住宅ローンの現在借入者は2割強、借入経験者は5割弱、借入予定者は約2% 〜 住宅ローンに関するアンケート調査

シェアする

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、8回目となる『住宅ローン』に関するインターネット調査を2017年4月1日~5日に実施した。

スポンサーリンク
レクタングル大

住宅ローンに関するアンケート調査

住宅ローンの利用経験

住宅ローンの借入経験者は5割弱、「借りている」が23.8%、「借りていたが、もう返済が終わった」が24.1%です。「借りたことがないが、具体的に借りる予定がある」は1.5%となっています。借入者・経験者の比率は、過去調査と比べて減少傾向にあります。

40代では、「借りている」が3割強で他の層より高くなっています。50代以上では、「借りている」が2割、「借りていたが、もう返済が終わった」が4割です。

利用している住宅ローンのタイプ

借入経験者・予定者の利用している(予定の)住宅ローンのタイプは、「完全固定型」が38.5%、「変動型」が32.3%、「固定期間選択型」が16.3%です。現在借りている人では「変動型」が約45%、過去に借りていた人では「完全固定型」が5割強となっています。

住宅ローン借入先選定時の重視点

住宅ローン借入経験者・予定者の借入先選定時の重視点は、「金利の低さ」(64.4%)の他、「諸費用・手数料」「繰り上げ返済手数料」「返済期間の長さ」が2~3割で上位にあがっています。「金利の低さ」は、男性30・40代でやや高くなっています。

住宅ローン借入時の参考情報

住宅ローンの借入先選定時の参考情報は、「住宅販売会社・不動産会社の店頭や担当者」「金融機関の店頭や担当者」が各2割強、「住宅ローンの貸付をしている機関のWebサイト、公式アカウントなど」「住宅ローン比較サイト」「勤務先での社員向け融資の説明」「家族・友人・知人などからのクチコミ」が各1割です。これから借りる予定がある人では、「住宅ローンの貸付をしている機関のWebサイト、公式アカウントなど」「住宅ローン比較サイト」「住宅ローンに関する情報サイト」などのインターネットからの情報に関する項目が上位にあがっています。

利用したい住宅ローンのタイプ

今後利用したい住宅ローンのタイプは、「完全固定型」が18.2%、「変動型」「固定期間選択型」が各1割です。「わからない」が半数強みられます。

1984の小並な感想

住宅ローンについては借りたことも検討したこともないので、よく分からないですね。

昔ローンの債権回収関連のアルバイトをしたこともありますが、未だに固定金利と変動金利についてはよく分かってないですからね。

ただ、調査結果では「借りたこともないし、借りる予定もない」という人が半数以上になっているというのが気になりますね。

ローンをリスクと考えている人が多いのか、それとも別な理由なのでしょうか。

そのあたりがちょっと知りたい気もしますね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする