話すれば機器をリセットしてもらえます。

フィットネスが屋上にあり、こちらもトレーニング機器が壊れていたりしますが、無料で利用できますので利用しています。

あとは、個人的にこだわってしまうのが、温水シャワーです。

インドで生活していた時は、水シャワーで数週間生活していたこともあり、ちょっと辛いなあと感じていましたので、温水器が設置されていて、きちんと動作するかは事前に確認しました。

もっとも、タイでは日本人が入居するようなアパートであれば、大抵温水器は設置されていると思います。

ただ、日本ほどに熱いお湯がガンガン出るという感じではないので、ぬるいシャワーだと我慢できない!という方は、その辺りも確認されたほうが良いかと思います。

コンドミニアムなどであれば、もしかしたら熱いお湯も出るかもしれません。

光熱費

水道代:57バーツ 1ユニット19バーツ
電気代: 960バーツ 1ユニット8バーツ

電気代は、常に部屋にいるためエアコンの使用量がどれくらいになるのか心配でしたが、1日昼間4時間ほどと夜6時間ほどの使用量で、想定したよりも安く抑えられました。

水道代も当初1,700バーツほど請求されたため、おかしいと思いマネージャーさんに確認したところ、再度確認し57バーツという想定内に収めることができました。

ある程度覚悟はしていましたが、57バーツを1,700バーツで請求するところ、なかなか安心できない気もします(笑

しかし日本人は所得レベルでは、お金をもっていると思われてるので、仕方ない気もしますね。

少なくともタイに比べれば、日本の所得水準は大きく、所得格差はまだ小さいですから。

その辺りもこちらの人の感情を逆なでするような言動は取りたくないなと思います。

多少であれば、多く払っても良いんですけどね。。多少であれば。。

食費

食費:6000バーツ

当初は自炊をしようと考えていましたが、キッチンがベランダにあり、水周りもあまり整っていないため自炊は諦め、近隣の屋台で食事をしたり、セブンイレブンのお弁当を買って食べたりしています。

徒歩圏内にロータスというスーパーがあり、セブンイレブンやファミリーマート、ローカルな食堂や雑貨屋などもあり、買い物や食事に遠出するということがないので楽です。

基本的に1日200バーツ以内で収まるように慎ましく生活しています。

食費のみを見れば日本で自炊していた時とあまり変わらないですね。

タイに来て1週間ほど経った時に、日本のラーメンを食べに行きましたが、あまり今のところ日本食が恋しいと感じたことはないです。

通信費

通信費:300バーツ×2

現在は、SIMを2台契約しています。携帯電話で利用するものと、モバイルWifiルーターで利用するものです。

毎月固定で支払いが発生するものではなく、トップアップと言って、都度プリペイドしていくタイプのものです。プリペイドと言っても、一定容量を超えると速度が遅くなるものの、基本的には無制限に利用できます。(間違っていたらすみません。SIMの契約はまだ1ヶ月経っていないので、トップアップをしないと1ヶ月経過後に停止になったりするのかもしれません。追い追い調べてみたいと思います)

最近、諸事情で携帯でSIMが利用できなくなってしまったため、外出時にはネットに接続できないのですが、なんとかなっているため、トップアップも必要最低限で良いかなあという気がしています。

消耗品費

消耗品費:2,000バーツ

あまり物を所有したくないのですが、掃除用具(ほうき・モップ)と炊飯器を購入しました。

それ以外は、本当にシャンプー、ボディーソープ、洗濯洗剤などの生活必需品を購入したくらいです。

来月からは、恐らく500バーツもかからないのではないかと思います。

まとめ

家賃:7,500バーツ
水道代:57バーツ
電気代:960バーツ
食費:6000バーツ
通信費:300バーツ×2
消耗品費:2,000バーツ

合計:17,117バーツ

日本円にすると、およそ6万円ほどが生活費になります。

インドだと月3万円ほどで生活できたので、6万円が高いのか安いのか分かりませんが、インフラや生活のしやすさを考えると比較的安いのかもしれまん。

上を見ても、下を見てもキリがないですが、あまりキリキリに無理をしない範囲で生活できてますので、寒さを感じずに緩く生活できているという点でも、気持ち的に楽だなあという気がします。

ありがたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする