世の中というのはそもそも不公平なのだという話

シェアする

ビル・ゲイツも言ってますけど、世の中というのは不公平なんですよね。

それに慣れろと。

他人の環境や才能を羨んでも妬んでも仕方ないんですよ。

そんな時間があるなら、自己研鑽に励むほうが生産的ですからね。

不器用でも頑張れば良いじゃないですか。

不器用だからといって自分の能力を卑下する必要はないんですよ。

他人と比べる必要もないんですよ。

人には人の能力があるわけですから、自分の才能を活かせることをやれば良いんです。

自分と向き合うことができずに、自分の才能が何かも分からずに人生を終えていく人もいますけど、それもその人の人生なんですよね。

その人なりに人生を真剣に考えた結果かもしれないわけですから。

世の中にはいろんな格差があって、その格差を知っているにしても知らないにしても人は自分という器の上でしか発想も行動もできないわけです。

であれば、自分という器の中で不器用に努力しましょうよ。

自分の不器用さで他人に迷惑をかけてるかもしれないなんてどうでも良いんですよ。

自分の能力を否定する奴は殺したるぞくらいでぶち当たれば良いんですよ。

自分を殺して自信をなくすよりはマシですよ。

自分が才能があると思えば続ければ良いし、無いと思えばやめても良い。

どちらにしても自信をなくすことなく才能を発揮できる機会を模索し続けましょうよ。

自分の不器用さを謝る必要はないですから、不器用でも努力していきましょうよ。

世の中は不公平だからこそ、あなたの活躍できる場所もどこかにあるということですから。

不公平に慣れましょう。

そして自分を卑下することなく、他人を妬むことなく、努力しましょうよ。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大