フィボナッチリトレースメントの引き方・使い方

前回は、「ポイント&フィギュアの見方と売買シグナル」についてまとめました。

今回は、トレンドの押し目や戻りのポイントを判断する際に有効なフィボナッチリトレースメントについてまとめます。

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントとは、相場の押しや戻りの目標価格を予測するテクニカル指標です。

「相場が一定の割合で反発・反落した後は、本来の方向へ値動きを続ける」という考えに基づき利用されます。

フィボナッチリトレースメントの見方

フィボナッチリトレースメントでは、38.2%、50.0%、61.8%といった数値を、相場の押しや戻りのポイントとして判断します。

強いトレンドの場合は、38.2%前後の戻りにとどまり、弱いトレンドの場合は、50.0%前後又は61.8%前後まで戻します。それ以上に戻った場合には、このトレンドの起点となったポイントまで戻ると考えます。

上図では、直近の高値と安値を結んだ下降トレンドの38.2%と61.8%が戻りのポイントとなっているのが分かります。(高値は図には表示されていません)

フィボナッチリトレースメントの引き方

上昇トレンド

フィボナッチリトレースメントを上昇トレンドに引く場合は、安値を起点、高値を到達点として引きます。

下降トレンド

フィボナッチリトレースメントを下降トレンドに引く場合は、高値を起点、安値を到達点として引きます。

フィボナッチリトレースメントの計算式

フィボナッチリトレースメントの目標値は、高値と安値の間の割合を算出します。

例えば豪ドル円の高値が90.725、安値が79.177の下降トレンドの場合を考えてみます。

この場合38.2%・50%・61.8%の値は、高値と安値の差である11.548にそれぞれの割合をかけ、その数値を安値に加算して算出します。

79.177 + (11.548 × 38.2%) = 83.588336
79.177 + (11.548 × 50.0%) = 84.951
79.177 + (11.548 × 61.8%) = 86.313664

上昇トレンドの場合は、高値からの戻り値を計算することになります。

フィボナッチリトレースメントの売買シグナル

買いシグナル

上昇トレンド内で、高値(フィボナッチリトレースメントの終点)から23.6%、38.2%、50.0%まで戻した場合を買いシグナルと判断します。

売りシグナル

下降トレンド内で、安値(フィボナッチリトレースメントの終点)から23.6%、38.2%、50.0%まで戻した場合を売りシグナルと判断します。

フィボナッチリトレースメントに関連する書籍

フィボナッチ逆張り売買法 (ウィザードブックシリーズ)

フィボナッチブレイクアウト売買法 (ウィザードブックシリーズ)

DVD 最適な売買ポイントを予見するフィボナッチスイングトレード (DVD)

参考

フィボナッチ・リトレースメントは、市場が、予測可能な一定割合の反発/反落の後、本来の方向への値動きを続ける、という考えに基づいている。
出典:ja.wikipedia.org

フィボナッチリトレースメントでは、フィボナッチ比率に基づいた38.2%、61.8%と補足的に50%の水準がよく用いられます。

強いトレンドの場合は、38.2%前後の戻りにとどまり、弱いトレンドの場合は、半値戻し50.0%前後又は61.8%前後まで戻ります。それ以上戻った場合には、このトレンドの起点となったポイントまで全て戻るという考え方が一般的です。
出典:www.fxtsys.com

上昇トレンド中の高値から、23.6%、38.2%、50.0%のラインまで下がったら押し目買い
下降トレンド中の安値から、23.6%、38.2%、50.0%のラインまで上がったら戻り売り
出典:www.fxciao.com

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!