他人を代弁するように自分の正義を振りかざす輩の気持ち悪さ

シェアする

いや、このままネット社会から忘れられたいなあと思ったのですが、どうもタイに来て1年ちょっと経ってもそうは問屋が卸さないような雰囲気もありますので、ちょっと海外から日本社会を叩くのも悪くないかなあということで、記事更新してみます。

さすがに他人の自由を奪うのは良くないですね。

他人の自由を奪うということは自分の自由もその分なくなるということですからね。

忘れてもらえるんなら静かにしてようと思ってたんですが。

先ほどご飯食べながらTwitter見てましたら以下のような記事がありました。

あまり詳しくは読んでいないのですが、なんというかタイトル見るだけで気持ち悪いですね。

私はイケダハヤトさんがどういう方が存じ上げませんし、記事の何が問題なのかもよく分かりませんが、彼のやっていることに対するネットの人たちの反応というのが、この記事を読む限りでは、イケダハヤトさん自身の人間性への批判になっているようにも感じるわけです。

まあ面白半分に個人叩きをしてるツイートを集めてるだけなのかもしれませんが。

こういうのとか、単純に面白がってるだけですからね。

なんというかネットの社会というのは実際の社会のほんの一部に過ぎないんでしょうが、他人のやってることに対して自分の正義感振りかざして必死に叩いている人を見ると虫唾が走りますね。

まあだからまともに見たくないというのはあります。

こういうのを必死に叩いてる人間を見ると、自分はかしこいから情報を選別することができるが、世の中には情報を選別できない頭の悪い人間がいると。

そういう人たちのために自分が声を挙げるんだと。

そういう印象を受けるわけですね。

しかし、私はこう思うわけですよ。

いや、だったらお前、日頃からそういう活動でも啓蒙でもしてろよ。と。

ちょっと有名人が発言したり、ニュースになった時だけに声を大きくして正義漢ぶるんじゃねえよと。

その上っ面の正義のためだけにお前の人生捧げられんのかよと。

大した覚悟もない人間が平気で正義を掲げてるのを見ると、彼らにあるのは信条ではなく心情でしかないんだろうなと思いますね。

それも自分が他人よりも優れてるとアピールするためだけの。

もっと他人の自由を尊重しようぜ。日本人よ。

まあ多少的外れな意見だとは思いますけど、論理よりもただ単純に気持ち悪いという感情のみで書いてみました。

(おわり)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大