外貨MMFにかかる税金と確定申告

昨日は「外貨MMFの特徴とFXとの比較」という記事を書きましたが、本日は外貨MMFにかかる税金と確定申告についてまとめてみます。

スポンサーリンク
レクタングル大

外貨MMFにかかる税金

外貨MMFにかかる税金には、売却益(為替差益)にかかる税金と分配金にかかる税金の二種類があります。

1.売却益(為替差益)

売却益とは、外貨MMF購入後に含み益が出た状態で売却して得た利益をいいます。

<2016年1月1日以後の改正>

2015年までは売却益にかかる税金は非課税でしたが、2016年1月1日より譲渡所得として申告分離課税が課されます。

<税率>

20.315%(所得税:15% + 復興特別所得税0.315% + 住民税:5%)

<確定申告の有無>

源泉徴収ありの特定口座の場合は源泉徴収されますので確定申告は不要です。

源泉徴収なしの特定口座の場合、または一般口座の場合は確定申告が必要です。

<損益通算>

株式投資信託などの譲渡損益の金額と損益通算することができます。


出典:www.daiwa.jp

損益通算をする場合は確定申告が必要となります。

<繰越控除>

翌年以降3年間の損益繰越が可能です。


出典:www.daiwa.jp

2.分配金

分配金とは外貨MMFを運用するファンドが、運用して得た利益を毎月月末に投資家へ還元する利息のようなものをいいます。

<税率>

20.315%(所得税:15% + 復興特別所得税0.315% + 住民税:5%)

<確定申告の有無>

分配金は源泉徴収されますので確定申告は不要です。

外貨MMFと外貨預金・FXとの比較

売却益(為替差益)分配金(利息)
外貨MMF20.315%20.315%
外貨預金20.315%15〜50%
FX20.315%

外貨MMF

売却益(水色の背景色)は譲渡所得となり、「源泉徴収ありの特定口座」であれば確定申告は不要です。
分配金(ピンクの背景色)は利子所得となり、源泉分離課税の対象となるため確定申告は不要です。

外貨預金

為替差益(黄色の背景色)は雑所得となり、総合課税の対象となるため原則確定申告が必要です。
利息(ピンクの背景色)は利子所得となり、源泉分離課税の対象となるため確定申告は不要です。

詳細は「外貨預金の特徴とFXとの比較」をご覧ください。

FX

為替差益・スワップ金利(黄色の背景色)ともに申告分離課税の対象となり原則確定申告が必要です。

詳細は「FXにかかる税金と確定申告」をご覧ください。

まとめ

外貨MMFにかかる税制は2016年より改正されます。

これまでは売却益(為替差益)は非課税でしたが、来年より譲渡所得扱いとなり申告分離課税の対象となるため原則として確定申告が必要となりました。

しかし、同時に特定口座の適用対象となるため、特定口座を利用すれば売却益・分配金ともに確定申告は不要です。

また株式投資信託の譲渡損益との損益通算や繰越控除も可能となります。

参考

2016年1月から公社債・公社債投資信託の税制が大幅に変わります!
出典:www.daiwa.jp

2015年12月31日までに支払いを受ける外貨MMFの収益分配金に対しては、20.315%(*1)の税率で税金が源泉徴収されます(源泉分離課税)。

2016年1月1日以後も、20.315%(*1)の税率で源泉徴収されますが、確定申告することも可能(*2)です(申告分離課税)。

2015年12月31日までに外貨MMFを換金して発生した利益(*4)については、税金はかかりません(非課税です)。

2016年1月1日以後は、申告分離課税の対象となっていますので、原則として確定申告をして納税することになります。

出典:gaikatoshi.com

外貨MMFの税金|投資信託と外国為替証拠金取引(FX)にかかる税金の基本
出典:moneykit.net

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大