ディズニーの七五三ってどうだった? ディズニーランドでの七五三の体験談と口コミ

「ディズニーランドでの七五三に興味はあるけど、実際はどんな体験ができるんだろう?うちの子も楽しめるかな?」

そんな想いをお持ちのパパ・ママさんも多いのではないでしょうか?

体験談からは、一生の思い出に残る体験になったとともに、ディズニーランドでの七五三は3歳よりも5歳、7歳の時のほうがおすすめかな?という印象も受けました。

この記事では、ディズニーランドでの七五三についての口コミをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

1. スタジオでの撮影に飽きてディズニーランドへ。予算オーバーでも価値のある七五三に

5歳の娘と7歳の娘の七五三を考えていました。

その上に息子もいるのですが、息子が3歳の七五三から毎回、家族みんなで写真スタジオで七五三撮影をお願いしていました。

もう何回も同じスタジオで撮影していたので、娘も含めて家族全員なんとなく飽きていました。

記念に残したくて撮影していたので、「そのままいつも通り」でも良かったのですが、何か別の方法で記念に残るようなことをしたいと思いました。

違うスタジオで撮影することも考えましたが、みんな乗り気ではなく、特別な思い出を作る方法を考えた結果、ディズニーランドで七五三を思いつきました。

何より娘たちが行きたがっていた場所。

スタジオでの撮影料と比べるとかなり予算オーバーでしたが、それでもそれだけの価値がある七五三になりました。

パパカメラマンでしたが、どこで撮影しても絵になる写真が撮れ、拡大プリントして額に入れると十分でした。

あとから見てもわかるように、5歳の娘には5枚の花びらのブローチ、7歳の娘には7枚の花びらのブローチを付けて、ディズニーランドで七五三は大成功でした

2. 初ディズニーランドで七五三。チップとデールと記念写真が撮れた

2年前の娘が3才の時に、兼ねてから計画していた娘の初ディズニーランドに伺うことにしました。

ちょうど、七五三だったこともあり、どうせなら着物で行って「もしかしたらミッキーにお祝いしてもらえるかも知れないと」娘もワクワクしておりました。

ディズニーランドに到着すると、周りの人達から、不思議そうな視線がありました。

「ちょっと失敗したかな?」と思いましたが、キャストの方々の暖かいお声に励まされ、行く先々で「可愛い」「おめでとう」の声をかけていただき、ミッキーには会えませんでしたが、チップとデールと一緒に写真を撮れて、娘もとてもご満悦になることができました

3. スタジオでの硬い笑顔ではない、子供の自然な笑顔の写真を残せました

私の住む地域では、男の子の七五三は五歳のみだったので、三歳はやらない予定だったのですが、写真撮るくらいはしようとなり、写真館ではなく、息子がハマっていたディズニーキャラクター達との写真を撮ろうと思い、ディズニーランドへ袴を着て行きました。

写真館だと時間がかかったり、飽きてしまってグズる息子なのですが、ディズニーランドだとグズることもなく、ワクワクしながら並んでくれました

ミッキーとは確実に撮りたいと思ったので、ミートミッキーに行きました。

「七五三で来た」と伝えると、キャストさんもミッキーもお祝いしてくれて、息子もとても喜んでいました。

その後は、歩きながら写真を撮ったり、キャラクターが居たら一緒に撮ってもらったりして、沢山の写真が撮れました。

普段はなかなか目線が合わず、中途半端な写真も多いのですが、この日ばかりは息子もテンションが上がっていたからか、目線もバッチリでしたし、自然な笑顔、ワクワクした顔、驚いた顔など、様々な表情の写真が撮れました。

疲れてしまった時は、レストランでフードを食べながら休憩したり、乗り物に乗ったりして七五三を満喫するだけでなく、園内も楽しむことができました。

写真館で硬い笑顔の写真を残すより、とても可愛らしく、自然な写真ばかりになり、ディズニーランドを選んで良かったと思います。

写真館が苦手なお子さんには特にオススメです。

4. 午前中は写真撮影、午後はアトラクションを楽しめました

娘が3才のときにディズニーランドで七五三をしました。

大好きなディズニーを着物で歩き、パークのスタッフさんやまわりの方々におめでとう!と言われ、娘は笑顔が絶えない1日となりました。

しかし1日中着物で歩くのは大変だと思い、着替えを持っていきお昼過ぎには着替えました。

その方が子供も思いきり遊べて、着替えを持っていって正解でした。

なので、午前中は写真を撮ったり食事をしたりして、アトラクションで遊んだりするのは着替えた午後からとかにすると良いと思います

うちはジジババも一緒に三世代で行ったので、尚更この予定でよかったです。

食事はせっかくの七五三なのでキャラクターと写真が撮れるレストランを予約しました。

予約してあったのでスムーズに席にもつけましたし、オススメです!

一生に一度の七五三を特別な場所でお祝いできたこと、家族みんなの笑顔が溢れて子供も親も本当に満足でした

5. プリンセスが大好きな娘は、本当に魔法にかかったような体験をさせてもらいました

7歳の娘の七五三のお祝いで今年8月にディズニーランドでお祝いをしてきました。

そこでおすすめなのが、ビビディバビディブティックです。

娘はプリンセスが大好きで、憧れのシンデレラになるのをずっとたのしみにしていました。

お化粧から髪の毛、ネイルもやってもらえほんとに魔法にかかったような体験をさせて頂きました

セットして頂いたスタッフの皆さん、カメラマンの皆さんがとても優しく色々な話をして緊張をとって頂きました。

スタジオで写真撮影もあり、記念に残るアルバムも出来上がりました。

ドレスを着てそのままディズニーランドへ。

まわりの方々からは可愛いと言って頂き、スタッフの方からはプリンセス扱いをされ、娘はとっても良い気分。

こんな七五三を娘は一生の宝物になったと思います。

6. きちんとした写真が欲しい場合はキャッスルコースがおすすめ!

女の子に限られてしまうかもしれませんが・・・。

子ども(女の子)が7歳の時にディズニーランドで七五三のお祝いをしました。

パーク内では当然動き回るので着物ではなく、衣装等はディズニーランドホテルのビビディ・バビディ・ブティックで、ドレス・シューズ・メイクアップ等がセットになったキャリッジコースをお願いしました。

当時で2万円ちょっとでした。選んだプリンセスはシンデレラです。

フォト付きのキャッスルコースもあるのですがお値段が高く時間もかかるので・・・ホテルの式場側にあるのシンデレラの絵の前で記念に写真を撮らせてもらいました。

でも、きちんとした写真が欲しい場合はキャッスルコースをお願いした方が良いと思います。

その後パークに入園したのですが、ビビディ・バビディ・ブティックのドレスを着ていることもあって、いつも以上にキャストの方々やキャラクターにまでとても良く接してもらいました

今でも楽しい七五三の思い出になっています。

神社で正式に・・・も良いですが、このような七五三も楽しいですね。

7. 嬉しかったのはグリーティングしているキャラクターが気付いてくれて、娘と遊んでくれたこと

当時年間パスポートを持っていたので、娘が3歳の七五三でディズニーランドへ行きました。

午前中に近所の神社に行ってからだったので、午後からのインパークでした。

着物姿が珍しいので、とても目立つせいかキャストさんはもちろん、他のゲストの方々からも「おめでとう」や「可愛いね」と声をかけてもらえました

目立ちたがりの娘は終始ごきげんでした。

何より嬉しかったのはグリーティングしているキャラクターが気付いてくれて、娘と遊んでくれたことです。

その後シンデレラ城前や、ミッキーの家でミッキーと写真を撮って、記念になることを一通りやったあとは着替えを持っていたので、着替えました。

やはり3歳の子には着物は大変だったみたいです。

脱いだ着物はロッカーに預けました。

もし着物のままでパークにいるとしたら、靴だけでも持参した方が無難です。

あと、食事の際着物が汚れないようにスタイなども必要かと思います!

一生に一度の子供のお祝い事なので、いい記念になりました。

ディズニー七五三とってもおすすめです。

まとめ

ディズニーでの七五三の口コミをまとめてみました。

やっぱり「一生の思い出になった」という声が多いですね。

一方で、3歳の七五三では着物で歩き回るのはすぐに疲れてグズってしまうという声もいくつかありました。

女の子では7歳だと、プリンセスが好きな女の子にとっては最高の思い出に残るみたいですね。

ディズニーランドでの七五三は、少し成長した5歳や7歳の子のほうが、楽しい思い出として記憶に残してもらえるかもしれませんね!

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!