「旅行」「笑い」「家族」が上位に。低ストレス女性のリラックス方法を調査 ココロの体力測定2017【リラックス方法 編】

シェアする

株式会社メディプラス研究所(本社:東京都渋谷区、代表:恒吉 明美)が運営する「オフラボ」は、低ストレス者と高ストレス者のリラックス方法の違いについて調査を実施した。

スポンサーリンク
レクタングル大

ココロの体力測定2017【リラックス方法 編】

全国の20~69歳の女性約7万人を対象に行った「ココロの体力測定2017」によると、低ストレス女性の割合は10.8%、高ストレス女性は16.2%という結果に。ストレスオフのためにしていることをそれぞれのグループ内で集計し、共通していた上位項目をのぞいてたTOP5において、両者のリラックスの方法に以下のような違いが見られました。

■ 低ストレスのコツは、仲良く家族と温泉旅行?

 低ストレス女性は、「旅行に行く」「入浴する」「笑う」などの副交感神経優位な時間を過ごし、ストレ
ス抑制ホルモンとして知られるオキシトシン活性を促す、「家族と過ごす」といったグルーミングをストレ
スオフに取り入れている傾向にあります。
 
 一方、高ストレス女性は「スマホ、パソコンを使う」「音楽を聴いて過ごす」などデジタル機器を使って
時間を過ごし、それを補うような日中の「昼寝など仮眠」「何も考えない(頭を休める)」が目立つことか
ら、心身のペース乱れを引き起こしていることが考えられます。また「お腹一杯食べる」など、一時的にス
トレスを解消するだけのリセット型であるのも特徴です。

 「コーヒーを飲む」「甘いものを食べる」「テレビをみる」などは、低ストレス女性・高ストレス女性共
に上位項目であったため、リラックス効果は期待できますがストレスレベルには関与しないようです。

1984の小並な感想

いまいちピンと来ないような気がしますが、そういうものなのでしょうか。

私も「旅行に行く」「映画館で映画を見る」「散歩する」といった比較的外に出るようなストレス解消法を選択していますが、普段はスマホ、パソコンをよく使いますし、ボーッとしていることも多いですね。

高ストレスの人は日常生活の延長でストレス解消を試みているからなのではないかという気もしますね。

あとは1人だと「笑う」「家族と過ごす」といったグルーミングができないので、それをネットに求めてスマホ使用時間が長くなっているようにも思います。

なるほど、という感じはあまり受けないですね。なぜでしょうか。。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする