FXでも使えるローソク足を利用したチャートパターン

チャートパターンは大きく分けると2つのタイプに分類することができます。

1つは天井圏や底値圏で出現し、トレンドの転換点を見つけるパターンです。

もう1つは、上昇トレンド・下降トレンドの途中で起きる保ち合い相場から、次の動きを予測するパターンです。

天井圏・底値圏で出現するパターン
保ち合い相場で出現するパターン

FXはインサイダー取引がなく、基本的に需給によって相場が動きますので、チャートパターンを見つけることができれば相場の次の動きを予測することができます。

もちろん100%の精度で予測することはできませんが、多くのトレーダーが注目している指標でもあるため、相場の流れを把握するためにも理解しておきたい知識といえます。

天井圏・底値圏で出現するパターン

ヘッド・アンド・ショルダーズ

ヘッドアンドショルダーズは3つの山(谷)からなるパターンです。真ん中の山(谷)が左右の山(谷)よりも高く、人の頭(ヘッド)と肩(ショルダー)に見えることからそう呼ばれています。

天井圏で出現するものをヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ、底値圏で出現するものをヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトムといいます。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップが出現した場合は売りシグナル、ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトムが出現した場合は買いシグナルと判断できます。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップとヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム

トリプルトップ・トリプルボトム

トリプルトップは、ヘッド・アンド・ショルダーズ同様3つの山からなりますが、全ての山がほぼ同じ高さで出現しているという特徴があります。

天井圏で出現するものをトリプルトップ、底値圏で出現するものをトリプルトップボトムといいます。

トリプルトップは高値を3度試すものの、上昇の勢いを継続できずに下落に転じます。トリプルボトムは、安値を3度試すものの、下降の勢いを継続できずに上昇に転じます。

トリプルトップとトリプルボトム

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップは同じような高さの2つの山からなるチャートパターンです。

天井圏で出現するものをダブルトップ、底値圏で出現するものをダブルボトムといいます。

ダブルトップが天井圏で出現した場合は売りシグナル、ダブルボトムが底値圏で出現した場合は買いシグナルと判断します。

ダブルトップとダブルボトム

ソーサートップ・ソーサーボトム

ソーサートップは天井圏で小さな上げ下げを繰り返しながら、上昇トレンドから下落トレンドへ転換するパターンです。日本では団子天井とも呼ばれます。

天井圏で出現するものをソーサートップ、底値圏で出現するものをソーサーボトムといいます。

ソーサートップでは価格がネックラインを下回った場合を売りシグナル、ソーサーボトムでは価格がネックラインを上回った場合を買いシグナルと判断します。

ソーサートップとソーサーボトム

Vトップ・Vボトム

Vトップはスパイクトップとも呼ばれます。上昇トレンドの終盤で価格が大きく急騰したあと、すぐに急落し、そのまま下降トレンドへ移行するパターンです。

天井圏で出現するものをVトップ(スパイクトップ)、底値圏で出現するものをVボトム(スパイクボトム)といいます。

VトップやVボトムは、そのままダブルトップ(ボトム)やトリプルトップ(ボトム)につながる事も多く、パターンとして見極めが難しいとされています。

Vトップ・Vボトム(スパイクトップ・スパイクボトム)

保ち合い相場で出現するパターン

上昇ボックス型・下降ボックス型

ボックス型は水平な上下のラインのあいだで保ち合い相場が続くパターンです。

ボックス相場では、上下の動きを利用して逆張りの売買をすることもできますが、上下どちらかのラインを抜けると、その方向に勢いが加速する傾向があるため、その瞬間を狙って売買判断をすることもできます。

上昇ボックス型と下降ボックス型

上昇三角型・下降三角型

三角型は、一方のラインが水平で、もう一方のラインが右上がりまたは右下がりの2本のラインの中で価格が保ち合いを続けるパターンです。

右上がりの三角型を上昇三角型と呼び、右下がりの三角型を下降三角型と呼びます。英語ではそれぞれアセンディング・トライアングル、ディセンディング・トライアングルとも呼ばれます。

上昇三角型では上限のライン(レジスタンスライン)を上抜けると買いシグナル、下降三角型では下限のライン(サポートライン)を下抜けると売りシグナルと判断できます。

上昇三角型と下降三角型【トライアングル】

上昇ペナント型・下降ペナント型

ペナント型は上下が対称に近い2本のラインのあいだで価格が保ち合いを続けるパターンです。

値動きが徐々に小さくなり、価格がレジスタンスラインを上抜けると買いシグナル、サポートラインを下抜けると売りシグナルと判断できます。

上昇ペナント型と下降ペナント型

上昇フラッグ型・下降フラッグ型

フラッグ型は、上下が平行な2本のラインのあいだで価格が保ち合いを続けるパターンです。

上昇トレンドの途中に出現する右下がりのパターンを上昇フラッグ型、下降トレンドの途中に出現する右上がりのパターンを下降フラッグ型と呼びます。

上昇フラッグ型では、上値と下値が同じような値幅で切り下がり、最終的にレジスタンスラインを上抜けたポイントが買いのポイントなります。
下降フラッグ型では、上値と下値が同じような値幅で切り上がり、最終的にサポートラインを下抜けたポイントが売りのポイントとなります。

上昇フラッグ型と下降フラッグ型

上昇ウェッジ型・下降ウェッジ型

ウェッジ型は上昇トレンドや下降トレンドの途中に見られるパターンと、トレンドの終盤で出現し、トレンド転換のサインとなるパターンの2種類があります。

上昇ウェッジ型ではサポートラインを下抜けた場合を売りシグナル、下降ウェッジ型ではレジスタンスラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断できます。

上昇ウェッジ型と下降ウェッジ型

チャートパターンに関連する書籍

FX チャートリーディング マスターブック ~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳

スポンサーリンク
レクタングル大