RSIの見方と使い方

RSIとは

RSIとは、「Relative Strength Index(相対力指数)」の略で、ストキャスティクスと同様「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するために利用されます。

RSIは50%を中心として0~100%の範囲で推移し、上昇トレンドの場合は50%以上、下降トレンドの場合は50%以下で推移します。

RSIの計算式

RSIは以下のように計算されます。

RSI=

一定期間の値上がり幅の合計÷(一定期間の値上がり幅の合計+一定期間の値下がり幅の合計)× 100

RSI=A/A+B×100

A:一定期間の値上がり幅の合計
B:一定期間の値下がり幅の合計

RSIの設定値(パラメーター)

一般的に、14(日間)という数値が利用されています。

開発者のJ.W.ワイルダー、カトラー氏も14(日間)を推奨しており、オシレーターの初期設定値は14日に設定されていることが多くなっています。

RSIの売買シグナル

RSIが一定水準を抜けた場合

一般的に、指標が70%ラインを超えると高値圏となり売りシグナル、30%ラインを割ると底値圏となり買いシグナルと判断できます。

また、買われ過ぎ売られ過ぎの範囲から反転し、同水準から抜け出した場合はより確実なシグナルとされます。

ダイバージェンス

MACDのダイバージェンスと同様、レートが高値・安値を更新しているにも関わらず、RSIの数値は直近の高値・安値を更新できない現象をいいます。

ダンバージェンスが発生した場合は、天井や底といわれ、高値圏では売りシグナル、底値圏では買いシグナルになります。

RSIとストキャスティクスとの違い

ストキャスティクスは、ある期間の最高値と最安値に対して現在の値がどの位置にあるかを指数化したものです。

一方RSIの場合、ある期間の値幅の中でプラスに動いた値幅がどのくらいの割合かを見る指標です。

RSIの注意点

ストキャスティクス同様、強いトレンドが形成されたときに、レートは上昇を続けているものの、RSIは上下に張り付いたままになってしまい機能しなくなる場合があります。

RSI関連の書籍

ワイルダーのテクニカル分析入門――オシレーターの売買シグナルによるトレード実践法 (ウィザード・ブックシリーズ)

コナーズRSI入門 ──個別株とETFで短期売買を極める

参考

RSIという指標は、「Relative Strength Index(相対力指数)」を略したものです。
出典:www.nomura.co.jp

RSIは、50%を中心として0~100%の範囲で推移し、上昇局面に入ると数値が50%以上で推移し、下降局面に入ると数値が50%以下で推移します。
出典:www.sevendata.co.jp

開発者のJ.W.ワイルダー、カトラー共に14日が最適の期間だと推奨をだしており、一般的に初期設定値は既に14日となっていることが多くなっています。
出典:mituwasou.com

買われ過ぎ売られ過ぎの範囲から反転し、同水準から抜け出した場合はより確実なサインとされます。
出典:www.fxtsys.com

簡単に説明すると、ストキャスティクスは、例えば、13日間ストキャスティクスであれば、13日間の中で、最高値と最安値の値に対して、現在の株価がどの位置にあるのかを指数化したものです.それを3日平均したりなど加工して%Kやファーストやスローなどにしていきます。
RSIは単純な考え方では例えば14日RSIであれば(14間の中で前日比プラスの値幅の合計)を(14間の中で前日比プラスの合計値幅+14間のなかで前日比マイナスの値幅合計)で割って求めます.つまり全値幅の中でプラスの値幅がどのくらいの割合なのかを見る指標です.電卓での計算はRSIが手軽です.(計算式は別の形もありますが、大差ありません).両方ともほぼ同じような使い方です。
出典:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!