バンコクで遅延した電気代を支払いに行って来た。支払い場所と支払い方法まとめ

シェアする

タイの電気代を滞納した場合、結構すぐに電気が止められてしまうという話を聞いていました。

私が住んでいる地域では、電気代は通常毎月20日前後に検針があり、その後数日以内に請求書がポストへ投函されます。

今回日本へ一時帰国したのが9月12日、タイへ戻って来たのが10月30日ですので、およそ50日留守にしていたことになります。

その間の電気代は1ヶ月分が遅延、1ヶ月分が通常通りの請求が来ていました。

電気代は支払い期限内であれば、市内のセブンイレブンで支払うことができますが、1日でも遅延してしまうと電気会社まで支払いに行かなければなりません。

電気が止められるタイミングですが、私の場合30日の帰宅時は止められていなかったのですが、31日の午前中になると止められてしまいました。

恐らくですが、遅延のあった翌月末日が供給停止日なのではないかと思います。

あるいは遅延の日数で判断しているのかもしれません。

事前に予想はしていたとはいえ、電気がないと何もできませんので、すぐに電気代を支払いに行くことにしました。

日本語で調べてみると、電気代の支払いはMEA(Metropolitan Electricity Authority)本社横のプルンチット支店で支払う必要があるという情報もあったりしますが、市内に点在しているMEA支店でも支払いは可能なようです。

支店については、以下のページに記載があります。

MEAの支店一覧

今回は自宅からほど近いプラカノン支店に行って来ましたので、支払いの際に持参したものと、支店への行き方・支払い方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

遅延した電気代を支払うのに必要なもの

・電気料金の請求書

受付時に、請求書に記載のあるバーコードを読み取る必要がありますので、請求書は必ず持参しましょう。

バイタク(モーターサイ)やタクシーに行き先を告げる時などにも、慣れないタイ語で説明するより請求書を見せるほうが分かってもらいやすいかもしれません。

MEAプラカノン支店の支払い窓口の場所

MEAプラカノン支店は、BTSオンヌット駅からスクンビット通りを南に歩いて3分ほどの距離にあります。

事前にホームページで場所を確認していたとはいえ、タイのホームページの情報は当てにならないことも多いので、今回は万全を期すためにオンヌット駅からモーターサイを利用して、運転手のお兄さんに確認しつつ向かいました。

が、1分くらい走っただけであっさり到着しました。

料金は20バーツでした。

全然歩ける距離でしたが、歩くのが嫌な方はモーターサイを利用しても良いかもしれませんね。

MEAのプラカノン支店の建物は、スクンビット通り沿いに見えますので徒歩でも分かりやすいと思います。

MEAプラカノン支店の敷地内に入り、左手に進みます。

左手に見える建物の「2階が支払い窓口だよ」と、モーターサイのお兄さんが親切に教えてくれました。

階段を2階に上がり、左に行くと窓口があります。

営業時間は、本社横のプルンチット支店窓口と同様、7:30から15:00までのようです。

電気代の支払い方法

中に入ると、右側に受付端末があります。

バーコードを読み取る機械がありますので、請求書のバーコードを読み取りましょう。

遅延がある場合、最新の請求書に遅延分もまとめて金額が記載されていますので、最新の請求書のみ読み込ませれば大丈夫のようです。

最新の請求書を読み込んだ後に、古い請求書を読み込んでも画面上では情報が更新されませんでした。

バーコードを読み込むと、「Print」というボタンが表示されますのでボタンを押すと整理券が発行されます。

あとは、窓口で整理券番号が呼ばれるのを待つだけでOKです。

窓口では、「何ヶ月分払うの?」と訊かれますので、一括で支払う場合はその旨を伝えます。

電気がすでに止められてしまっている場合、支払い日の午後4時以降に通電するとの事でした。

私の場合は午後5時過ぎに通電しました。

以上が、支店での電気代の支払い方法になります。

窓口は日曜日も開いているのか?

これは事前にホームページを調べたのですが、何故か記載がなくて困りました。

実は実際に昨日、日曜日に行って確かめています。

本社以外の支店窓口は日曜日は開いていない可能性が高いと思いましたので、少し遠方ですがチットロムにある本社まで足を伸ばしました。

が、本社横のプルンチット支店窓口でも日曜日は営業していないようです。

ということで、遅延した電気代の支払いは平日が良いみたいですね。

土曜日に関しては未確認ですが、もしかすると営業しているのかもしれません。

まとめ

この記事でお伝えしたかったのは、以下の3つです

  • MEAの支店は日曜日は営業していない
  • チットロムまで行かなくても電気代は近くの支店で支払い可能
  • 支払い方法は支店によって違うかもしれませんがご参考までに

バンコクで電気を止められてしまった!という際に、この記事が参考になれば幸いです!

情報に間違いがあったらごめんなさい。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする