上昇ペナント型と下降ペナント型

前回は「上昇三角型と下降三角型【トライアングル】」についてまとめました。

今回も、同じく保ち合い相場に見られる上昇ペナント型と下降ペナント型についてまとめます。

上昇ペナント型

ペナント型は、右下がりのレジスタンスラインと右上がりのサポートラインの範囲で価格が保ち合いを続けるパターンです。三角保ち合いとも呼ばれます。

上昇ペナント型は上昇トレンドでよく見られます。上昇してきた価格は上値を切り下げ、同時に下値も切り上げながら徐々に値幅が小さくなり保ち合い状態となります。その後、価格がレジスタンスラインを上方向にブレイクすることで上昇トレンドが継続します。

時間足の期間が長く、さらにブレイクできない期間が長いほど、ブレイク後の動きが大きいといわれています。

下降ペナント型

下降ペナント型は下降トレンドの途中でよく見られます。ペナントの形状は上昇ペナント型とほぼ同じですが、下降ペナント型では最終的にサポートラインを下方向にブレイクすることで下降トレンドが継続します。

ペナント型は、価格が大幅に上昇・下落した直後に出現しやすいといわれています。

急上昇や急落が始まった水準から、“旗”が形成された水準までの値幅(旗ざおに相当する部分の長さ)が、保合い状態を上または下に抜けた後の目標値とされます。
出典:www.nomura.co.jp

ペナント型の売買シグナル

上昇ペナント型

上昇ペナント型では、価格がレジスタンスラインを上抜けた場合を買いシグナルと判断します。

下降ペナント型

下降ペナント型では、価格がサポートラインを下抜けた場合を売りシグナルと判断します。

ペナント型のターゲット

上昇ペナント型

上昇ペナント型では、急上昇が始まったポイントからペナントのサポートラインまでの距離と同じ距離を、ブレイクポイントから上に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

下降ペナント型

下降ペナント型では、急落が始まったポイントからペナントのレジスタンスラインまでの距離と同じ距離を、ブレイクポイントから下に伸ばしたポイントが決済の目標値(ターゲット)となります。

三角形の幅を基準とする方法

ペナント型のターゲットは三角型(トライアングル)と同様、ペナントを構成する三角形の幅を基準とすることもできます。

三角形の底辺にあたるペナント型の最も広い部分の高さと同じ距離を、ブレイクポイントから上または下に伸ばしたポイントを決済の目標値とする方法です。

しかし、一般的にペナント型のパターンは小さい傾向にあるため、この方法ではすぐに目標値に到達してしまうという特徴もあります。

一つは、トライアングル同様、保ち合いパターンの最も広い部分の高さを測り、突破が確認された地点からその高さを投影する方法です。しかし、フラッグやペナントは、パターン自体が小さい傾向がありますので、この方法によって求められる目標価格はすぐにクリアされることが多いようです。
出典:www.toushilabo.com

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!