支出をうまく利用してコスト削減!不動産投資の出費節約術とは?

不動産投資は「事業」です。

収益を上げることが目的ですが、逆に経費などで出費を抑えることも大事です。

また少しの工夫をするだけで出費を抑えると共にお得になることもあります。

今回は、そのような得するハウツーをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

共用電気代は電力自由化で節約する

保有物件の維持費は、できるだけ最小限に抑えたいものです。

共用部の電気代だけでなく、ブロワーなど低圧電力も使っていると月々結構なお金が飛んで行きます。

このランニングコストを少しでも抑えるために、電力自由化でできる限り安い電力会社さんを選んでいきます

選ぶ電力会社については、保有物件のエリアによって利用できる電力会社さんが違うので比較サイトなどで検索してみてください。

また比較サイトに敢えて載せていないお得な電力会社も最近は多いようですのでGoogleなどで

「〇〇(ご自身の物件のエリア) _ 電力自由化」

などで検索をしてみることもおすすめです。

電力自由化での注意点はあまりありませんが、解約ペナルティがかかるところはできるだけ避けた方がよいです

プロパンガスが多いエリアはオーナーチェンジ時にガス会社を切り替えて給湯器などを交換してもらう

首都圏など都市ガスが大半を占めるところでは難しいですが、地方などではまだまだLPガスのエリアが多いです。

そのような場所で物件を購入した場合はオーナーチェンジ時に供給会社を切り替えして、特典として物件の給湯器などを新しく交換してもらったり、各部屋のガスコンロを新しくしてもらったりしましょう

ガス代も切り下げることができ、入居者さんからも喜ばれます。

ただし、LPガス切り替えの見返りを過度に要求してしまうと、その後にガス代を引き上げるなど入居者に跳ね返ってくることもあるようです。

節度を持ってあくまで大家、入居者が得になるような対応を求めましょう。

火災保険を上手に活用して保険金で出費をカバーする

最近はゲリラ豪雨や豪雪などの天候不順が日本でも多く、物件に大きなダメージを被るケースも出てきています。

自然災害だから仕方ないと大家さん自らの費用で修理をされる方もいらっしゃいますが、こんな時は火災保険を活用しましょう。

火災保険は単に火災が発生した際の保険だけではなく、自然災害などにおける建物の被害、また建物内の損害についても(契約時の補償内容によって変わりますが)カバーすることができ、保険金で修理ができます。

「契約時の補償内容によって」と文言を添えたのは、保険加入時にしっかりと大家自身が理解して加入してほしいからです。

大家の中には「アパートやマンションの火災保険料は高額だからできる限り安く保険料を抑えたい」という方がいらっしゃいますが、これはかなり危険な考えです。

水災などオプションを外して安く抑えた結果、保障範囲がカバーできず泣く泣く身銭を出さざるを得ないケースを何回も見てきました。

自然災害はいつ起こるかわかりませんし、発生した場合の建物への被害額は甚大ではないので、かならずご自身の物件のあるエリアのハザードマップなどを確認して起こりうる災害に対する保険は万全に用意しましょう

修繕費や設備などの商品購入はポイントサイト経由で、クレジットカードを使ってネットで購入する

建物の修理や賃貸物件のエアコンの故障買い替えなど不動産投資では結構出費がかさみます。

これを現金などで支払ってしまっていると、実は損をしています。

クレジットカードをメインで使うことでポイントを獲得することで、実質的に割引がされる形で商品を購入できます。

手順はまとめると3段階になります。

  1. ポイントサイト経由でクレジットカードを申し込む
  2. クレジットカードができたら、商品購入は全て「ポイントサイト経由からのネットショッピング」で購入する
  3. ポイントサイトのポイント、クレジットカードのポイント、ネットショッピングのポイントの3つを上手に利用する

1. まずはクレジットカードをポイントサイト経由で申し込む

おすすめはこのあたりのポイントサイト。

キャンペーンでたまにポイントが跳ね上がっているときがある時がねらい目です

クレジットカードの申込はポイントが結構貯まります。

ただし、一気に複数枚申し込むと年収の過多に関係なくNGがかかるときがあるのでご注意ください。

2. クレジットカードを使ってポイントサイト経由のネットショッピングをする

クレジットカードが届いたら、雑品などの購入はネットショッピングで買いましょう。

筆者は結構ヤフーショッピング楽天を利用しています。

Amazonでもいいのですが、Amazonのメリットは数百円など小口で安いものでも送料無料がついている面だけで、最近は商品自体そこまで他社に比べて安い訳ではありません。

むしろ、ヤフーショッピングや楽天の方が安い事もありますし、金額が多ければ送料が無料になるのでamazonを使う必要もありません。

またヤフーショッピングや楽天の場合は日にちによってポイントが倍増すること、上記のポイントサイトとつながっていることからこちらを利用しています

またクレジットカードでの支払いは商品購入だけではなく、交通費や電気代なども全てクレジットカード支払いに切り替えましょう

明細が自動的にでますので、経費の入力も楽になりますし、税務署からの調査が入った際のエビデンスにもなります。

3. 3つのポイントを上手に使う

上記の流れで進めていくと、

  • ポイントサイト
  • クレジットカード
  • ショッピングサイト

の3つのポイントが溜まっていきます。

不動産賃貸業などで色々物を買うと、結構なスピードでポイントがたまります。

ショッピングサイトのポイントについては次回の商品購入時にそのままポイント値引きで使うことができますし、ポイントサイトとクレジットカードのポイントは全てマイルに切り替えることができるので、そのまま家族で旅行に使えば家族も不動産投資に理解してもらえるのではないでしょうか。

以上、今回は4つのノウハウをご紹介しました。

まだまだお得にできるハウツーも沢山ありますので、楽しみながら不動産投資を実践しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大