七五三で孫に送るお祝い金の相場は1〜10万円。地域や家庭の習わしに沿いましょう

「孫の七五三にお祝い金を送りたいけれども、いくらほど包めば良いか悩ましい。」

そうお考えの祖父母の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

七五三は基本的に身内のお祝い事だけに、お祝い金の相場や渡し方などのマナーは地域や家庭ごとに風習や決まりがさまざまありますので、お祝い金の金額も明確に定められているわけではありません。

この記事では、一般的な相場やマナーをご紹介しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

孫へのお祝い金の相場は1万円〜10万円

まず、七五三の場合、必ずお祝いをあげなければいけないというルールはありません。

地域毎の風習やその家毎の決まりがあるので、それに沿っておこなっても特に問題はないのですね。

一般的には、祖父母からお孫さんへのお祝い金の相場は、1万円~10万円位と言われています。

かなり幅がありますが、やはり七五三は身内だけの祝い事のため、家庭毎の考えが反映されているためですね。付き合いの程度や経済力によっても相場が決まります。

また、写真撮影や食事会など費用が多くかかった場合はその分も含めて少し多めに、反対に都合で参加できなかった場合などには「相応な金額で」と判断される場合もあります。

金額を決める際には、相手方の祖父母にどの程度のお祝い金額がよいか相談するのも、のちのち揉め事にならずによいでしょう。

相談しづらい場合は子供にそれとなく確認しておき、あまり差の出ないよう配慮するとよいですね。

また、お祝い金という形ではなく、七五三の料金や食事会の料金など、かかった費用の一部を負担するという場合もあります。

七五三のお祝い金は参拝に招待された時にのみ渡すもの?

こちらも、その地域の風習や家ごとの決まりもあるので、風習や決まりに乗っ取っておこなって問題ありません。

しかし、七五三はお孫さんの無事の成長をお祝いする行事です。

参拝に招待されなかった場合や仕事の都合で参加できなかった時でも、お祝いの気持ちを込めて、祝い金をあげると喜ばれますし、気持ちも伝わります。

七五三のお祝い金の送り方のマナー

水引が赤と白の蝶結びの祝儀袋に入れて渡しましょう。

蝶結びは何度ほどけても結び直せることから、何度あっても目出度いという意味があります。

表書きは、「祝七五三」「七五三御祝」がシンプルかつ全年齢共通なので失敗がなくてよいでしょう。

もう少し格調高くしたいのであれば、3歳は「御髪置御祝」、5歳は「御袴着御祝」、7歳は「御帯解御祝」と書きます。

書く時は毛筆か筆ペンで書きましょう。

ボールペンやサインペンはあまりおすすめできません。

七五三のお祝い金を送る時期は七五三の前日まで

七五三はもともと11月15日前後に神社で行うのが習わしですが、現在では大安等の六曜やご家庭の都合にあわせて10月中旬から11月中旬までに行われます。

七五三は仏滅におこなってはいけない決まりはありません。ご家庭の事情に合わせましょう。
七五三は日本に古くから伝わる子供の成長を祝う行事で、女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になる年に行われます。 この七五三の日は11月15...

最適なのは、七五三が行われる日の前日までに渡すのがよいですが、多くは11月に行われるので11月初旬までに渡すのがよいでしょう。

遅くなる場合には、事前に一言連絡をしておくのがよいですね。

あまり遅すぎると年末に近づくため、送り先に迷惑がかかることもあるかもしれません。

また、手渡し・郵送どちらでも大丈夫ですが、お祝い事なので、できれば直接「おめでとう」の言葉とともに手渡しすると相手に気持ちも伝わって喜んでもらえます。

七五三にプレゼントを送っても大丈夫?

もちろん、お金ではなく品物をプレゼントする方法でも大丈夫です。

一般的なのは、七五三の衣装やその際に身に付けるアクセサリーやバッグ、靴等の小物のプレゼントです。

他にはオモチャやお菓子、図書券等の金券もあります。

けれど、品物を送る時には、孫の親である子供夫婦、そして相手方の祖父母に相談することは必須です。

そうしないと、相手方の祖父母と同じ種類の品物をプレゼントしてしまったり、親が与えて欲しくないと思っているものをプレゼントしてしまったりと、不要な揉め事を引き起こしてしまう可能性があります。

品物をプレゼントする場合には、何が一番欲しいかを家族でよく相談することをおすすめします。

そういったことが面倒に感じたり、無難にしたい場合は、やはりお祝い金を包んで送ったほうが最適です。

逆にガラス製品や陶器は割れたり壊れたりするもの、ハンカチは漢字で「手巾」(てきれ)と書き、手切れや別れを連想し不吉なため、お祝いの品には不適切と言われています。

まとめ

七五三の起源はその昔、公家や武家の子供が3歳で髪を伸ばし始め、5歳で袴を着け、7歳で大人の帯と同じものを着けるという成長毎の儀式を近代に入ってひとつにまとめた慈愛のこもった行事です。

その歳毎に、無事に成長したことを感謝、お祝いし、これからも無病息災で健やかに成長できるよう神様にお祈りする親心のこもった素晴らしい伝統行事です。

マナーも大切ですが、家族全員でお孫さんの成長をできる限りの範囲の中で盛大にお祝いしてあげることがもっとも大切なことです。

お孫さんの成長を喜んであげる気持ちがあれば、お祝い金の金額はそれほど重要ではないかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!