GMMAの見方と使い方

前回は「スーパーボリンジャーバンドの見方と使い方」をまとめました。

今回は、指数平滑移動平均線を複数用いた指標であるGMMAについてまとめます。

GMMAとは

GMMAとは、ダリル・ガッピー氏が考案したトレンド系テクニカル指標で、複合型移動平均線とも呼ばれています。

12本の平滑移動平均線を「短期線」と「長期線」の6本ずつに分けて、各ラインの位置関係や形状からトレンドの状況や強さを判断します。

GMMAの見方

短期線

短期線は、期間の短い「3・5・8・10・12・15」日の6本の指数平滑移動平均線で構成されており、短期的(投機的)な参加者の売買動向と考え、大きなトレンドの中での一時的・短期的な価格推移を表します。

長期線

長期線は、期間の長い「30・35・40・45・50・60」日の6本の指数平滑移動平均線で構成されており、中・長期で取引を行う投資家の売買動向として捉え、大きな価格トレンドの方向や強さの判断に用います。

GMMAのトレンド判定

上昇トレンド

長期線が上を向き、短期線、長期線ともに上から順に期間が短いものから並んだ場合は、上昇トレンドと判断できます。

また、短期線と長期線の間隔が広いほどトレンドが強いと判断できます。

下降トレンド

長期線が下を向き、短期線、長期線ともに上から順に期間が長いものから並んだ場合は、上昇トレンドと判断できます。

また、上昇トレンドと同様、短期線と長期線の間隔が広いほどトレンドが強いと判断できます。

GMMAの売買シグナル

基本的には、長期線が上昇している場合は買いシグナル、下降している場合は売りシグナルと判断できます。

また、長期線と短期線の位置関係でそのトレンドの強弱を判断し、売買タイミングを図る手法もあります。

長期線と短期戦のクロス

短期線が長期線を下から上に抜けた場合は買いシグナル、短期線が長期線を上から下に抜けた場合は売りシグナルと判断できます。

長期線での短期線の押し戻し

長期線で短期線が反発した場合は押し目買い、または戻り売りのチャンスと判断することもできます。

まとめ

GMMAについてまとめましたが、売買のタイミングについてはオシレーター系のテクニカル指標であるRSIやRCIと併せて図ることもあるようです。

GMMAに関する書籍もいくつか出版されているようです。興味のある方は深く学ばれても面白いかもしれません。

私もGMMAには興味がありますので、機会があれば検証をしてみたいと考えています。

基本にして最強 GMMA+RSI 二刀流FX

FX最強チャート GMMAの真実 (扶桑社BOOKS)

参考

GMMAとは、ダリル・ガッピー氏が考案したトレンド系テクニカル分析手法であり、複合型移動平均線とも呼ばれています。
この分析手法では、指数平滑移動平均線を12本用いており、「短期線」と「長期線」に6本ずつ分けて、各ラインの位置関係や形状からトレンドの状況や強さを判断するものとなります。
出典:www.fxtsys.com

GMMA(複合型移動平均線)
出典:www.fxciao.com

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!