ダブルトップとダブルボトム

前回は「トリプルトップとトリプルボトム」についてまとめました。

今回は、トリプルトップ・ボトムに比べると出現頻度の高いチャートパターンであるダブルトップとダブルボトムについてまとめます。

ダブルトップ

ダブルトップは、上昇トレンド終了時(天井圏)に多く見られるチャートパターンの一つで、同じような高さの山が2つ並ぶように出現します。

ヘッド・アンド・ショルダーズやトリプルトップ(ボトム)と比べて出現頻度が多いという特徴があります。

また、2つの山のあいだの谷に対して水平に引いた線をネックラインと呼びます。

上昇トレンドが続いた後、価格が高値をつけて下落し、1つ目の山を形成します。その後再度上昇し1つ目の山と同じ水準まで上昇するものの、再度下落を始め、ネックラインを下抜けると下降トレンドへと移行します。

ダブルトップパターンが形成されていることを判断するのは、価格がネックラインを下抜けた時点となります。

ダブルボトム

ダブルトップと逆の形状で、同じような高さの2つの谷で構成されています。下降トレンド終了時(底値圏)に多く見られるパターンです。

下降トレンドが続いた後、価格が安値をつけて上昇し、1つ目の谷を形成します。その後再度下落し1つ目の谷と同じ水準まで下落するものの、再度上昇を始め、ネックラインを上抜けると上昇トレンドへと移行します。

ダブルトップ(ボトム)の売買シグナル

ダブルトップ

ダブルトップでは、価格がネックラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断します。

ダブルボトム

ダブルボトムでは、価格がネックラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

ダブルトップ(ボトム)のターゲット

ダブルトップ

ダブルトップでは、2つの山の最高値からネックラインまでの距離と同じ距離を下に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

下図では、価格がターゲットに届く前に大きく反発し、レジスタンスとなるネックラインを上に抜けています。

ストップロスをネックラインの上に設置していた場合は、ターゲットに到達する前にロスカットとなってしまうことから、売買の判断には注意が必要です。

ダブルボトム

ダブルボトムでは、2つの谷の最安値からネックラインまでの距離と同じ距離を上に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

ダブルトップ(ボトム)の注意点

ダブルトップ・ダブルボトムの判断は、価格がネックラインを超えた時点となります。同じような高さの山や谷が並んでいるだけでは、天井圏・底値圏とは判断できませんので注意が必要です。

参考

このダブル・トップやトリプル・トップ、ヘッド・アンド・ショルダーは見た目にも分かりやすい形をしています。ただし、「山が2つできたから」「山が3つだから」ということで、天井圏だというわけではありません。
出典:www.nomura.co.jp

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!