ローソク足の見方【基本編】

スポンサーリンク
レクタングル大

ローソク足の基本的な見方

ローソク足は、始値高値安値終値の4つの値(4本値)で構成されます。

  • 始値・・・その時間軸で始めに値がついた価格
  • 終値・・・その時間軸で最後に値がついた価格
  • 高値・・・その時間軸の最も高い値がついた価格
  • 終値・・・その時間軸で最も低い値がついた価格

また、陽線では白く塗りつぶされた部分、陰線では黒く塗りつぶされた部分を実体、実体から上に伸びた線を上ヒゲ、実体から下に伸びた線を下ヒゲと呼びます。

陽線

始値より終値のほうが高く、上昇トレンドで多く出現します。

陰線

始値より終値のほうが安く、下降トレンドで多く出現します。

実体の長さ

ローソク足の実体部分が長いほど、「買い」または「売り」の勢いが強いと判断できます。

ヒゲと向きと長さ

長い上ヒゲが高値圏で出現すると下落のサインとなり、長い下ヒゲが安値圏で出現すると上昇のサインとなります。

ローソク足の基本的な形(陽線)

大陽線(陽の丸坊主)

一貫して上昇傾向にあり、相場は完全な強気といえます。

大陽線(陽の大引け坊主)

始値から一度下げるものの、上昇に転じて高値のまま終値を迎えています。
一般的に下げが続いた後に出現すると強い買いのサインとされます。

大陽線(陽の寄付き坊主)

始値から上昇を続けているものの、一度高値を付けて下落しているため注意が必要です。
市場心理としては買いの姿勢が持続されることが多く、一般的に陽の寄付き坊主が出現すると買いのサインとされています。

コマ(陽の極線)

上下にヒゲが出現しており、市場が迷っており方向感が定まっていない状況です。
陽の極線が出現した場合は様子を見たほうが良いとされています。

カラカサ(陽線)

一度大きく下げた後に、上昇に転じて終値が始値を上回っています。
相場の転換期を示すとされ、安値圏で出現すると上昇のサインとされています。

トンカチ(陽線)

一度は大幅高になったものの、その後売りに押され上げ幅が縮小しています。
カラカサと同様に転換期を示すとされ、高値圏で出現すると下落に転じる可能性が高いとされています。

トンボ(陽線)

始値と終値が同じ値で、長い下ヒゲが出現しています。
転換期を示すとされ、上昇相場では下落のサイン、下降相場では上昇のサインとされています。

ローソク足の基本的な形(陰線)

大陰線(陰の丸坊主)

始値から終値まで一貫して下落傾向にあり、相場は売りが優勢な下降相場です。

大陰線(陰の寄付き坊主)

始値から大きく値を下げ、一度安値をつけて終値にかけて上昇しています。
売りの姿勢が持続されることが多く、一般的に下落のサインとされています。

大陰線(陰の大引け坊主)

始値から一度は高値を付けるものの、その後大きく値を下げ安値が終値となっています。
上値の重さが意識され、値下がりが続く傾向にあります。

コマ(陰の極線)

「陽の極線」同様、市場に迷いがあり方向感が定まっていない状況です。
「陽の極線」同様、陰の極線が出現した場合は様子を見たほうが良いとされています。

カラカサ(陰線)

一度大きく下げた後に、上昇に転じて下げ幅が縮小しています。
「カラカサ(陽線)」と同様、安値圏で出現すると上昇のサインとされています。

トンカチ(陰線)

始値から一度は大きく上昇し高値を付けるものの、終値が始値を下回っています。
高値圏で出現すると下落のサインとされています。

トウバ(塔婆)

始値と終値が同じ値で、長い上ヒゲが出現しています。
サインとしては転換または保ち合いへの移行を示していますが、高値圏で出現した場合は下落のサインとも考えられます。

寄せ線(足長同事線)

始値と終値が同じ値で、上ヒゲと下ヒゲともに同じ長さとなっています。
売り勢力と買い勢力が攻防している状態にあり、相場の転換期を示しています。

4値同事足

4本値が全て同じで実態もヒゲもない足です。
相場が動いていない状況を示しています。

参考

ローソク足の種類:陽線
出典:kabuzen.com

ローソク足の見方
出典:zerokabu.com

スポンサーリンク
レクタングル大