エルダー線の見方と使い方

前回は「CCI(Commodity Channel Index)の見方と使い方」についてまとめました。

今回は、買いと売りの力を視覚化したテクニカル指標であるエルダー線についてまとめてみたいと思います。

エルダー線とは

エルダー線は、1989年にアレクサンダー・エルダーが考案したオシレーター系のテクニカル指標です。

買おうとする力(ブルパワー)と売ろうとする力(ベアパワー)を指数移動平均との乖離を用いて計算し、視覚化したものです。

エルダー線の見方

エルダー線は、ブルパワーベアパワーの2つの指標で構成されます。

ブルパワーの値が0以下では中立、0以上の時は強気相場と見ます。

一方、ベアパワーの値が0以上の時は中立、0以下の時は弱気相場と判断できます。

エルダー線の計算式

エルダー線のブルパワー・ベアパワーはそれぞれ以下のように計算します。

ブルパワー = 高値 - 指数移動平均
ベアパワー = 安値 - 指数移動平均

エルダー線の売買シグナル

買いシグナル

以下の3つの条件がそろった場合を買いシグナルと判断します。

  • ベアパワーが0より下で上昇している
  • ブルパワーの直近の高値が前回の高値を上回っている
  • ベアパワーが価格との強気のダーバージェンスを形成して上昇している

売りシグナル

以下の3つの条件がそろった場合を売りシグナルと判断します。

  • ブルパワーが0より上で下降している
  • ベアパワーの直近の安値が前回の安値を下回っている
  • ブルパワーが価格との弱気のダーバージェンスを形成して上昇している

エルダー線をMT4で表示する

エルダー線のカスタムインジケーターは以下のサイトよりダウンロードできます。

エルダー線 ダウンロード

期間の初期設定値は13(日間)となっています。

参考

エルダー線
出典:tasfx.net

Elder-Ray(エルダー線)
出典:www.moneypartners.co.jp

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大