上昇フラッグ型と下降フラッグ型

前回は「上昇ペナント型と下降ペナント型」についてまとめました。

今回も保ち合い相場のパターンである、上昇フラッグ型と下降フラッグ型についてまとめます。

上昇フラッグ型

上昇フラッグ型はボックス型を斜めに下降させた形状で、右下がりに平行なレジスタンスラインとサポートラインの間で価格が保ち合いを続けるパターンです。形がモータースポーツの旗に似ていることからフラッグ型と呼ばれます。

上昇トレンドが続いた後、上値・下値ともに切り下げながら保ち合い状態となりますが、最終的にレジスタンスラインをブレイクし上昇トレンドが継続します。

下降フラッグ型

下降フラッグ型は上昇フラッグ型とは反対に、右上がりに平行なレジスタンスラインとサポートラインの間で価格が保ち合いを続けるパターンです。主に下降トレンドの中盤でよく見られます。

下降トレンドが続いた後、上値・下値ともに切り上げながら保ち合い状態となりますが、最終的にサポートラインをブレイクし下降トレンドが継続します。

上昇フラッグ型・下降フラッグ型ともに、ブレイクにはダマシが発生することも多いため注意が必要です。

フラッグ型の売買シグナル

上昇フラッグ型

上昇フラッグ型は、レジスタンスラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

下降フラッグ型

下降フラッグ型は、サポートラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断します。

フラッグ型の場合、一度レジスタンスラインまたはサポートラインをブレイクしても、価格がライン付近まで戻ってくることも多いため、戻りを待って売買の判断をすることもできます。

フラッグ型のターゲット

上昇フラッグ型

上昇フラッグ型はペナント型と同様、急上昇が始まったポイントからフラッグのサポートラインまでの距離と同じ距離を、ブレイクポイントから上に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

下降フラッグ型

下降フラッグ型では、急落が始まったポイントからフラッグのレジスタンスラインまでの距離と同じ距離を、ブレイクポイントから下に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

参考

強気フラッグのパターン完成は、点2と点4を結んで描かれるレジスタンスラインを上抜けることによって確認されます。この動きにより、上昇トレンドが再開したものと判断します。
出典:www.toushilabo.com

このペナントやフラッグでは、急上昇や急落が始まった水準から、“旗”が形成された水準までの値幅(旗ざおに相当する部分の長さ)が、保合い状態を上または下に抜けた後の目標値とされます。
出典:www.nomura.co.jp

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!