ピボットの見方と使い方

前回は「パラボリックの見方と使い方」についてまとめました。

今回は、価格のサポートやレジスタンスを予測するテクニカル指標であるピボットについてまとめます。

ピボットとは

ピボットとは、RSIパラボリックを開発したJ・W・ワイルダー氏によって考案されたテクニカル指標で、「リアクション・トレンド・システム」とも呼ばれます。

前日の価格を基準に、当日のサポートやレジスタンスを推測するために利用されます。

ピボットはオシレーター系のテクニカル指標ですが、トレンドが発生している状況でも売買の指標とすることができます。

ピボットの見方

ピボットは主にサポートとなるS1S2S3ライン、レジスタンスとなるR1R2R3ライン、中心となるピボットの3種類で構成されます。

ピボットの計算式

ピボットを構成するそれぞれの指数は以下のように計算されます。

ピボット:(前日高値+前日安値+前日終値)÷3
S1: ピボット×2 – 前日高値
R1: ピボット×2 – 前日安値
S2: ピボット – (R1 – S1)
R2:(ピボット – S1) + R1
S3: ピボット – (R2 – S2)
R3:(ピボット – S2) + R2

ピボットの売買シグナル

ピボットの基本的な使い方は逆張りでの売買になりますが、順張りでもトレードをすることができます。

逆張り

価格がS1とR1の間で推移している場合は、レンジ相場と判断し逆張りで売買します。

  • S1で反発したことを確認し買い、R1に到達したら売り
  • R1で反発したことを確認し売り、S1に到達したら買い戻し

順張り

価格がS1またはR1をブレイクした場合、トレンドが発生していると判断し順張りで売買します。

  • S1を下抜けた場合に売り、S2で買い戻し
  • R1を上抜けた場合に買い、R2で売り

ピボットに関連する書籍

FX最強のテクニカル しろふくろうのPIVOTトレード術 (WINNER’S METHOD SERIES)

参考

ピボットとは、J・W・ワイルダーによって考案されたテクニカル指標であり「リアクション・トレンド・システム」とも言われている。前日の動きから当日の動きの範囲を推測しようするものである。基本的には2つのサポートポイントと2つのレジスタンスポイント、さらに上下にブレイクポイントを設ける。
出典:hirose-fx.co.jp

前日の高値と安値の差をベースにして、その日のサポート・レジスタンスを予測しようとするものです。主にデイトレーダー向きの指標と言えます。
出典:www.fxciao.com

ピボットは主にサポートとなるS1、S2、S3ラインと、レジスタンスとなるR1、R2、R3ライン、そして中心になるピボットを表示します

主な取引方法としてはR1に到達したところでの逆張り、またはR1をブレイクしてからの順張り、S1に到達したところでの逆張り、またはS1をブレイクしてからの順張りなどがあります。このピボットポイントをブレイクしたちょっと上や下に逆指値をおいておくのも順張りの有効な方法です。またR1を抜けてからの順張りの買いを持ったとき、R2が利益確定のポイントの目安になりますね。S1を抜けての売りであれば、S2で利益確定というふうになります。

ピボット = (前日高値+前日安値+前日終値)÷3
サポートライン1 = ピボット×2 – 前日高値
レジスタンスライン1 = ピボット×2 – 前日安値
サポートライン2 = ピボット – (レジスタンス1-サポート1)
レジスタンスライン2 = (ピボット-サポート1) + レジスタンス1
出典:finalrich.com

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!