冷凍えだまめ塩味を買ってみた話

シェアする

先ほど近所のセブンイレブンに行きましたら、冷凍えだまめ先生がいらっしゃいましたので、懐かしさとともに買ってみました。

1袋20バーツ(65円くらい)。20年前のお値段です。

まあタイには日本食が食べられるお店がたくさんありますので、別にセブンで買わなくても食べられるんですけどね。

味は昔懐かしい味で美味しかったです。

そして、今日のお昼ごはんは近くのお店で買った焼き飯です。

タイ語ではข้าวผัด(カウパッ)です。

カウパーではないですよ。

私も最初聞いたときは

「えっ!」

と思いましたけどね。

タイ語の先生いわく、ข้าว(カウ)が「ライス」のことで、ผัด(パッ)が「フライド」のことらしいです。

英語ではフライドライスですからね。

え? 英語でチャーハンを「フライドライス」ということを初めて知った?

それはいけませんね。

そんなあなたは、日本にいても海外の先生から英語を習えるDMM英会話を利用して、すぐに英語学習を始めましょう。

1ヶ月4,950円からのオンラインマンツーマン英会話。無料体験レッスン受付中!

DMM英会話を1日30分、3ヶ月利用してみて感じたオンライン英会話のメリットとデメリット【DMM英会話レビュー】
現在3ヶ月ほどオンライン英会話サービスのDMM英会話を利用しています。 DMM英会話 私がオンライン英会話を利用する動機となった...

今の時代、たとえ英語がネイティブではない国にいたとしても、英語を話せないということは教育水準の低い環境で育ったと思われて軽くあしらわれることにもなりかねませんよ。

まあ私もほとんど話せませんけどね(笑

しかし、タイのご飯というかおかずは辛いものが多くて見分けるのが難しいですね。

辛くないものもたまにありますからね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大