上昇ボックス型と下降ボックス型

前回の「ソーサートップとソーサーボトム」までは、天井圏・底値圏で出現するチャートパターンについてまとめました。

今回は、保ち合い相場(レンジ相場)で出現するチャートパターンである、上昇ボックス型と下降ボックス型についてまとめます。

上昇ボックス型

上昇ボックス型は、平行なサポートラインとレジスタンスラインの範囲内で価格が保ち合いを続けるパターンです。

箱のような形で推移するためボックス型と呼ばれ、上昇トレンドの調整局面で多く見られます。

ボックス相場では、上下の値動きを利用してサポートライン付近で買い、レジスタンスライン付近で売る投資手法が一般的です。また、上昇ボックス型では価格がレジスタンスラインを上抜けると値動きが加速する傾向にあるため、その瞬間が買いのポイントになります。

下降ボックス型

下降ボックス型は、下降トレンドの調整局面で見られるボックス型のパターンです。

上昇ボックス型と同様、下降ボックス型では価格がサポートラインを下抜けると値動きが加速する傾向にあるため、そこが売りポイントになります。

ボックス型は綺麗な水平線が引けない場合もありますが、値動きが水平に近い形になった場合はボックス型と判断することができます。

ボックス型の売買シグナル

上昇ボックス型

上昇ボックス型では、価格がレジスタンスラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断することができます。

一度価格がレジスタンスラインを上抜けると、今度はそのラインがサポートラインとなります。そのため価格がラインを一度上抜け、再度ライン付近まで下落してくるのを待って買うことも考えられます。

下降ボックス型

下降ボックス型では、価格がサポートラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断することができます。

ボックス型のターゲット

上昇ボックス型

上昇ボックス型では、サポートラインからレジスタンスラインまでの距離と同じ距離を上に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

下降ボックス型

下降ボックス型では、レジスタンスラインからサポートラインまでの距離と同じ距離を下に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

参考

もみ合いから次のトレンドを見極める
出典:stock.weblightenment.com

その形からもボックス型は一定の幅のレンジを形成し、水平ラインを引くことができます。上昇途中であれば上値抵抗ラインをしっかりブレイクします。このように綺麗な水平線が描けない場合もありますが、これに近い形になったらボックス型と考えてよいです。下落途中はその逆と考えてください。
出典:masatohappy.seesaa.net

スポンサーリンク
レクタングル大