七五三の着物は購入とレンタルはどっちがおすすめ?レンタルであれば費用を安く抑えることができます

「七五三の着物をレンタルで安く済まそうか、この際だから後々まで使用できるように購入してしまおうか」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

七五三では、着物を購入するよりもレンタルしていただくほうがおすすめです。

この記事では、購入とレンタルのメリットやデメリット、着物を安くレンタルする方法などについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

七五三の着物は購入とレンタルはどっちがおすすめ?

七五三の着物の場合、購入するよりもレンタルの方がおすすめです。

その一番の大きな理由は、費用の安さにあります。

近年は、着物代に加え、着付けや写ヘアセット、そして写真撮影というパックプランをレンタルでは売りにしているので、美容院や写真館を改めて手配する手間も費用もかからないことから、レンタル利用者が多くなっています。

また、着用後の染み抜きといったクリーニングも自分で出しに行く必要もありませんので、着物はレンタルがおすすめです。

七五三の着物を購入するメリットとデメリット

購入するメリットとしては、自分だけの着物ということで、サイズも身体にぴったりですし、写真撮影をしても他人と被ることはほとんどありません。

そういった意味でオリジナル性を追求するのであれば購入が良いでしょう

一方、デメリットとしては、値段が高い上に稀にしか着物を着ないため、保管が難しいことが挙げられます。

家族や親戚に兄弟や小さな子が多いのであれば、貸してあげることができ、大変有り難がられるというメリットもあります。

七五三の着物をレンタルするメリットとデメリット

スタジオを兼ねているお店でのレンタルにおけるメリットとしては、やはり安価で借りられる上に、ヘアセットや着付け、写真撮影といったパック売りが多く、家計を圧迫することがあまりないというのが大きいです。

また、近年は着物の柄や色合いも抱負で目移りするくらい、選ぶ楽しさがそこにはあります。

着用後の着物のお手入れなどの費用ももともと組み込まれているので、わざわざ自分でクリーニング店に足を運んだり、染み抜きする手間暇がはぶけます。

一方、デメリットとしては、早めに予約しておかないと、人気の着物を借りることができないという点です。

また、予約制がゆえに、急な変更がきかないというデメリットがあることを念頭においておくと良いでしょう。

また、アンティークの着物になると、値段がアップするということも覚えておいてください。

レンタルだと生地がどうしてもポリエステルで安っぽい写真写りになるのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、写真には着物の質はあまり影響しません。

むしろ着付けやヘアセットの具合が写真の出来栄えに大きく影響しますので、親御さんはそちらの方を気にかけてあげるほうが良いでしょう。

七五三の着物を格安で購入する方法

ヘアセットや写真・着付けなどは自分で手配しなくてはなりませんが、通販サイトで購入してみると七五三の着物セットが信じられないほど安いです。

また3歳の女のお子さんの着物セットに関しては、着付けをしたことのないお母さんたちでも、お子さんに着せられるような簡単な着付け構造となっているので助かります。

また、7歳の娘さんの場合でも、「作り帯」になっているので、簡単に装着ができて、締め付けが軽減される構造になっており、重宝します。

他にも、近年は地域のフリーペーパー等の情報誌だけでなく、スマートフォンで簡単にフリーマーケットに参加できるアプリもあるので、そちらで「七五三の着物一式を譲ってください」と呼びかけることで、使われなくなったより良いものを格安に購入する方法もあります。

七五三の着物を安くレンタルするには?

写真館での「七五三パック」で、前撮りや後撮りを予約しておけば、衣装代・着付けに加えてヘアセットも無料をうたっているところが近年は多いので、そういったところをチェックしておくと良いでしょう。

また、七五三シーズンになると、11月の土日祝日が大変混み合います。

その上、費用もグンとアップしてしまいます。

ですから、できるだけ平日を利用して、この七五三パックを利用されるとより節約してレンタルでき、満足していただけるでしょう。

他にも、ネットショップで格安にレンタルするというやり方があります。

基本的に実店舗の価格と比べると5割ほど安いですし、送料などが無料のところもあります。

また、たとえ汚れたとしても、クリーニング代も無料となっているプランが多いのが助かりますね。

まとめ

子どもの成長を感謝し、祝う「七五三」は、子どもたちにとっても、家族にとっても一大イベントといっても過言ではありません。

ですから、妥協という二文字には決して屈したくないというのが親心かと思います。

けれども、子どもの身体の大きさや、性別、人数によって、着物をその都度買い揃えることは家計の圧迫につながりかねません。

そのため、上記で述べた方法で、賢く七五三の用意をされることをおすすめします。

今回お話しした様々なメリット・デメリットを各家庭の状況と照らし合わせて、「我が家では何を最優先したいか」「絶対に譲れないことは何か」などを整理して、購入するか、レンタルにするかを検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!