サイコロジカルラインの見方と使い方

前回は「エンベロープの見方とトレード手法」についてまとめました。

今回はオシレーター系指標の一つ、サイコロジカルラインについてまとめます。

サイコロジカルラインとは

サイコロジカルラインとは、投資家の心理を数値化して売買タイミングを判断するために考案されたテクニカル指標です。

一定期間のうち価格が上昇した日数の割合を求めて相場の強気・弱気を判断します。

一般的に数値が75%以上の場合は「買われ過ぎ」、25%以下の場合は「売られ過ぎ」と判断します。

サイコロジカルラインの計算式

サイコロジカルラインは以下のように計算されます。

サイコロジカルライン = (一定期間のうち価格が上昇した日数) ÷ (一定期間の日数) × 100%

例えば、12日中9日価格が上昇した場合、サイコロジカルラインの値は75%となります。

サイコロジカルラインの設定値(パラメーター)

一般的には12(日間)が多用されますが、他にも81322などの数値が利用されることもあるようです。

サイコロジカルラインの売買シグナル

サイコロジカルラインの値が75%以上なら売りシグナル、25%以下なら買いシグナルと判断できます。

サイコロジカルラインの注意点

サイコロジカルラインは大まかな流れを判断するのに有効ですが、一方でダマシが発生しやすく、RSIやストキャスティクスのように売買ポイントをピンポイントで捉えることは難しい傾向にあります。

ダマシを避けるためにも、他のオシレーター系の指標などと併用して補完的に利用することが必要と言えます。

まとめ

サイコロジカルラインについてまとめましたが、テクニカル指標としてはそれほど精度が高いものではなく、RSIやストキャスティクスといったテクニカルでも代用ができることから、どうしてもサイコロジカルラインを使う必要がある場合に限り、補完的に利用することになるかと思います。

実際にチャートに適用して検証をしてみても、売買シグナルとして単独で判断するのは難しいように感じます。

ただ、設定値を通貨ペアごとに最適化するなどの工夫次第では、精度を向上させることが出来るかもしれません。

参考

この値の50%は通常で、25%以下は売られ過ぎであり、75%以上では買われすぎです。
出典:www.sevendata.co.jp

投資家の心理を数値化して、売買のタイミングをとるのに役立てようという考えから生まれたものです。
出典:www.miller.co.jp

サイコロジカルラインは、以下の計算式で算出され、期間は12日(週)にするのが一般的です。

サイコロジカルライン=(対象期間の価格上昇日の日数)÷(対象期間の日数)×100%

例えば、12日中9日価格が上昇した場合、サイコロジカルラインの値は75%となります。
出典:www.fxtsys.com

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大