七五三は仏滅におこなってはいけない決まりはありません。ご家庭の事情に合わせましょう。

七五三は日本に古くから伝わる子供の成長を祝う行事で、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になる年に行われます。

この七五三の日は11月15日とされていますが、最近は11月15日に拘らず10月や11月の休日に行われるケースが多くなっています。

そして、子供の成長を祝う行事で有るため、出来れば大安等の縁起の良い日に行われる事が望ましいとも考えられますが、最近の傾向としては大安に拘らず、6曜を参考に例えば先負等の日でも午後の縁起の良いとされる時間帯で行われるケースも増えています。

そこで七五三の参拝等を仏滅の日などに行っても大丈夫なのか、焦点を当ててご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

七五三を仏滅にとり行うメリット

じつは、七五三のお祝いを仏滅の日におこなってはいけないと言う決まりはありません。

近年の傾向として七五三の祝い事もそうですが他のお祝い事等をあえて仏滅の日に行うケースも見られます。

これは、この後にも触れますが「六曜」と呼ばれる暦と、神社の暦が異なるため、神社側の都合で仏滅の日であっても七五三等の祝い事をとり行う事が出来るためです。

また、一般的には仏滅に七五三などの祝い事を避けるご家庭も多いことから、神社なども比較的空いている事も有り、参拝もスムーズに行う事が出来るメリットもあります。

子供にとって大切な七五三は大安にこだわる必要が無い

大安は六曜の暦の中でも最も縁起が良いとされており、昔から七五三などのお祝い事を行うには最も適しているとされております。

そのため、七五三シーズンの10月から11月の休日と大安が重なる場合には、日本各地の神社は七五三の参拝客で賑わいを見せます。

子供の成長を祝う七五三は、出来れば縁起の良い大安の日におこないたいと考える親御さんも非常に多くおり、10月から11月の間の休日で大安とぶつかる日がある場合には、やはり大安を選択する事が賢明な判断と考えます。

ただし、あくまでもご家庭の事情に合わせて七五三を行う事がとても大切です。

日本に伝わる六曜の意味を知る

日本人の文化の一つに「六曜」と呼ばれる暦が有ります。

この六曜には「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6種類が有り、それぞれに意味合いがあります。

先勝は「先んずれば勝ち」と言う意味を持っており、何事も急ぐ事が吉で有るとされています。

1日の内では午前中が吉、午後は凶で有るとされています。

友引は「友を引く」と言う意味を持っており、朝と夕方は吉、昼間は凶で有るとされています。

先負は先勝とは逆の意味合いを持ち、午前中が凶、午後が吉とされています。

仏滅は「仏も滅する凶日」とされており、祝いごと等には適さない日とされています。

一方で、大安は大いに安しの意味を持っており、祝い事など何をするにも吉とされています。

赤口は赤と言う文字が火や血を連想させる刃物に注意が必要な日とされており、午前11時から午後1時迄のお昼時だけが吉で、それ以外の時間帯は凶とされています。

この様に六曜にはそれぞれ吉と凶とされる時間帯等があり、七五三の参拝やお祝いを行う場合には、それらの時間帯を外す風潮もあります。

ただし、最近の傾向としてはご家庭の事情に合わせ、これらの六曜をあまり気にせず、吉の時間帯のみを意識して参拝を行ったりするご家庭も増えています。

七五三の服装は子供に合わせ普段着でも大丈夫

七五三のお参りに行く際の服装ですが、一般的には着物やスーツ等のフォーマルな服装で参拝する方が多いです。

子供の場合は女の子は着物やドレスに人気があり、男の子の場合は袴(はかま)やスーツに人気が有ります。

一方、両親は子供の服装に合わせ母親であれば着物やスーツ、父親の場合はスーツが多くなっています。

また、最近では普段着で参拝されるご家庭も増えて来ており、普段から子供が着ているお気に入りの服装で参拝されるケースも多くなっています。

もしも、子供の服装を普段着にする場合、両親の服装もカジュアル系の普段着に合わせる事で、家族全体の服装の統一感を図る事が出来ます。

まとめ

七五三の主役はお子さんです。

そのため、七五三を祝う神社等への参拝やその後のパーティーなどは子供の事を考えたものにしましょう。

また、七五三を行う際の服装も、ご両親が子供よりも目立つ事が無い様な心掛けを大切にしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!