FXの注文方法の種類まとめ

FXで利用できる注文方法の種類をまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

成行注文

成行注文とは、表示されているレートですぐに注文ができる注文方法です。

発注時に取引画面に表示されている価格と、実際の約定価格との間に価格差が生じている場合があります。

成行注文のメリット

・現在の値動きを確認しながら注文を出せ、確実に売買が成立する
・為替レートを指定する手間が省ける

成行注文のデメリット

・注文した時点での値段は確約された価格ではなく、変動した価格によって約定する
・約定した価格は約定後ではないと分からない


出典:hirose-fx.co.jp

ストリーミング注文

成行注文と似た注文方法にストリーミング注文があります。

ストリーミング注文とは、リアルタイムで提示されているレートを任意のタイミングでクリックして発注する注文方法です。成行注文のようにスリッページが発生しないため、約定させたいレートで約定させることができます。相場の大きな変動時など配信された価格と取引を発注した価格とが違った場合には約定しません

指値注文

指値注文とは、指定したレートで注文を約定させる注文方法です。


出典:hirose-fx.co.jp

指値注文のメリット

あらかじめ約定する値段が分かっているため、希望する取引価格で注文が可能

指値注文のデメリット

希望するレートに相場が変動しない限り、取引が成立しない

逆指値注文

逆指値注文とは、「指定の価格以上になれば買いの成行注文を出す」、「指定の価格以下になれば売りの成行注文を出す」という一定の条件をつけて発注する注文方法です

逆指値注文のメリット

損失を確定するための注文として使うことができる

逆指値注文のデメリット

相場の急変時などスリッページが発生し指定したレートよりも不利なレートで約定する場合がある

IFD(イフダン)注文

IFD注文とは、新規注文を発注すると同時に、その新規注文に対する決済注文を予約しておく注文方法です。

IFD注文のメリット

・相場が予想通りに動けば自動的に利益の確定が出来る
・一度注文を出せば自動的に注文から決済まで完結される為、常に相場を気にする必要がない

IFD注文のデメリット

決済に対する注文が1つしか指定できないため、注文が成立しても決済が成立せず損失が拡大してしまう恐れがある

OCO(オーシーオー)注文

OCO注文とは、2つの注文を同時に発注し、一方の注文が約定するともう片方の注文がキャンセルされる注文方法です。

OCO注文のメリット

全く逆の注文を2つ同時に出せるため、確実に損益の確定が出来る

OCO注文のデメリット

一方の注文が成立するともう一方の注文はキャンセルされるため、値動きが激しい時にチャンスを逃しやすい

IFO(アイエフオー)注文注文

IFO注文は、IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。新規注文を出すと同時に、2つの決済注文(利益確定注文、損失限定注文)を出すことができます。決済注文は、片方の決済注文が約定すると、もう一方の注文はキャンセルされます。


出典:hirose-fx.co.jp

IFO注文のメリット

新規注文が成立した際に利益の確定と損切りの両方の注文が同時に執行される為、リスク管理が出来る

IFO注文のデメリット

指定した価格に到達しない限り約定しない

トレール注文

トレール注文とは、レートが上昇するとともに逆指値注文の値も上昇していく(レートについていく)という注文方法です。


出典:hirose-fx.co.jp

トレール注文のメリット

損失を抑えながら利益の拡大が狙える

トレール注文のデメリット

レートが上昇と下降を繰り返すレンジ相場では効果を出せない

ドテン注文

ドテンとは、買い(売り)ポジション決済すると同時に売り(買い)ポジションを持つこと、つまり保有するポジションをひっくり注文方法です。


出典:hirose-fx.co.jp

時間指定成行注文

「時間」が注文の執行条件となり、指定した時間に成行で発注する注文方法です。


出典:hirose-fx.co.jp

時間指定指値注文

指定した時間になると時間指定成行注文が執行されますが、指定時間が来る前にレートが指値レートに達すると指値注文が発注されます。


出典:hirose-fx.co.jp

時間指定逆指値注文

指定した時間になると時間指定成行注文が執行されますが、指定時間が来る前にレートが逆指値レートに達すると逆指値注文が発注されます。


出典:hirose-fx.co.jp

最後に

FXの注文方法の種類についてまとめてみましたが、個人的には、成行注文、指値注文、逆指値注文の3つしか使用していない気がします。

IFO注文も以前は使用していましたが、レートのほんの微妙な変化を捉えられるのはやはり目視が一番だと感じ、エントリーだけは完全に成行でおこなっています。

今回、ストリーミング注文という方法を初めて知ったのですが、これはあまりスリッページを許容したくない時に使えそうで、動きが大きい時のエントリーで使ってみようと考えています。

参考

「成行注文の特徴」
出典:www.lfx.jp

リアルタイムで提示されているレートを任意のタイミングでクリックして発注する注文方法です。成行注文のように約定レートにぶれが生じないため、約定させたいレートで約定させることができ、クリックしたときにレートが不利な方へ変動した場合は約定させない便利な注文方法
出典:hirose-fx.co.jp

ストリーミング注文とは、リアルタイムで提示されているレートを任意のタイミングでクリックして発注する注文方法です。成行注文のように約定レートにぶれが生じないため、約定させたいレートで約定させることができ、クリックしたときにレートが不利な方へ変動した場合は約定させない便利な注文方法です。
出典:hirose-fx.co.jp

逆指値注文のデメリットは、スリッページが発生しやすいことです。為替レートが大きく下落しているときは、買いたい人よりも売りたい人が多いということです。
出典:www.fmsound.net

FD注文のメリットは相場が予想通りに動けば自動的に利益の確定が出来る点です。また、一度注文を出せば自動的に注文から決済まで完結される為、常に相場を気にする必要が無く忙しい方にお勧めの注文方法といえます。
出典:www.traders-net.info

スポンサーリンク
レクタングル大