【フードリエのウィンナーに異物混入】対象の商品は?返品方法は?仕入れ先は?製造工場はどこ?社長は?

シェアする

食品製造会社のフードリエが10日、販売しているウィンナーの3商品、約9万袋を自主回収すると発表しました。

一部の商品からプラスチック片が見つかり、原料として仕入れた豚肉や調味料に混入していた可能性があるということです。

食品製造会社「フードリエ」(大阪府高槻市)は10日、ウィンナーの3商品、約9万袋を自主回収すると発表した。一部の商品からプラスチック片が見つかった。原料として仕入れた豚肉や調味料に、混入していた可能性があるという
出典:asahi.com

今回フードリエが回収対象としている商品、そのほか返品方法や仕入先についても調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大
[irp]

フードリエの回収対象商品

フードリエの公式ホームページによると、異物混入の対象商品は以下の3つの商品となっています。

  • 【近畿以西で販売】された「パリッと朝食ウインナー250g(増量)」のうち賞味期限が11月25、27日のもの
  • 【近畿以西で販売】された「あらびきウインナー316g」のうち賞味期限が11月25、27日のもの
  • 【関東以西で販売】された「家族の定番あらびきウインナー220g」のうち賞味期限が11月24、25、27日のもの


出典:tokyo-np.co.jp

全製品ともに賞味期限の印字の後ろの部分に記載されているアルファベット(下図の赤線部分)が『S』の商品が対象になります。

返品の際は、賞味期限や上記のアルファベットも確認するようにしましょう。

詳細は公式ホームページで確認することができます。

フードリエのウィンナーの返品方法は?

返品方法は、宅配便を利用して料金着払いでの返品となります。

その際は、購入者の方の「郵便番号、住所、氏名、電話番号」を明記する必要があります。

後日、購入代金の返送があるとのことです。

返品先住所は以下の通りです。

【返品先住所】

〒569-0053
大阪府高槻市春日町7番16号
株式会社フードリエ お客様センター

該当商品につきまして、店頭より回収をしておりますが、お客様のお手元にございましたら、お手数ではありますが、宅配便をご利用のうえ、料金着払いでお客様の「郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号」をお書き添えいただき下記送付先までお送りいただきますようお願い申し上げます。後日、お品代を返送させていただきます。
出典:foodlier.co.jp

フードリエのウィンナーの製造工場はどこ?

今回、回収対象となった商品は全て山口県下関市にある「下関ハム株式会社」が製造元のようです。

ストリートビューで見た工場の外観です。

フードリエのウィンナーの原料の仕入れ先は?

フードリエの原料仕入先については公式ホームページに記載はありませんが、フードリエの商品生産元である大阿蘇ハムのホームページを参考にすると、以下の企業や組合が主要仕入先として記載されています。

  • エスフーズ株式会社
  • JA全農ミートフーズ株式会社
  • 株式会社 ヒョウチク
  • 熊本県畜産農業協同組合連合会
  • 出典:oasoham.co.jp

回収対象となった商品の製造元は下関ハム株式会社ですので、大阿蘇ハムの仕入先を見ても直接的な仕入先を判断することはできないかもしれませんが、エスフーズ株式会社はフードリエの親会社であり、株式会社 ヒョウチクはエスフーズ株式会社の100%出資の会社です。また、JA全農ミートフーズ株式会社はJAグループですので、今回の下関ハム株式会社の仕入先もこの3つの取引先が含まれている可能性は高いのではないでしょうか。

逆にいえば、もしグループ企業や大手組合が原料の仕入先として問題がないのであれば、これら3つの取引先以外の仕入先が原因と考えられるわけですので、今回の下関ハム株式会社製造の商品のみを回収するという判断は妥当とも言えるのかもしれませんね。

フードリエの社長は?

フードリエの社長は、石野克彦氏となっています。

石野克彦氏の詳細なプロフィール等はネット上には存在していないようですが、調べてみると、先日O157が検出された冷凍メンチの販売元である米久の社長に10年ほど前に同姓同名の方がいらっしゃるようです。(現在の社長は御園生一彦氏)

現フードリエの社長が米久の過去の社長と同一人物なのかは定かではありませんが、今回の自主回収の件は、もしかすると米久の件を受けて、という可能性もあるかもしれませんね。

ないでしょうか。。^^;

まとめ

フードリエのウィンナーに異物が混入していた件で、対象の商品や返品方法などについて調べてみました。

フードリエの公式ホームページを見るかぎりでは返品方法も明記されており、謝罪文も掲載されていますので企業としては誠意ある対応といえますね。

該当の商品を購入している場合は、即日返品してしまいましょう!^^

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大



シェアする

フォローする


Notice: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /home/akashitati/akashi-t.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3969

コメントは受け付けていません。