七五三で子供が着物を着るのを嫌がる時には「七五三の意味」を伝えてあげましょう

赤ちゃんが生まれて、お七夜・お宮参り・お食い初め・ハーフバースデーや一升餅としばらくはお祝い事が目白押しですが、1歳を過ぎると急に落ち着きます。

そんななか、久々のお祝い事が七五三ですね。

我が子の成長を喜び、すっかり赤ちゃんぽさが抜けた子に可愛い着物を着せて、ママもお洒落をして「素敵な記念写真をたくさん撮りたい」「楽しくお宮参りをしたい」と夢はふくらむばかり。

けれど、肝心の子供が着物を着るのを嫌がったら?

今回は着物を嫌がる子供の心理とその対処法をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

3歳児が七五三で着物のを着るのを嫌がる理由とは?

まず、3歳児が七五三で着物を嫌がる理由はどんなものなのでしょうか?

「着物」をまったく知らないことが怖い

ほとんどの大人にとって「着物」とは、「晴れの日に着る素敵なもの」です。

自身が子供時代の七五三で着た懐かしい思い出もあるでしょうし、成人式や卒業式、あるいは結婚式や我が子が生まれたお宮参りで着たときの、嬉しい晴れがましい思い出もあるでしょう。

次は「我が子がめでたく3歳!」「可愛い素敵な着物を着せたい!」「着物を着た我が子はいつもよりもっともっと可愛くて素敵なはず!」。

私たち親にとってはそんな思いではないでしょうか。

でも、3歳児にとって「着物」とは見慣れないヘンテコなものです。

色も肌触りも、普段着ている動きやすいトレーナーやスカートやズボンなどとは違いすぎます。

模様も、いつもの服の「花模様」や「水玉」や「うさぎさん」などと違いすぎます。

それを、急に着せられるのです。

しかも、ママではなくて知らない人(お店の人)に何人も囲まれて。

「紐でぐるぐる巻きだし、首から足まで覆われるし。何これ?イヤだ!怖い!!」

まだ何も知らない3歳の子なら、そう思っても仕方がないですよね^^;

「七五三」の意味を分からないまま急に着せられるから

3歳にもなればある程度「これから自分がすることの意味」を理解したいと思うものです。

それを理解したら、自分にとって多少嫌なことでも「我慢しよう」とか「がんばろう」という気持ちを持つことができます。

3歳くらいから幼稚園に初めて通い出す子は多いです。

最初は泣いて制服を着るのも嫌がる子もいます。

でも「幼稚園には行かなければならない」「幼稚園に行って先生やお友達と遊ぶのは楽しい」「時間がきたらママが必ず迎えに来てくれる」それを理解したら、次第に泣かずに通えるようになります。

歯医者や耳鼻科への通院も同じです。

泣いて嫌がったとしても、意味を理解したら次第に受け入れる適応力を3歳は持っています。

七五三も同じですね。

子供にとっては初めてのことで、意味もわからないまま写真スタジオや着物屋さんに連れて行かれ、急に謎の「キモノ」に着替えさせられようとする。

「七五三とは何なのか」それが分からないから怖くて泣いてしまうのです

では、どうすれば着物を着ることを怖がる心理を和らげてあげられるでしょうか?

3歳児が七五三で着物を着るのを嫌がる時の対処法

3歳児が七五三で着物を着るのを嫌がる時の対処法について見ていきましょう。

「七五三」について前もって知らせ、気分を高めていく

幼稚園や保育園の2~3歳児クラスでは、工作や遠足、運動会などをする前に「〇〇ってこんなもの」「こんなに楽しいよ」と伝えるために、それらを題材にした絵本を読み聞かせしたり、複数の教師が寸劇でその楽しさを表したり、上の学年の子たちがやっているのを見学させたりして、子供の「楽しそう!」「私もやりたい!」という気持ちを引き出すことがあります。

同じことを、七五三を題材に親もやってみればよいのです。

できれば着物を着せる数カ月前から、遅くとも一カ月前には始めたいところです。

七五三を題材にした絵本を借りて来て、読み聞かせる。

ママ自身の七五三の写真があれば、それを見せて「きれいな着物を着て、皆にかわいいねって言われて嬉しかった」と楽しい思い出を語る

従姉妹(いとこ)やママ友の子など、子供本人が知っている子の七五三の写真や動画があれば、それも見せてあげるとなお、子供には憧れの気持ちが育つはずです。

できれば、写真スタジオや着物屋、神社にも前もって行けると良いですね。

写真スタジオでは飾ってある着物姿のかわいい写真を見て、「こんな風にかわいく撮影するんだよ」と雰囲気を感じさせ、神社では「ここにお参りに来るんだ」という気持ちを持たせてあげる。

スタジオや店舗によりますが、前撮りとは関係なく衣装を前もって着せて、慣れさせてくれるところもあります。

そういうところを探すのも一案でしょう。

七五三とは関係ないようですが、時代劇を見せるのもいいかもしれません。

着物への親しみが増すことでしょう。

 そして一番大切なことは「七五三」の本当の意味を語ってあげることです。

「小さい赤ちゃんだったあなたが、無事に3歳にまで大きくなってくれた。それを神様に『ありがとうございました、これからもよろしくお願いします』と言いにいくのよ」と。

そして「そんな特別な日だから、いつもは着ない特別な『着物』を着るの」と。

3歳なりに七五三に晴れがましさと厳かさ(おごそか)を感じ取ることでしょう。
  

当日の行動予定に合わせて、睡眠や食事の時間を調整し、飽きたときのためのグッズを用意しておく

いくら子供自身が着物を着ることを嫌がっていなくても、写真スタジオなどの都合により起床や食事、お昼寝の時間がいつもとずれてしまい、それでグズって泣いてしまうこともあります。

前もって時間を聞いておき、それに合わせて前日から時間を調整しておくと良いでしょう

まだお昼寝をする子で、当日お昼寝の時間帯に着付けが入ってしまうようなら、あえて前夜に夜更かしをさせてその日だけ、いつもより朝寝坊させる手もあります。

あるいはいつもよりうんと早起きしなければならないのなら、前々夜に夜更かしをさせて前日朝は朝寝坊させ、その日はお昼寝なしにして、就寝を早めるなど。

食事も、この日だけは食べやすくて好きな物を用意してあげるとよいでしょう。

それでも、人気のある写真スタジオだと、予想外に待ち時間が長くなってしまうこともあります。

そんな時に退屈からグズってしまわないグッズを用意しておくことは大切です。

小さめのシールブック磁石で出来ているお絵かきボードなどはおすすめです。

普段は見せていないという家庭でも、この日だけは特別にスマホで子供向け動画やアプリを見せてもよいかもしれません。

ラムネやグミなど、手が汚れない小さなお菓子を持っていくのもよいでしょう。

それでも嫌がることがあるのが3歳児です

あらゆる手を尽くしても、それでも泣くときは泣く、それが3歳児というものです。

どうしても仕方がないときは「あきらめる」それも一つの方法ではないでしょうか。

その日には

「どうして泣かずに着てくれなかったの」
「可愛い我が子とおしゃれしたパパとママの素敵な写真を撮りたかったのに、楽しくお参りしたかったのに」

子供にあたってしまいたくなることもあるかもしれません。

でも「着物を嫌がり、普段着のまま泣き顔の子供を抱いて、疲れ果てて苦笑いするパパとママ」の記念写真。

それもまた家族の思い出として、いつまでも笑いながら繰り返し語られることでしょう。

大切なのは、「3歳まで無事に育ったことを神様に感謝するのが七五三」だということです。

「嫌なことは嫌」と、とことん伝えることができるようになったのも成長です。

5歳や7歳でおとなしく着物が着られたら、そのときの喜びはきっと何倍も何十倍もになることでしょう。

まとめ

着物を嫌がる子供の心理とその対処法をご紹介しました。

お子さんが3歳まで無事に育ったことを感謝できる、素晴らしい一日になるといいですね。

それとともに、三歳まで子育てを一番頑張ってきたママ。お疲れ様でした。

お子さんの可愛い姿を見ながら、ご自身のことを褒めてあげてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!