外貨預金の特徴とFXとの比較

昨日、「外貨定期預金の金利を銀行別に比較」という記事を書きましたが、併せて外貨預金についての詳細をまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

外貨預金とは

外貨預金とは「アメリカドル(米ドル)・ユーロ・イギリスポンド・豪ドル・NZドル・スイスフラン・南アフリカランド」などの外国通貨建て預金のことを指し、円預金と同様に普通預金と定期預金があります。

外貨普通預金と外貨定期預金の違いについては、「外貨定期預金の金利を銀行別に比較」で触れています。

外貨預金の場合、預けるときには「TTS」、引き出すときには「TTB」と呼ばれるレートが適用されます。これは為替手数料込みの為替レートと言えますが、これでは分かりにくいため、現在はどの銀行も為替手数料をホームページなどで明示しています。

外貨預金の特徴

外貨預金のメリット

①簡単に始められる

外貨預金は多くの銀行で取り扱われているので、すでに口座を開いている銀行などで簡単に始めることができます。

②円預金に比べて金利が高い

外貨預金の場合、金利は通貨(米ドル・ユーロ・ポンドなど)によって差があります。米ドル、ユーロなどは円預金と変わらず低金利ですが、豪ドルは円・米ドルなどと比べると高金利となっていますので、円や米ドルでの預金に比べて利回りが良くなります。

③為替差益を得ることができる

短期間で元金を大きくプラスにする可能性があるのは、金利ではなく「為替変動による為替差益」です。

長期的に見れば金利も重要ですが、数年程度での運用では金利のみで元金を大きく増やすのは難しいです。

先に、外貨預金で1年間運用した場合にどれだけ利息が付くかを計算していますので興味がある方はご参考ください。
外貨定期預金の金利を銀行別に比較

長期の運用ではなければ、金利の利回りよりも為替差損益のほうが大きくなりますので、高金利かどうかという理由だけではなく外貨預金を始めるタイミングが重要になります。

外貨預金のリスク

①ペイオフの対象外

万が一銀行などが破たんした場合には元金が返金されない可能性があります。1つの銀行で集中的に外貨預金を運用することは避けたほうが無難といえます。

②為替差損が発生する

外貨預金によって大きく元本割れする可能性があるのが為替変動によって、預け入れ時から円高水準になる「為替変動リスク」です。

元本を大きくプラスに出来るのか、大きく元本割れになってしまうのかは為替変動に大きく関係してくるといえます。

③為替手数料が大きい

預け入れの期間にもよりますが、都市銀行などでは金利よりも為替手数料のほうが大きくなります。

外貨定期預金の金利を銀行別に比較では為替手数料も含めた利息の計算もしていますが、1年ほどの運用では元本割れする可能性のある銀行もあります。

為替予約

為替リスクを回避するため、将来の特定の日(期間内)の為替相場をあらかじめ決めることを指します。

外貨定期預金の場合、満期日前に予め満期日時点の為替相場について為替予約を締結し、それによって満期日の損益を確定させることができます。

為替予約は、満期日の前営業日までいつでも行うことができますが、一度締結した為替予約の取消・変更はできません。

予約する為替レートは、為替予約締結時点の相場情勢によって決定されますので、予約をした時点より満期日の方が円安や円高になっていたとしても予約時のレートが適用されるため、結果的に為替差益が小さくなったり、為替差損が大きくなることがあります。


出典:allabout.co.jp

税金

<利息に対する税金>

外貨預金の利息は、利子所得として扱われます。

利息に対する税金は、FXとは異なり源泉分離課税であり確定申告の必要がありません。

税率は20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)となります。

<為替差益に対する税金>

外貨預金の為替差損益は、雑所得として取り扱われます。

予約レートを設定していた場合の為替差益については源泉徴収課税となり確定申告の必要はありません。

予約レートを設定していない場合の為替差益については総合課税となります。確定申告の対象となり、確定申告の際には、雑所得として計算します。

所得税については5~40%。住民税については10%の固定の税率がかかります

為替差損については課税されません。為替差損がある場合、他に雑所得となるものがあれば、雑所得の計算の中でその損失を相殺することができます。


出典:www.geocities.jp/yasasikukaitou

リスクを抑える

リスクを抑えるには、大きく2つの対策が考えられます。

・値動きの異なる通貨を組み合わせたポートフォリオで為替変動リスクを緩和する。
・預け入れのタイミングをずらすことで、為替変動リスクを緩和する。

外貨預金とFXの違い

上記の外貨預金の特徴も踏まえて、FXとの違いをまとめています。

外貨預金FX
取扱機関銀行・信託銀行証券会社・FX専業会社
為替手数料
スプレッド
5銭以上0.3〜1銭
取引時間ネット銀行であればFXとほぼ同じ土日を除く24時間
金利の受け取り満期時または解約時スワップ金利として毎日受取
レバレッジ1〜25倍なし
取引方法買いのみ売りと買い両方可能
資産管理ペイオフの対象外全額または一部信託保全が義務付け
取引通貨基本はメジャー通貨(対円)10〜50通貨ペア
為替差益の発生円安時のみ円高・円安時両方可
取引期限外貨定期預金は満期ありなし
リスク為替変動、レバレッジなど為替変動、金利など

為替手数料/スプレッドの違い

FXの手数料にあたるスプレッドと外貨預金の為替手数料を比較してみると、FXのほうが手数料が割安であることが分かります。

「外貨定期預金の金利を銀行別に比較」から現在の外貨定期預金の為替手数料はジャパンネット銀行の片道5銭が最安ですが、FX会社ではSBI FXトレードの0.27銭が最安で、およそ16倍手数料に差があります。

レバレッジの有無

FXではレバレッジが25倍まで利用できますが、外貨預金にはレバレッジがありません。

レバレッジをかければ大きな利益を上げることが可能な反面、大きな損失を抱えてしまうことがありますので、レバレッジをどう捉えるかというのは運用に対する考え方次第かと思いますが、レバレッジを1倍で取引を行えば、他の条件と比較して外貨預金よりもFXのほうが運用には最適といえます。

スワップ金利

スワップ金利は各国の金利情勢により日々変動しますし、FX業者によっても異なりますので、一概に外貨定期預金の金利とFXのスワップポイントどちらが有利とはいえませんが、平均してFXのスワップ金利のほうが外貨定期預金の金利よりも高くなっています。

取引方法

FXでは売りと買い両方で取引が可能ですので、円安になっても円高になっても為替差益を得ることができますが、外貨預金の場合、預け入れ時よりも円安にならなければ為替差益を得ることができません

取引通貨

FXではマイナーな通貨の組み合わせも取引をすることができますが、外貨預金では取引できるのはメジャー通貨に限られます。

ただしマイナー通貨はマーケットが小さく流動性も低いため、取引通貨という点では外貨預金もFXもほぼ同じ条件といえます。

まとめ

当初私は外貨預金というのは、FXと違い金利の高さによって利回りを得るものだとばかり考えていたのですが、こうしてまとめて見ると外貨預金もFXと同様為替差益で元手を増やすものなのだなあというのがよく分かります。

FXでも外貨預金の為替予約に該当するようなヘッジ取引も出来るようですので、外貨預金とFXの違いを比較してみた限りでは、FXのほうが柔軟性があり運用もしやすい印象があります。

FXの為替ヘッジの方法についてもいずれまとめてみたいと思います。

参考

日本円を「アメリカドル(米ドル)・ユーロ・イギリスポンド・豪ドル・NZドル・スイスフラン・南アフリカランド」など、外国の通貨に換えて預け入れる
出典:gaika-bank.com

円預金と同様に外貨預金にも外貨普通預金と外貨定期預金があります。

外貨預金の場合、預けるときには「TTS」、引き出すときには「TTB」と呼ばれるレートが適用されます。これは外国為替手数料(為替手数料)込みの為替レートと言えます。

ただ、これでは分かりにくいので、現在はどの銀行も為替手数料を明示しています。
出典:allabout.co.jp

外貨預金の場合は通貨(米ドル・ユーロ・ポンドなど)によってかなり差があり、米ドル、ユーロなどは円預金の金利と変わらず低金利となっていますが、豪ドルは普通預金で1%前後、定期預金であれば2.5%の金利の銀行もありますので、日本円で資産運用するよりも遥かに利回りが良くなるのです
出典:www.gaika-bank.com

外貨預金は多くの銀行で取り扱われているので、すでに口座を開いている銀行などで簡単にスタートできます。
出典:allabout.co.jp

外貨預金で短期間で元金がプラスになる可能性があるのは実は金利ではなく「為替変動による為替差益」なのです。
出典:www.gaika-bank.com

いわゆるペイオフの対象外だという点は外貨預金のデメリット
出典:allabout.co.jp

「いくら高金利といっても為替変動による為替差益、為替差損のほうが大きくなる」ので、高金利というだけで外貨預金を始めるのではなく、いまが外貨預金を始めるタイミングか?なぜその国の通貨を選んだのか?など、外貨預金をする理由、始める理由をよく考えることが非常に大切なのです!
出典:www.gaika-bank.com

外貨預金によって大きく元本割れする可能性があるのが為替変動によって、預け入れ時から円高水準(1ドル100円⇒99円方向〜)になること、いわゆる『為替変動リスク』です。
出典:www.gaika-bank.com

為替予約とは、満期日にいくらの為替レートで外貨と円を交換するのかをあらかじめ予約する取引です。予約する為替レートは、締結時点の相場情勢によって決定され(締結日のTTBレートとは異なります)、満期日の円での受取額を確定させることができます。

為替予約は、満期日の前営業日までいつでも行うことができますが、一度締結した為替予約の取消・変更はできません。
出典:www.mizuhobank.co.jp

外貨預金の利子は、利子所得として扱われます
外貨預金の為替差損益は、雑所得として取り扱われます。

◆ 課税方式と税率
予約レートを設定していた場合の為替差益については、源泉分離課税となります。
20%(所得税15%+住民税5%)の源泉徴収が行われ、そこで課税関係は終了となります。
確定申告の対象とはなりません。

※予約レートを設定している外貨預金の為替差益の取り扱いについては、平成17年4月の「源泉所得税の改正のあらまし」(国税庁)
に記載されています。

予約レートを設定していない場合の為替差益については、総合課税となります。
確定申告の対象となり、確定申告の際には、雑所得として計算します。
所得税については5~40%、住民税については10%の固定の税率がかかります。

為替差損については、予約レートを設定していてもしていなくても課税されません。
為替差損がある場合、他に雑所得となるものがあれば、雑所得の計算の中でその損失を相殺することができます。
出典:www.geocities.jp

①源泉分離課税
受け取る「利息」にかかります。税額は円預金と同じ20.315% (国税15.315%、地方税5%)です。
※ 2013年1月1日以降に受け取る利息には復興特別所得税が課され、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)となります。
②為替差益 / 為替差損には雑所得として課税
・ 為替差益/差損は雑所得として確定申告をする必要があります。
→ 差損のみで他に雑所得が無ければ申告不要
→ 年収2,000万円以下の給与所得者で、給与所得および退職所得以外の所得が為替差益を含めて年間20万円以下の場合は申告不要
・ 為替差損は雑所得から控除することができます。
出典:rakuten-bank.co.jp

リスクを抑えるには、大きく2つの対策があります。1つは、値動きの異なるものを組み合わせるとリスクを小さくすることができるという性質を活かして、複数の通貨を組み合わせること(通貨の分散)。

もう1つは、預ける時期を分けたり、引き出す時期を分けたりすること(時間の分散)です。
出典:allabout.co.jp

外貨預金と外国為替証拠金取引(FX)の違い
出典:www.lfx.jp

スポンサーリンク
レクタングル大