ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップとヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム

前回は「カギ足(鈎足)の見方と使い方」についてまとめました。

今回はチャートパターンの一つであるヘッド・アンド・ショルダーズについてまとめます。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップは上昇トレンド終了時(天井圏)に見られるチャートパターンの一つです。

形状は3つの山からなっていて、中央の山を中心として左右に肩が並んでいる姿に見えることからヘッド(頭)・アンド・ショルダー(肩)という名前が付いています。日本では、三尊とも呼ばれます。

中央の山(ヘッド)は3つの山のうちで最も高く、左右の肩(ショルダー)はそれよりやや低くなっています。

1つ目の山と2つ目の山のあいだの谷、そして2つ目の山と3つ目の山のあいだの谷。この2つの谷のレートはほとんど同じ高さになるという特徴があり、2つの谷に対して水平に引いた線をネックラインと呼びます。

上昇トレンドが続いた後、1つ目の山(左肩)を形成し1つ目の谷へと下落します。その後再度上昇し、左肩よりも高値をつけて2つ目の山(頭)を形成します。

2つ目の山(頭)を形成後、再び1つ目の谷とほぼ同価格にまで下落します。再度反騰しますが、3つ目の山(右肩)は頭ほどの高値に至ることなく、下降局面を迎えます。

最終的に2つの谷に対して水平に引いたネックラインを下回ると、下降トレンドへと転換します。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップとは逆の形状で、下降トレンド終了時(底値圏)に見られるチャートパターンの一つです。日本では逆三尊とも呼ばれます。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップと同様、1つ目の谷と2つ目の谷のあいだの山、そして2つ目の谷と3つ目の谷のあいだの山はほぼ同じ価格となり、2つの山に対して水平に引いた線をネックラインと呼びます。

下降トレンドが続いた後、1つ目の谷を形成し1つ目の山へと価格が上昇します。その後再度下落し、1つ目の谷よりも安値をつけて2つ目の谷を形成します。

2つ目の谷を形成後、再び1つ目の山とほぼ同価格にまで上昇します。再度反落しますが、3つ目の谷は2つ目の谷ほどの安値に至ることなく、上昇局面を迎えます。

最終的に2つの山に対して水平に引いたネックラインを上回ると、上昇トレンドへと転換します。

ヘッド・アンド・ショルダーズの売買シグナル

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ(三尊)

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ(三尊)では、価格がネックラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断します。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊)

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊)では、価格がネックラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

ヘッド・アンド・ショルダーズのターゲット

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ(三尊)

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ(三尊)では、ネックラインから中央の山の最高値までの距離と同じ距離を下に伸ばしたポイントが決済の目標値となります。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊)

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム(逆三尊)では、ネックラインから中央の谷の最安値までの距離と同じ距離を上に伸ばしたポイントが決済の目標値となります。

参考

典型的な天井(高値をつけて下落に転じるポイント)の形を示す。「肩→頭←肩」の形となっていることからこう呼ぶ。仏像が3体並んでいるようにも見えるので、日本では「三尊型」ともいう。下げ相場の安値圏でできる逆の形を「ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム=逆三尊型」という。
出典:moneykit.net

目標値は、ネックラインと最高値の高さを2倍にしとところです。
出典:fx初心者比較.jp

ヘッドアンドショルダーとは、上昇トレンド終了時に見られるチャートパターンのひとつです。
その形状は3つの山からなっていて、その様子がちょうど人の上半身のように,頭を中心として左右に肩が並んでいる姿に似ているところから名付けられたのでしょう。別名、三尊ともいいます。
出典:fxchart-tech.com

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大