使えるねっと、FX専用VPSのSSDプランをリリース

シェアする

2017年5月18日 – クラウドサービスプロバイダーとして各種クラウド製品およびサービスの開発・販売を行う使えるねっと株式会社(本社:長野県長野市)は、FX取引専用VPSのSSD搭載プランをリリースすることを発表した。


スポンサーリンク
レクタングル大

FX専用VPSのSSDプラン

FX取引(外国為替証拠金取引)とは、2つの異なる通貨ペアを取引する人気の投資商品です。通常の株取引とは異なり、24時間マーケットが動くFXには安定性の高いVPS(仮想専用サーバー)が最適。

使えるねっとでは長年FX専用VPSをHDDにてご提供してきましたが、より快適な取引環境の実現を目指して今回「HDDからSSDへの切替」に取り組みました。

SSD搭載プランでは、基本価格や容量はそのままながら4倍の処理速度でお取引をお楽しみいただけます。

FX専用VPSとは

使えるねっとのFX専用VPSは、FX自動売買プラットフォーム「Meta Trader 4」(MT4)を安定稼働させるために開発されたサーバーです。MT4による取引では、基本的にパソコンをインターネットに24時間接続させ、値動きを監視しながら売買を進めます。

システムトレードは機械が自動的に取引を行ってくれるため、人が常時パソコンの前にいる必要はありません。しかし、自宅のパソコンを24時間オンにするとなると電気代やもしもの場合のトラブルが心配。その点、仮想サーバーだと常に安定した取引環境を確保することができます。

SSD搭載のメリット

SSDの良さは何といっても圧倒的なパフォーマンスの速さにあります。1分1秒の差で値動きが進む金融取引では、システムの約定速度(レイテンシ*1)が速ければ早いほど有利に。HDDの4倍の速度を誇るSSDプランなら、マーケットチャンスを見逃さず効率的に売買を行うことができます。

使えるねっとのFX専用VPSは、専属技術スタッフが監視しているため高品質・高安定性を同時に実感していただけます。有名トレーダーや多くのFX事業者に選ばれる専用VPS、SSD搭載プランがいまなら初期費用無料!

1984の小並な感想

FX専用のVPSサービスなんてあるんですね。

今なら初期費用2000円が無料ということで、一番安ければ月額換算で2280円からとのこと。

シストレには興味がありますが、やっぱりこういうサービスを使用している人のほうが多いのでしょうか。

どれくらいの人が利用しているのか気になるところではありますね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする