オーサムオシレーター(AOオシレーター)の見方と使い方

前回は「RVIの見方と使い方」についてまとめました。

今回は、初心者にも使いやすいといわれるオシレーター系のテクニカル指標オーサムオシレーターについてまとめます。

オーサムオシレーターとは

オーサムオシレーターとはビル・ウィリアムズ氏が考案した「買われすぎ」「売られすぎ」を示すオシレーター系のテクニカル指標です。

短期ではダマシとなることも多いものの、長期でトレンドをフォローしたり、トレンド転換のタイミングを図るのに有効な指標といえます。

オーサムオシレーター見方

オーサムオシレーターは2色の棒グラフで構成されます。 下図では価格が上昇している場合は緑色、価格が下落している場合は赤色の棒グラフで表示されています。

オシレーターの値が0以上であれば上昇トレンド、0以下であれば下降トレンドと判断します。

オーサムオシレーターの売買シグナル

0ラインとのクロス

オーサムオシレーターが0ラインを下から上に抜けた場合を買いシグナル、上から下に抜けた場合を売りシグナルと判断します。

押し目買い・戻り売り

オーサムオシレーターの値が0ラインより上にある時に下降し、0ラインを割らずに再度上昇した場合は押し目買いのシグナルとなります。

また、0ラインより下にある時に上昇し、0ラインを越えずに再度下降した場合を戻り売りのシグナルと判断します。

オーサムオシレーターの決済ポイント

オーサムオシレーターの色が変わったポイントを決済のタイミングと判断します。

下図では、売りポジション保有時に赤から緑へ色が変わったポイントを買い戻しのタイミング、買いポジション保有時に緑から赤へ色が変わったポイントを売りのタイミングと判断できます。

オーサムオシレーターをMT4で表示する

オーサムオシレーター(Awesome Oscillator)は標準のインジケーターとしてMT4に搭載されています。

オーサムオシレーターに関連する書籍

相場の達人―常勝のカオス思考

参考

AOオシレーターでの決済のタイミングですが、 AOオシレーターの色が変わる時や乖離が大きくなってきた時が決済のタイミングとなります。 買いポジションのときは青色から赤色に変わった時。 売りポジションのときは赤色から青色に変わった時。 また逆にこれらのときに逆バリエントリーという方法でも良いでしょう
出典:fxtrend.jp

オーサム・オシレーター
出典:www.ifcmarkets.com

スポンサーリンク
レクタングル大