七五三はお参りだけで、祈祷なしで済ませても問題ありません

七五三では神社への参拝だけではなく、子供の成長を願う祈祷もおこなわれています。

しかし、その祈祷は必ず行う必要があるのか、七五三の子供を持つご家族としては悩む所ではないでしょうか。

そこで、この記事では「祈祷をおこなわずに神社への参拝だけでも良いのか」といった疑問にお答えします。

また、祈祷を受ける場合の料金や服装、マナーなどについてもあわせてご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

七五三の神社はお参りだけで、祈祷なしで済ませても良いの?

子供の七五三には、一般的には自宅近くの神社等へのお参りをするならわしがあります。

その際に、参拝だけで良いのか、祈祷を受ける必要があるのかを悩むご家庭もありますが、七五三のお祝いで大切な事は、どの様な儀式をおこなうかではなく、子供が無事に成長してくれた事を家族全員で喜び祝う事にあります。

そのため、神社への参拝だけで済ませても全く問題はなく、さまざまな考え方を認める現代社会では、その様な簡略化された七五三も認められる風潮に変わってきています。

七五三で祈祷をおこなう意味

七五三は子供が無事に成長してくれた事を神様に報告する日本の文化で、これからの将来も子供が無事に成長してくれる事をお願いする風習です。

そのため、神社で祈祷を受ける際には、神主から神様に向かって子供の成長をお願いする言葉が告げられます。

また、子供やその家族に対しては「大麻」を使った厄払いが行われ、子供と家族の今後の無事に対する祈りが奉げられる儀式となっています。

そういった意味では、ご家庭の事情にもよりますが、神社での祈祷を受けておく事で、心の中で神様のご加護を受ける事が出来る安心感を得ることが出来ると言えます。

七五三の祈祷はいつするもの?お参りと同日にしても良いの?

七五三のお祝いは11月15日が正式な日とされておりますが、実際には10月から11月15日までの縁起の良い日に行われるケースが多くなっています。

特に、ご家族や親族の都合に合わせておこなわれるケースが多く見られます。

また、神社で祈祷を行う場合には、参拝の日取りと合わせておこなわれる事がどこのご家庭でも一般的になっています

七五三は子供の成長を家族で祝う行事ですので、ご家族の都合に合わせる必要があり、家族全員の都合を合わせるためには、神社での祈祷と参拝は同じ日にとりおこなう事が効率的で良いと考えます。

しかし、どうしても都合がつかない場合には祈祷と参拝を別々の日に行っても問題はありません

ただし、11月15日までには済ませる様に計画される事が望ましいでしょう。

七五三の祈祷料はいくら包めば良いの?

七五三で神社の祈祷を受ける場合の費用について確認して見ましょう。

七五三の祈祷では、神社に対して通常のお賽銭では無く、初穂料や玉串料、御礼等の名目で神社への謝礼を支払います。

支払いは祈祷を受け付ける受付場で支払う事になりますが、その際には紅白の蝶結びが付いているのし袋に入れて納めます。

現在の祈祷料は子供1人当たり5,000円が一般的な相場となっておりますが、神社によってはプラスで「お気持ち代」等がかかる所もあるため、七五三の祈祷を申し込む神社に事前に確認を取ってみましょう。

また、この七五三のシーズンで特に混雑が予想される神社では、一度に何組もの祈祷がおこなわれる場合もあり、その場合には祈祷料金が安くなることもあります。

七五三の祈祷の服装は普段着でも大丈夫?

七五三の祈祷で最も悩むのは、どの様な服装で祈祷を受ければ良いかではないでしょうか。

特に神社で祈祷を受ける場合には神聖な神前で行われる物ですので、祈祷を受ける場合にもそれなりにきちんとした服装で受ける事が望ましいとも考えられます。

現在の七五三の服装は女の子であれば着物やドレス、男の子の場合には羽織袴と言う服装が主流となっています。

また、ご両親であればスーツなどのフォーマルな服装が主流となっています。

子供の着物やドレス、羽織や袴は衣装店でレンタルする事も出来ますので、七五三のお祝いの日取りに合わせて準備を進めておく事が大切です。

ただし、これらの準備がどうしても出来ない場合には、普段着でも神社の祈祷や参拝を行う事も出来ます

その場合には、普段着よりも若干フォーマルな服装にする事が望ましく、ご両親の服装も子供に合わせる事で、ご家族全体の服装のバランスを取る事が出来ます。

七五三の祈祷のマナー

七五三の祈祷を神社で受ける場合には、神社ならではのマナーがある事を覚えておく必要があります。

そこで祈祷のマナーに付いて確認しておきましょう。

まず、神社で祈祷をしてもらう場合には、神社に対して謝礼を支払う必要があります

この謝礼は祈祷を申し込む際に支払いますので、忘れてしまう事はないでしょう。

次に、実際に祈祷を受ける場合には、玉串の奉納や神前に向かって挨拶をする手順が決められています

通常は神主や巫女さんから案内がされますので、その案内に従って行えば問題はありません。

玉串を神前にささげる場合には、巫女さんから受け取った玉串を右回りで持ち直し、玉串の根元を神前にむけて祭壇にささげます。

また、神前に挨拶する場合には二礼二拍手一礼の順で挨拶をします。

最後に改めて一礼してから元の位置に戻れば大丈夫です。

神社の祈祷では、この手順を覚えておけば大きくマナー違反にはなりませんので、あまり緊張せずに祈祷を受けるようにしましょう。

まとめ

七五三のお祝いで、神社での祈祷は必ず受けなければならないものではありません。

また、祈祷受ける場合にはいくつかのマナーさえ注意しておけば、服装等に余り縛りはありません。

子供の無事な成長を祝う七五三ですのであまりかしこまり過ぎず子供の成長を祝い、この先も子供の成長を見守って行く大切な節目が「七五三のお祝い」だと考えていただくと良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!