ローソク足の組み合わせ【二本足】

あて首線

下降相場で前の足の安値よりも低い価格で始まり、陽線で終えたものの前の足の安値付近までしか値を戻せない形をいいます。陽線が小さい場合は、下降相場が継続する可能性が高く、売りのサインとされます。

入り首線

あて首線同様、下げ相場で前の足の安値よりも低い価格で始まり、終値が陰線の実体部分に食い込んだ形をいいます。あて首線よりも強い買い勢力があるものの、陰線の中心まで戻しきれず戻り売りのサインとされます

差し込み線

入り首線と似ていますが、陽線が入り首線よりも長いものを「差し込み線」といいます。入り首線よりも強い買い勢力がありますが、入り首線同様戻り売りのサインとされます。

かぶせ線

大陽線の終値よりも高く始まるものの、終値を大陽線の範囲内に付ける大陰線の形をいいます。
大陽線の中心値以下での陰線形成はドテン売りのサインとされます。

切り込み線

かぶせ線とは逆の形で、大陰線の終値より安く始まったものの、買い圧力が強く大陰線の範囲内で終値を付ける大陽線の形をいいます。長期下落後に出現すると買いサインとされます。

出合い線(逆襲線)

前の足の終値より安く始まったものの、終値が前の足の終値まで戻した形をいいます。陽線と陰線、陰線と陽線の2つのパターンがあります。相場の転換を暗示するサインされています。

振り分け線

出合い線とは逆の形で、前の足の始値とほぼ同じ値で始まったものの、前の足とは逆方向に終値を付けた形をいいます。陽線と陰線、陰線と陽線の2つのパターンがあります。上昇相場での陰線と陽線の組み合わせは買いのサイン下降相場での陽線と陰線の組み合わせは売りのサインとされています

たすき線

前の足の陰線の終値より高い価格で始まり、前の足の高値よりも上で終値を付けた陽線の形をいいます。
陽線と陰線、陰線と陽線の2つのパターンがあります。決定的な転換ではありませんが、転換を暗示するサインとされています。

はらみ線

前の足の陽線の終値よりも安く始まり、前の足の始値よりも高く終値を付けた陰線の形をいいます。前の足の陽線に陰線がすっぽり収まっている形が特徴です。陽線と陰線、陰線と陽線の2つのパターンがあります。陽線と陰線の組み合わせは高値圏を示し売りのサイン陰線と陽線の組み合わせは安値圏を示し買いのサインとされています。

つつみ線

はらみ線とは逆の形で、前の足の陽線の終値よりも高く始まったものの、前の足の始値より安く終値を付けた陰線の形をいいます。陽線と陰線、陰線と陽線の2つのパターンがあります。高値圏で陽線と陰線の組み合わせが出現すると売りのサイン、安値圏で陽線と陰線の組み合わせが出現すると買いのサインとされています。

毛抜き天井

前の足の高値と、現在の足の高値がほぼ同じ値の形をいいます。高値を抜けきれないため高値圏で出現すると売りのサインとされます。

毛抜き底

前の足の安値と、現在の足の安値がほぼ同じ値の形をいいます。安値圏で出現すると売りのサインとされます。

首つり線

上昇相場の中で、前の足の高値よりも高い価格で始まるものの、売り勢力が強く、さらに利食いの売りが続き一旦大きく値を下げますが、再度押し目買いが入り反発するため長い下ヒゲが出現した形をいいます。下降相場へ転換する兆しが強く、売りのサインとされます。

たくり線

下降相場の中で、前の足の安値よりも安い価格で始まり値を下げるものの、買い勢力が強く長い下ヒゲが出現した形をいいます。下降相場で陽線で出現した場合は底値圏の可能性が高く買いのサインとされます。

最後に

上記のローソク足の組み合わせによる投資手法は、前の足の終値と現在の足の始値が乖離していることが条件のものもあります。

株式投資と異なりFXは24時間取引が出来ますので、週末から月曜日にかけてFX会社が取引を停止する際以外は始値と終値が乖離することはほとんどないのですが、ローソク足の組み合わせからでも相場を読み解ける知識を持っていれば役に立つ機会もあるかと思いまとめてみました。

ただやはりローソク足の組み合わせだけではダマシに合う可能性も高く、他の指標と組み合わせて利用する必要があるようです。

参考

酒田五法
出典:invest.aandm-china.com

株チャート分析と個人投資家の心理学
出典:kabu-psychology.com

スポンサーリンク
レクタングル大