エリオット波動理論【基本編】

前回は「ダウ理論とトレンド判定」について記事を書きました。

今回はエリオット波動理論の基礎についてまとめてみます。

エリオット波動理論とは

エリオット波動理論とはラルフ・ネルソン・エリオット氏が考案したテクニカル分析手法で、一言でいうと「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある」という考え方をいいます。

この理論は、「5つの上昇波」(上昇5波)と「3つの下降波」(下降3波)の合計8つの波で構成され、その8つの波が1つのサイクルとなり相場が展開されます。


<エリオット波動の8つの波>


①〜⑤:上昇5波
A〜C:下降3波

推進波と調整波

上昇5波、下降3波はさらに推進波調整波から構成されます。

推進波

推進波とは、大きな波と同じ方向に動く波動をいいます。

調整波

調整波とは、大きな波と逆の方向に動く波動をいいます。

エリオット波動理論の基本形

上昇5波

上昇5波は、3つの推進波と2つの調整波から構成されます。

波動のうち、①・③・⑤が推進波、②と④が調整波となります。

①〜⑤のそれぞれの波動の特徴は以下のとおりです。

①第1波

下降トレンドが終了し、横這いのや底堅い値動きから新規の買いが入り始めます。相場の転換点は打診買いで一時的な急騰になることが多く、時間的には長く続くことなく終了します。

②第2波

初回の調整波であり、下降トレンドの延長と見られることも多い段階です。第1波の大半を打ち消す強い動きとなりますが、第1波の安値を割り込むことはありません。

③第3波

一般的に最も勢いが強く、波動も長くなります。調整も浅く、ダウ理論の追随期と同様、多くの投資家が相場に参加する段階です。

④第4波

横這いの動きも多く見られる典型的な調整波です。第2波の調整幅が小さかった場合はこの第4波が大きくなります。また第2波の形状が単純だった場合は第4波の形状が複雑になるとされており、この現象をオルタネーションといいます。

⑤第5波

ダウ理論の利食い期と同様、第1波で仕掛けていた投資家が利食いを始める段階です。一方で一般の投資家は強気でもありますが相場の転換のサインも出始めます。高値の更新に失敗すると下降トレンドに転換する可能性が高くなります。

下降3波

下降3波は、2つの推進波と1つの調整波から構成されます。

波動のうち、A・Cが推進波、Bが調整波となります。

A〜Cのそれぞれの波動の特徴は以下のとおりです。

A波

利食い売りや新規売りポジションが入り始める段階です。投資家も強気であることが多く、一時的な調整と見なされることが多いものの、売りが加速し短期間の内に大きく下げることがあります。

B波

下降トレンドの調整で一時的に戻しますが、勢いは第2波ほど強くありません。買い持ちを解消する最後の機会にも、新規戻り売りエントリーの機会ともなる段階です。A波の下落の反動で買いが入ることもあり、この買いが次のC波の下落を大きくする売り圧力となります。

C波

下降トレンドが決定的となる段階です。A波の安値、第4波の安値など節目を下抜くと加速度的に下降します。多くの投資家が新規売りで入ることを考える段階です。

エリオット波動理論の3つの原則

エリオット波動理論には以下の3つの原則があります。

  • 第1、3、5波の上昇で第3波が一番短くなることはない
  • 第2波の安値は第1波の安値を下回ることはない
  • 第4波の調整波の安値が第1波の高値を上回ることはない

第1、3、5波の上昇で第3波が一番短くなることはない

第1、3、5波のうち第3波が一番短くなることはありません。第3波が一番短くなるようであれば分析開始価格を修正する必要があります。

第2波の安値は第1波の安値を下回ることはない

第2波の安値が第1波の安値を下回ることはありません。第2波の安値が第1波の安値を下回るようであれば分析開始価格を修正する必要があります。

第4波の調整波の安値が第1波の高値を上回ることはない

第4波の調整波の安値が第1波の高値を上回ることはありません。第4波の調整波の安値が第1波の高値を上回るようであれば各波動の数え方を見直す必要があります。

エリオット波動理論とフィボナッチ

フォボナッチ数列とは

フィボナッチ数列とは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏が発見した数列です。

1+1=2,1+2=3,2+3=5,3+5=8,5+8=13・・・というようにイコールに隣接する数字が、次項の和になっていく数列で、これらの数列を直前の数値で割り算をしていくと、最終的に1.618に近づいていきます。

この数値が黄金比率と呼ばれる人間にとって最も安定し、美しいとされる比率である1:1.618に一致します。

自然界のさまざまな物質や現象に一致するフィボナッチ数列を、相場に応用するという考え方がエリオット波動理論の出発点です。

主に、値幅などをフィボナッチ比率にあてはめ、一時的な戻りの目標価格や利食いポイントなどを判断するために利用されます。

相場で利用されるフィボナッチ比率

  • 黄金比率で用いられている1.618の逆数(分母を大きい数字にする)・・0.618
  • フィボナッチ数列の1つおきに比率を出し最終的に近づく2.618の逆数・・0.382
  • フィボナッチ数列の2つおきに比率を出し最終的に近づく4.236の逆数・・0.236

この数値が基準となり、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、123.6%、138.2%、161.8%が相場の分析に用いられます。

特に38.2%50.0%61.8%は、信頼度が高い数値になります。

エリオット波動論とフィボナッチリトレースメント

フィボナッチ数列を用いたテクニカルツールの代表的なものにフィボナッチリトレースメントがあり、一時的な戻りの目標価格や利食いポイントなどを判断するために利用されます

フィボナッチリトレースメントでは、フィボナッチ比率に基づいた38.2%、61.8%と補足的に50%の水準がよく用いられます。

強いトレンドの場合は、38.2%前後の戻りにとどまり、弱いトレンドの場合は、半値戻し50.0%前後又は61.8%前後まで戻ります。

それ以上戻る場合には、このトレンドの起点となったポイントまで全て戻るという考え方が一般的です。

具体的には、任意の直近の高値(安値)と安値(高値)を結び、その下降(上昇)幅を38.20%、50.0%、61.80%で分割し、「戻り」の目標値を算出します。

上図では、左側の下降トレンドを第1波と考えた場合、61.80%付近まで戻しがあるため、第3波の戻り売りを(あ)の地点で仕掛けることができます。

また、右側の上昇トレンドにおいて安値から第1波・第2波を経て、(あ)の地点までを第3波と考えた場合、第4波は38.20%まで戻していると考えられるため、押し目買いを(い)の地点でおこなうこともできます。

同様に(え)の地点でも押し目買いをおこなうことができます。

上図は一見すると、エリオット波動の形である第5波以上の波動が表示されているように見えますが、エリオット波動理論では、内部波がエクステンション(延長)したと捉えます。

エクステンションについては明日の記事にて取り上げたいと思います。

参考

第1波 :下落トレンドの終了を示す指標がでて、市場心理に変化が出始める。売りポジションの解消に伴い上昇するが、ファンダメンタルズ的にはネガティブである。横這いのや底堅い値動きから新規の買いも入り始める。相場の転換点は目先筋の打診買いで概ね一時的な急騰になることが多く、時間的には長続きしないことが多い。

第2波 :最初の修正波であり、下落相場の延長と見られることも多い段階でファンダメンタルズも以前ネガティブなニュースを含む。下げは、第1波の61.8%(フィボナッチ数列 に因む)程度までの修整で収まることが多い。61.8%を超える調整は下落相場が続いているとも見れるのでこの水準を分水嶺に警戒して望む必要がある。

第3波 :ファンダメンタルズが好転し、アナリストの評価も見直される段階で強気相場が徐々に支持され始める。5つの波動の中で出来高が多く、この第3波が最も長く伸びる。また、この段階でエクステンション が起こることもある。この波動による上昇幅は、 第2波での下落幅の1.382~1.618倍(フィボナッチ数列 に因む)程度、エクステンションが起こると2.618から4.236倍になることがある。

第4波 :典型的な修正波であり、第3波の38.2%(フィボナッチ数列 に因む)から61.8%程度の修整で収まることが多い。もしも、それ以上の調整があれば、第2波の延長とも考えられる。
第2波の調整幅が小さかった場合は第4波が大きくなる。第2波の形状が単純の時は第4波が複雑な波になることが多い。この現象をAlternation(オルタネーション)という。具体的には第2波がジグザグの時は、第4波はトライアングルになるなど一つの相場において同じパターンを繰り返さない法則性を見出すことができる。

第5波 :ファンダメンタルズは概ねポジティブで市場参加者も強気である。しかし、第3波よりも出来高、値幅ともに劣る。またモメンタム指標がダイバージェンス を示すことも増え、相場の転換を警告するようになる。高値の更新に失敗すると弱気相場に転換する可能性が高くなる。
市場参加者の楽観傾向によりエクステンションすることも多い。この波は第4波の下落幅に対して1.618倍に収まることが多い。しかし、エクステンションにより第3波全体の上昇幅の1.618倍以上になることもある。

a波 :この段階では以前、ポジティブな見方が大勢を占め、積極的な市場参加者も多い。価格下落時に出来高が増えることもある。 悪材料が再認識され、利食い売りや新規売りポジションも 入り始める。第5波の上昇過程で市場参加者の多くが買いポジションに傾いている為、売り需要を受け止める買い手が少ない為に、短期間の内に大きく下げることになる。

b波 :下落相場の調整で戻るが、弱く、出来高も少ない。買い持ちを解消する最後の機会とも、新規戻り売りエントリーの機会なる。チャートパターンでは三尊の右山、ダブルトップの右頭となる。
つまり第5波の高値を超えることはないのが通常である。
a波の下落の反動で値ごろ感から買いが入ることもあり、この買いが次のc波の下落を大きくする売り圧力となる。

c波 :下落相場を決定付ける。三尊の右肩となる。a波の安値、第4波の安値など節目を下抜くと加速度的に、出来高を伴い大きく下降する。市場参加者の大半が上昇トレンドの終了を認識している為買いが入りにくく、トレンドフォロワーは新規の売り建てを入れ始める。
下げ幅は、第1波から第5波の上昇幅の50~61.8%になることが多い
出典:cardamon.onmitsu.jp

●第1、3、5波の上昇で第3波が一番短くなることはない。
●第1波の上昇を完全に打ち消すような第2波の下落はない。
●第4波の下落が第1波の波の頂点を下回ることはない。
出典:www.gaitameonline.com

エリオット波動原理の三原則
出典:cardamon.onmitsu.jp

フィボナッチ数列は、,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987,1597・・・といった数列です。
1+1=2,1+2=3,2+3=5,3+5=8,5+8=13・・・というようにイコールに隣接する数字が、次項の和になっていく数列です。
これらの数列を直前の数値で割り算をしていくと、最終的に1.618に近づいていきます。
この数字が黄金比の数値1:1.618に一致します。

・黄金比率で用いられている1.618の逆数(分母を大きい数字にする)・・・0.618
・フィボナッチ数列の1つおきに比率を出し最終的に近づく2.618の逆数・・・0.382
・フィボナッチ数列の2つおきに比率を出し最終的に近づく4.236の逆数・・・0.236

この数値が基準となり、23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%、123.6%、138.2%、161.8%が相場の分析に用いられます(上昇率・下降率にこの数値を当てはめる)。
フィボナッチがさまざまなことに当てはまるように、不思議と相場の動きの根源である群集心理にも反応します。
相場に当てはめることで、トレンド発生時の買い目、売り目の判断基準になり、特に38.2%と61.8%は、信頼度が高い数値になり、特に注目をされている数値になります。
出典:topicsfaro.com

フィボナッチリトレースメントでは、フィボナッチ比率に基づいた38.2%、61.8%と補足的に50%の水準がよく用いられます。

強いトレンドの場合は、38.2%前後の戻りにとどまり、弱いトレンドの場合は、半値戻し50.0%前後又は61.8%前後まで戻ります。それ以上戻った場合には、このトレンドの起点となったポイントまで全て戻るという考え方が一般的です。

具体的には、任意の直近の高値(安値)と安値(高値)を結び、その下降(上昇)幅を38.20%、50.0%、61.80%で分割し、「戻り」の目標値を算出します。
出典:www.fxtsys.com

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!