パラボリックの見方と使い方

前回は「RCIの見方と使い方」についてまとめました。

今回は、トレンドの転換点を判断するのに有効なパラボリックについてまとめます。

パラボリックとは

パラボリックは、J.W.ワイルダー氏が考案したSAR(ストップ&リバースポイント)と呼ばれるラインを用いたトレンドフォロー型のテクニカル指標です。

パラボリックには「放物線上の」という意味があり、 SARがチャート上に放物線を描くように見えることから「パラボリック」と呼ばれています。

描かれた放物線(SAR)と実際の価格の交差するポイントが売買転換点を示し、途転(ドテン)を繰り返しておこなうことを目的とした指標です。

パラボリックの計算式

パラボリックのSARは以下のように計算します。

SAR = 前日のSAR+AF×(EP-前日のSAP)

EP : SARが上昇している場合は前日までの最高値、下降している場合は前日までの最安値
AF : 加速因子(0.02~0.20)

パラボリックの設定値(パラメーター)

加速因子(AF値)は通常、初期値(推奨値)が0.02で、価格が高値を更新するたびに+0.02ずつ上限0.20まで加算されます。

加速因子の設定値を大きくすると価格の動きに近づきますが、ダマシが多くなります。反対に小さくするとSARが緩やかになりダマシを少なくできますが、その分タイミングが遅れてしまいます。

パラボリックの売買シグナル

下降しているSARが上昇している価格(ローソク足)とクロスした場合は買いシグナル、上昇しているSARが下降している価格(ローソク足)とクロスした場合は売りシグナルと判断できます。

パラボリックの注意点

パラボリックは、継続してトレンドが発生している場合は有効に機能しますが、短期間に価格が上下するレンジ相場ではダマシとなってしまうことが多く注意が必要です。

そのためパラボリックを考案したJ.W.ワイルダー氏は、DMIのADXを併用しトレンドが確認出来る局面でパラボリックを利用することを推奨しています。

参考

パラボリックは、J.W.ワイルダー氏が考案したSAR(ストップ&リバースポイント)と呼ばれるラインを用いたトレンドフォロー型の指標です。

パラボリックには「放物線上の」という意味があり、 SARがチャート上に放物線を描くように見えることから「パラボリック」と呼ばれています。描かれた放物線(SAR)と実際の価格の交差するポイントが売買転換点を示し、途転(買い方なら買いを手仕舞い、売りを入れる手法)を繰り返して行うのがパラボリックの狙いです。

パラボリックは、価格が長期間にわたって一方向に動く場合に有効なものと言えますが、レンジ相場になって短期間に価格が上下する状態になると、だましが多くなってしまいます。

そこでパラボリックを考案したJ.W.ワイルダー氏は、DMIのADX(※)を併用しトレンドが確認出来る局面でパラボリックを利用するのがより有効であると述べています。
出典:www.fxtsys.com

SAR = 前日のSAR+AF×(EP-前日のSAP)
EP : 前日までの最大値
AF : 加速因子(0.02~0.20)
初期値(推奨値)が0.02で、終値が高値を更新するたびに、+0.02ずつ上限0.2まで加算されます。 AF値を大きくすると株価の動きに近づきますが、その分ダマシが多くなります。逆に、小さくするとSARの線が緩やかな線になリダマシを少なくできますが、その分タイミングが遅れてしまいます。
出典:www.kabuciao.com

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!