売り手市場で「希望企業以外」からの内々定が増える予測。就職活動長期化の可能性もあり【2018年卒学生就職意識調査レポート】

シェアする

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、代表取締役社長:中井清和)は、2017年4月17日~4月28日の期間で、2018年卒学生向け就職情報サイト「あさがくナビ2018」登録会員を対象に、就職活動に関するWEBアンケートを実施した。

スポンサーリンク
レクタングル大

2018年卒学生就職意識調査レポート

■「安定していそうな企業」「休日・休暇がしっかり取れる企業」を志望すると過半数が回答。

「安定していそうな企業」「休日・休暇がしっかり取れる企業」と過半数が回答しており、「全国的に知名度がある大手企業」の回答を上回りました。

昨年同様に著名大手企業よりも、安定志向で、プライベートを重視する傾向があります。

「ジョブローテーション制度があり様々な職種の経験が積める企業」「若いうちから仕事を任せてもらえる企業」「海外で活躍できる機会のある企業」など仕事への意欲を期待する項目の回答割合は、それぞれ2割を下回る結果となりました。

■現在までの内々定獲得社数、内々定を得た企業への入社意思

4月下旬の時点で、8割近くの学生がまだ内々定を得ていないと回答しています。

6割を超える学⽣が内々定を得たい時期を「6月末まで」としており、6月の⼤⼿選考開始に合わせ、昨年より早期に決着を考えています。

ただし、8割以上の学⽣が就職活動を継続すると回答し、希望する企業以外からの内々定が増えているかもしれない事がわかります。

1984の小並な感想

私は大学卒業と就職活動をした経験がないので、このデータをどう見れば良いのかはっきりとは分かりませんが、就職をするという選択をするわけですから、やはり安定志向が強くなるのは当然な気もしますね。

就職活動の時点で仕事への意欲がある人が2割というのも少ないのでしょうか。

以前のデータと比べれば分かるような気がしますが、私自身それほど興味がないので、誰かにお任せしたいと思います。

でも、安定した仕事があるというのは素晴らしいことですね。羨ましいです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする