一目均衡表の見方と使い方

一目均衡表の構成

一目均衡表は「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線と雲で構成されています。

  • 基準線
  • 転換線
  • 先行スパン1
  • 先行スパン2
  • 遅行スパン

「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2で挟まれた部分を指します。

指標の表示方法

各指標は以下のように計算・表示されます。

基準線過去26日間の最高値と最安値を2で割ったものを表示
転換線過去9日間の最高値と最安値を2で割ったものを表示
遅行スパン当日までの値動きを26日間遡って表示
先行スパン1基準線と転換線を2で割り26日先に表示
先行スパン2過去52日間の最高値と最安値を2で割り26日先に表示

指標の見方

基準線

基準線は中期のトレンドを示します。
基準線が上向きの場合は上昇トレンド、下向きの場合は下落トレンドと判断できます。

転換線

転換線は支持線・抵抗線として判断します。

下降トレンドでの値動きは転換線の下で推移する場合が多く、上昇トレンドでは転換線の上で値動きが推移し、値が転換線に近づけば押し目のチャンス、転換線を抜ければ、売りを考えることになります。

またトレンドの判断方法として、基準線よりも転換線が上にある場合は上昇トレンド、基準線よりも転換線が下にある場合は下降トレンドと判断できます。

基準線と同様、転換線の向きでトレンドを判断することもできます。

  • 転換線が横ばいの時 = レンジ相場
  • 転換線の向きが上向きの時 = 上昇トレンド
  • 転換線の向きが下向きの時 =下降トレンド

遅行スパン

値が遅行スパンより下にあれば「買い」「強気」であり、逆に現在値が遅行スパンより上にある場合は「売り」「弱気」と判断します。

雲は抵抗帯・支持帯として機能します。

値が雲の上にあるのであれば雲は相場を下支えする一方、現在値が雲の下にある場合は逆に雲が抵抗となります。

抵抗帯・支持帯の強さ、弱さは雲の厚みで判断します。雲が厚ければ抵抗・支持も強いと判断できます。

シグナルとしての使い方

基準線と転換線

転換線が基準線を上抜く事を「好転」と呼び、買いシグナルとなります。逆に転換線が基準線を下抜く事を「逆転」と呼び、売りシグナルになります。

遅行スパン

遅行線が実際のチャートを上に抜けたら買いシグナル、下に突き抜けたら売りシグナルと判断します。

値が雲の中に入った場合は、乱高下の前兆、雲に入った方向と逆に抜けた場合はトレンド発生のシグナルと判断できます。

三役好転

上記の「転換線が基準線を上抜ける」「値が雲を上抜ける」遅行線がチャートを上抜ける」が全て出現することを「三役好転」、逆のサインを「三役逆転」といい、売買のシグナルとなります。

まとめ

一目均衡表には、他にも時間論や波動論、値幅観測論などの理論がありますが、その他の理論に関しては、また別途まとめをおこなう予定です。

私個人としては、一目均衡表は雲しか使用していません。

レート(値)が雲の上にあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドと判断し、レートが雲の中にあれば売買は見送り、雲を抜けてくれば売買の準備をするといった感じで使用しています。

一目均衡表の使い方を習得するのは、時間と根気が必要な気がしますが、徐々に理解できるようになっていきたいですね。

参考

「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5つの線で構成されています。
出典:kabuzen.com

これら5つの線の説明を簡単にまとめると…

・基準線…過去26日間の最高値と最安値を2で割ったもの
・転換線…過去9日間の最高値と最安値を2で割ったもの
・遅行スパン…当日までの値動きを26日間遡って表示
・先行スパン1…基準線と転換線を2で割り26日先に表示
・先行スパン2…過去52日間の最高値と最安値を2で割り26日先に表示

…となります。
出典:kabuzen.com

基準線は中期のトレンドを示す線であり、上向きの基準線は上昇トレンド、下向きの基準線は下落トレンドを示します
出典:gaitame.com

移動平均線に当てはめて簡単かつ乱暴に説明すると「基準線=長期移動平均線」「転換線=短期移動平均線」といった感じで、実際転換線が基準線を上抜く事を「好転」と呼び、いわゆるゴールデンクロスと同じ意味合いを持ちますし、逆に転換線が基準線を下抜く事を「逆転」と呼び、移動平均線でいうデッドクロスと同様に弱気のサインとなります。
出典:kabuzen.com

雲の一般的な使い方として一番簡単なものに「ローソク足(現在値)が雲の上か下かで相場の強さを測る」というものがありますが、雲を形成している先行スパンは抵抗帯としても機能するので、現在値が雲の上にあるのであれば雲はトレンドラインでいう支持線的な役割を果たし相場を下支えする一方、現在値が雲の下にある場合は逆に雲(先行スパン)が抵抗線となります。
出典:kabuzen.com

これらのパターンを整理して見ると、
◯転換線が横ばいの時=トレンドは横ばい
◯転換線の向きが上向きの時、高値更新または下値切り上げ=上昇トレンド
◯転換線の向きが下向きの時、安値更新または高値切り下げ=下降トレンド
と、上下どちらかに変化する時は、9日間の高値と安値のどちらかが変化したことを意味し、この動きがすなわちトレンド(価格の方向)を表していることになります。
出典:min-fx.jp

まず一番分かりやすいのは現在の値が遅行スパンより下にあれば「買い」「強気」であり、逆に現在値が遅行スパンより上にある場合は「売り」「弱気」となる事です
出典:kabuzen.com

雲は抵抗帯として機能するが故に、一度雲を上抜ければそれだけ相場に勢いがある事になるので上昇トレンドに入る場合が多いですし、雲を下抜ければ売り圧力が強い事を意味し、下降トレンドに移行する事が多くなります
出典:kabuzen.com

●雲の上限、下限は為替レートの抵抗帯、支持帯として働く
●抵抗帯、支持帯の強さ、弱さは雲の厚みで判断する
●為替レートの雲入りは、乱高下の前兆。為替レートの雲抜けはトレンド発生のシグナル
出典:.gaitameonline.com

●遅行線が現実のチャート(日々線)を上に突き抜けたら「買い」
●下に突き抜けたら「売り」
出典:.gaitameonline.com

一目均衡表では、「転換線の基準線上抜け」「為替レートの雲抜け」「遅行線の日々線上抜け」がそろった瞬間を「三役好転」=強い買いシグナルと見なしています
出典:.gaitameonline.com

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大