林英哲(太鼓奏者)と石田ゆり子の関係は?プロフィールや経歴は?ブログやTwitterは?Youtube動画まとめも

シェアする

和太鼓のソロ奏者として国際的に活躍されている林英哲(はやしえいてつ)さん。

林英哲さんは和太鼓集団「鼓動」の創設メンバーとしても活動されていました^^

今回は、そんな林英哲さんのプロフィールや経歴、ブログなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大
[irp]

林英哲と石田ゆり子の関係は?

林英哲さんと石田ゆり子さんが関係があったのではないかということで調べている方も多いようなのですが、石田ゆり子さんと噂になったのは林英哲さんではなく内藤哲郎さんです。

同じ太鼓奏者で、和太鼓のプロ集団「鼓童」の元メンバーという共通点も多いのですが林英哲さんとは別の方ですね。


出典:artwill.co.jp

和太鼓奏者、内藤哲郎のオフィシャルウェブサイトです。
石田ゆり子さんのインスタに出てくる犬や猫がかわいい!石田ゆり子さんと犬猫画像まとめ
石田ゆり子さんといえば、いつまでも綺麗で若々しい女優さんとして有名ですよね。1988年のデビュー以来、数々のドラマや映画に出演されて...

でも、確かに「林英哲」さんと「内藤哲郎」さん、名前の雰囲気も似てますね^^;

林英哲のプロフィールと経歴


出典:culturalenvoy.jp

名前: 林 英哲(はやし えいてつ)
生年月日: 1952年2月2日
年齢: 64歳(2016年11月現在)
出身地: 広島県東城町
出身高校: 広島県立東城高等学校

林英哲の経歴

林英哲さんは、高校を卒業後、1970年に、美大を目指して上京。

1971年に「佐渡・鬼太鼓座」の創設に誘われて参加したことをきっかけに国際的な公演活動を展開するプロ和太鼓集団「鼓童」の創設に関わり、11年間「鼓動」のメンバーとして活動されていました。

その後、1982年にソロ奏者(ソリスト)として独立。

1984年には初の和太鼓ソリストとしてカーネギー・ホールにデビュー。現代音楽の分野でも前例のない和太鼓ソリストとして国際的に高い評価を得ます。

2000年にはドイツ・ワルトビューネでベルリン・フィルと共演。

太鼓独奏者としてロック、ジャズ、現代音楽、民族音楽などの演奏家と共演しながら、日本の伝統にはなかったまったく新しいオリジナルな太鼓表現を築きあげていきます。

1993年には林英哲さんの音楽に共鳴する若手太鼓奏者からなるユニット「英哲風雲の会」を立ち上げます。

近年は和・洋器楽奏者や伝統芸能の歌舞伎役者、日本舞踊家など気鋭の若手奏者との共演も多く、国内外に「太鼓音楽」の魅力を伝え続けています。

参考:eitetsu.net/ja.wikipedia.org

林英哲のブログやTwitterは?

林英哲さんはブログやTwitterはお持ちではないようですが、公式サイトにて「風雲旅日記」を更新されています。

林英哲のYoutube動画

林英哲さんのYoutube動画をまとめてみました。

林英哲 Eitetsu Hayashi “海の炎 -UMI-NO-HONOH-“

Eitetsu Hayashi - Bolero 林英哲&山下洋輔 - ボレロ (FULL ver.)

林英哲 Eitetsu Hayashi & 木下伸市 Shinichi Kinoshita “-SHI-BU-KI-“

ナガノ指揮 松下功作曲 林英哲太鼓 「飛天遊」

林英哲 / 海の豊饒(和太鼓アンサンブル)

その他にもYoutubeにはたくさん動画がアップロードされていますね。

林英哲のCD・DVD

グレート・エンカウンター 林英哲withオーケストラ Hybrid SACD

価格: 2,751円

ベルリン・コンサート2000

価格: 3,079円

日本の響き-和田薫の音楽

価格: 2,425円

Jakuchu 2002 林英哲 マンハッタン・ライブ [DVD]

価格: 中古品2,500より(価格は変動する可能性があります)

まとめ

今回は和太鼓ソロ奏者の林英哲さんについてまとめてみました。

和太鼓の演奏に共通するものかもしれませんが、林英哲さんの演奏を聴いていると不思議な安心感に包まれる気がしますね。

なんでも和太鼓の音やリズムは心臓の音に近く、母親の胎内にいた時の記憶が蘇るからだとか。

太鼓の音は心臓の鼓動の音と近い。特に日本の太鼓は、自然音に近い音になっていて、ドンドンとやる。赤ちゃんはお腹にいる時、お母さんの心臓の音や羊水を通して外界の音も聞いている。それら全部の音の周波数が渾然一体となってガーッと鳴っている中、お母さんの心臓の振動音が聞こえ、赤ちゃんは何の心配もいらず眠っている。そういう記憶が、日本の太鼓から蘇るのだと思います。
出典:sotokoto.net

林英哲さんの活動も45周年ということで、およそ半世紀演奏を続けているというのは本当に凄いことですね。

今後もさらに活躍のフィールドを広げていただきたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大



シェアする

フォローする


Notice: comments.php のないテーマ の使用はバージョン 3.0.0 から非推奨になりました。代替は用意されておりません。 comments.php テンプレートをテーマに含めてください。 in /home/akashitati/akashi-t.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3969

コメントは受け付けていません。